FC2ブログ

まだまだ寒い

2012-02-26
日本ミツバチの巣の様子を見に行ったついでに、近くを流れている川を覗いてみたが、まだこの通り真冬の光景だ。
この滝は上川の支流で、蓼科湖の近くから流れ出ているが、この滝の上でもアマゴを釣った事がある。
本流よりもこの様な支流に良く魚がいる事があるが、それは草や木があり釣り辛いので魚が残っている為である。
その事は皆知っていて、畑仕事をしていると本流で釣果がないのか、時々この支流を攻めている釣り人を見かける。
糸萱の氷柱

畑の裏山の向こうには滝の湯川が流れていて、畑と同じ標高辺りにあるへ杜鵑峡も行ってみた。
ここは渓谷美で有名だったが訪れた事がなく、冬の姿を撮って見たくなり息を切らして遊歩道を登って見た。
雪の上に一人の足跡があり解禁になったので早速入ったと思われるが、この状態では釣れたかどうか分らない。
県道から近く入り易いこの辺りに魚がいるか分らないが、この上流で岩魚を良く釣るので、藤の花が咲く頃に来てみたい。
杜鵑峡
文中の語句に対しリンクを張った所について、以前は≪アマゴ≫の様に≪≫を用いていましたが、良く使われるアンダーラインに変更しました。通常の青字は管理用のタグで変更はありません。

2012年 初釣り

2012-02-23
山にはまだ雪が多い筈だが、天気が良いとやはり様子が気になり釣りに行きたくなる。一昨日に続き昨日も天気が良かったので、釣れる状況ではないと思いつつ、良く出掛ける釣り場へ初釣りに出掛けた。30分も走れば現場に着くので慌てて出掛ける事もないが、3月の気候を肌で感じるとやはり気は急いた。気温は高かく気持ちは良かったが、思った通り周りはまだ雪に覆われていて、川には氷柱があちこちに出来ていた。冷たい水で育った岩魚でもこんな状態では餌を食べる元気はないと見えて、良く釣れるこのポイントでも当たりもなかった。
第一ポイント

これでは無理と判断し、流れが弱い別の場所へ移動したところ、一投目で21cmの岩魚がヒットした。この時季の割には錆もなく綺麗な魚体で、半年振りの手応えに満足できたが、結局今日の釣果はこの一匹だけであった。
初物の岩魚

渓流釣り解禁

2012-02-17
この辺りでは昨日が渓流釣り解禁だったので、お昼を食べに出掛けたついでに川を覗いてみたが、釣り人は余りいなかった。それでも何人かはこの寒さの中で頑張っていたが、まだ水が冷たく釣果は余りない様だった。例年は待ちかねた太公望が一番繰り出すポイントにも人影はなく、朝のうちは多くの釣り人が入っていただろが、釣れないので早々に引き揚げたと思われる。この寒さでは何時も出掛けるお気に入りの釣りポイントでは雪がまだ多く、私の初釣りは何時になる事やら。
渓流釣り解禁

絶好の渓流釣り日和

2011-07-21
今日は、台風一過で晴れるが気温があまりあがらない、との天気予報だったので渓流釣りに出掛けた。前回釣った場所を、もう少し下流から釣る事にして車を止めた。水の量はいつもよりは多く、また少し濁っていて絶好のコンデションである。早速餌となる川虫を取り始めたが、大水で川原の石が洗われて川虫がなかなか取れない。何とかオニチョロが3匹取れたので釣り始めた。釣りながら川虫を取り、3時間ほどで13匹釣り上げ大漁であった。
釣りの時は釣る事や足を滑らせないように注意していて、何も目にとまらないが、キノコ採りの時は山野草が良く目にとまり、このクガイソウも良く見掛ける。ヒメトラノオに似ている花だが、種類は違うし花も大きい。一株で増えないが毎年咲いてくれる。山で出逢うと、淡い紫と優雅な花の姿が印象に残る花である。
クガイソウ

