FC2ブログ

大きいぐい呑み

2012-04-13
纏めて作った大きいサイズのぐい呑みが、出来上がった。
大きいサイズの方が持つ手に力が入り易く、加工が楽である。
また、ぐい呑み作りも大分慣れて来たので、歩留まりも上がった。
ぐい呑み大1

使ってみたところ、大きいサイズの方がぐい呑みに近い感じである。
小さいサイズはお猪口に近く、この位のサイズが一番良いかもしれない。
左党の友人から頼まれて作って見たが、面白いので暫くはこれを作ってみる。
第一号が友人に行く事になるが、写真を見て絶賛してくれたので気に入るだろう。
ぐい呑み大2

ぐい呑みの作成

2012-04-06
ぐい呑みを作って見たが、試作とは違う形状にしたので歩留まりが60%と悪く、がっかりである。
加工方法が確立できていないので肉厚の調整が上手くいかず、途中で穴があいてしまう為である。
また、使っている工具から内径が決まり、自ずとその他の寸法が決まってしまい誤魔化しが効かない。
まだ色が薄く桑の特徴のお盆の様な色が出ていないが、その内に陽に焼けて色が濃くなってくる筈である。
水で洗う為外側だけ水性の塗料で塗装してあるが、内側は桑の良さを出す為に塗装をせず様子を見るつもりだ。
ぐい呑み1

  試作品の割には良く出来た。                       ワイングラス型は仕上げが大変である。

ぐい呑み2

  一般的な形だが加工が難しい。                      八角形は持ち易く加工がし易い。ぐい呑み3
何種類か作ったので評判を見ながら形状を決め、加工方法を確立して行けば歩留まりは上がってくると思う。
また、轆轤を使わない割には上手くいったので、もう少し大きいサイズにもチャレンジしてみるつもりである。

桑の木のぐい呑み

2012-04-03
友人からぐい呑みを作ってくれと頼まれていたが、厚い板もないし大変そうなので断っていた。
欅の厚い板が手に入っても作るつもりがなかったが、桑の木の端材が出たので作る事にした。
手持ちの機械と工具を使って出来る形をまず考え、試しに作って見たが思う様な形にならない。
もう少し形に変化を付けて見たいが、小さいのがお猪口で大きい方がぐい呑みのつもりである。

完成している欅で作った鉛筆立ての形はオリジナルだが、これならばデザインも自由にできる。
鉛筆立てとぐい呑み


桑の木の鉛筆立て

2012-04-02
この時季の渓流釣りはまだ魅力がなく、さりとて庭いじりや畑仕事はまだ少し早い。やはり、木工細工が丁度良い。
乾燥した木工材料が終わってしまったので、何かないかと考えた末、昨秋製材した桑の木を使う事を思いついた。
それは、飾り台作り用の厚い板の端はヒビガ入っている筈で、その部分を切り落とし鉛筆立てを作るアイデアだ。
早速確認する為、二枚の板を小屋から持ってきたが、思った通りの木取りが出来、13個のブロックが出来た。
桑の木の木取り


まだ十分乾燥していないが、芯が外れているし小さなブロックなので、今後の狂いは殆どない筈だ。
また、鉛筆立ても作れない端材で、友人から頼まれているぐい呑みの試作をしてみようと考えている。

ブロック
<< topページへこのページの先頭へ >>