渓流釣りとキンロウバイとバレリーナ

2011-06-22
今日は畑仕事や庭の手入れが一段落したので、渓流釣りに出掛けた。キノコ採りに行った時に見かけた大きな堰堤の下を、一度釣ってみたいと思っていたので、思い立って出掛けた。渓相は良いが水も綺麗過ぎる程で釣り人が訪れている様子もなく、釣れるか半信半疑だったので油断し最初のあたりは逃してしまった。しかしその後20cmオーバーの天然岩魚が5匹釣れたので満足し帰ったが、穴場として今後も楽しめそうだ
キンロウバイが大分咲いたが、これでも少ない程だ。通常は全体が黄色になるほど咲くが、昨年移植したばかりなので仕方ない。丈夫な木なのでそれでも多く咲いた。
キンロウバイ

バレリーナが咲き始めたがあまり多く花を付けないし、色もあまり濃くない。他所では枝いっぱいにもっと濃いピンクの花が付いている。移植したてのせいなのか種類の違いなのか、妻のお気に入りなので何とかしなければ・・・。
バレレ-ナ

姫川への釣行

2011-04-06
震災で延期していた姫川への釣行に行ってきました。
天気が良かったので北アルプスの写真が綺麗に撮れました。
一枚目は松川橋から見たアルプスです。
松川から見たアルプス

二枚目は青鬼集落を過ぎてからの田んぼの土手からみた北アルプスの山並みです。
武田菱がうっすら見え始めていますが近くにあったコブシの木はまだ蕾でした。
私の他に写真を撮っている人は一人でしたが咲くころには賑やかになるでしょう。
青鬼集落から見た白馬

三枚目はお決まりの写真ですが、やはり気に入っているので載せました。
吊り橋と白馬

残念ながら釣りの方はさっぱりでした。放流量が少なかったのか、もう釣られてしまったのか、この次は山菜採りを兼ねて五月中旬以降に行きたいと考えています。

初釣り

2011-02-27
ここのところ暖かいので急に渓流釣りがしたくなり、8:50に出掛けました。20分走れば天然岩魚の釣り場に着きますので、天気や都合を見ながら出掛けられるのは有難いことです。早速釣り始め、2匹目には写真の25cmが上がりました。まだ周りは雪や氷で覆われていて水も冷たく、この辺りでは食いは活発ではなく苦戦しましたが、合計4匹釣ったところで風が出てきて雨もパラパラし始めたので帰る事にしました。
上川上流での渓流釣り


釣り場に向う時は何も目に入りませんが、帰り道は色々なものが見にとまります。落葉松の松毬も雪の中では可愛く見えました。鹿の足跡を辿ると安全なのでそこを歩きましたが、雪が深くこの時期に来ることは滅多にないので自分の足跡も撮って見ました。日当たりが良い所ではフキノトウが顔を出していて、今シーズン2回目となる山菜のお土産もできました。
帰り道に見つけたもの

まだ春は遠い

2011-02-21
昨日この地方の渓流釣りが解禁になりました。上川橋付近では数人が糸を垂らし、地元の新聞社が取材に来ていました。今朝のそのニュースを見る限り、やはり水温が低く釣れていないようでした。午前中の用事を済ませお昼を食べたところで、あまりにも天気が良いので、私もニホンミツバチの様子も見がてら出かけて見ました。山の方は雪が多く誰も入った様子もないので、無理をせず渓流の様子を写真に収めて帰りました。雪が多く降ったのでニホンミツバチの巣は雪に埋もれてはいましたが、入口が埋まることなく春を待っていました。
渓流の様子越冬中の日本ミツバチの巣


もうすぐ渓流釣り解禁

2011-02-15
もうすぐ渓流釣り解禁になります。今年は庭仕事が一段落しているので、去年より多く行けるので楽しみです。
写真は、2/16日解禁の上川と3月1日解禁の姫川の写真です。
上川の渓相姫川の風景

イートカーヤ

2011-02-14
茅野市どっとネットではハナイカダで投稿していましたが、リニューアルを機にブログへ移行しました。
ブログのハンドルネームの”イートカーヤ”は、以前から興味のあったイーハトーブにあやかっています。
やませは吹かないものの、寒冷地で肥沃でもない糸萱が、イーハトーブに似ているような気がしています。
庭いじり日本ミツバチの飼育、渓流釣り、茸採り、山菜採りを中心に、アウトドアの情報を発信します。
早春の糸萱
借りている畑

<< topページへこのページの先頭へ >>