FC2ブログ

福寿草

2012-04-10
木工細工の話題だけでは変わり映えもせず、綺麗な花の写真を掲載したいところだ。
しかし、この辺りではクロッカスとフクジュソウ位で、まだウメやスイセンさえも咲かない。

このフクジュソウは前回はまだ咲いていなかった株で、咲き揃ったので写真に収めた。
標高が1000m近くあり、しかも北側の庭では仕方ないが、季節外れと言われそうだ。
今一番の華やかさを演じてくれているが、他に競争相手は居ないので一人舞台である。
福寿草1

西洋ミツバチや日本ミツバチも来ていたが、カメラを備えると居なくなってしまう。
このハナアブの仲間らしい昆虫は、図々しく何時までも居たので写真に撮れた。
福寿草2
tag : 福寿草

春の黄色い花

2012-03-30
我が家の庭で一番早く咲くのは、福寿草やクリスマスローズではなく黄色いクロッカスだ。
しかし、写真に撮ろうと咲き揃うのを待っていたら(多分)ヒヨドリに大分食べられてしまった。
クロッカス2

紫色も咲きだしまだ咲ききっていないが、今度はヒヨドリに食べられない内に写真に収めた。
クロッカス1

北側の庭の陽当りが悪い所に植わっている福寿草も、ようやく咲きだした。
庭木の傍なので肥料もないので大きな株にならず、花も幾分小さい様な気がする。
福寿草1

やはり春はフクジュソウの黄色い花が一番良く似合う。
福寿草2

この株が咲きそろうと綺麗だと思うので、その頃再度登場して貰おう。
福寿草3


春は黄色い花が多いと思っていたが、先日その話題がTVで取り上げられていた。
理由はまだ十分解っていない様だが、有力な説として虫は紫外線で物を見ていて
黄色い花がより紫外線を反射するらしく、春先の紫外線が弱い時季に黄色い花が
有利で生き延び繁殖しているとの事。
また、黄色い花はどの昆虫にも好かれる色で、春先まだ虫が少ない中で受粉効率
をあげる為に黄色い花が多くなったとも。

春は近いか

2012-03-05
指物師の田中さんの作業場の庭は、日当りが良いので福寿草が早く咲く。
まだ雪が降るこの時期には、雪の中に咲く姿が撮れるので、今年も撮らせてもらった。
家の庭の福寿草はまだまだ咲かないし、今日もまた雪降りなのでさらに遅れる。    
福寿草

白樺湖周辺では雨氷が綺麗にできる事があると聞いた事がある。
何時か撮って見たいが、何時出来るのか予想しながら朝早くから待機しないと撮れない筈だ。
まだその根性がないし、本当に良く出来るかその情報も定かではない。
庭の枝垂れ桃の枝に出来た雨氷を撮って見たが、やはりこの位では迫力がない。
春先に出来易いと思っていたので、季語は春かと思って調べてみたら冬だった。
雨水の季語が春なのでその影響が強く、雨氷が出来る時期や季語の間違いに繋がった。
しかし、確実に陽射しは強くなっている。
雨氷

風信子

2011-04-14
花の名前は一般的に使われるカタカナ表示にしていますが、福寿草や雪割草はやはり漢字の方が解りやすいですね。そこで、風情のある名前はタイトルのみに漢字も使おうかと思っています。ところで、今回のヒヤシンスは全くの当て字でしょうが、普通に当てるとしたら、冷信子の方が面白いと思うところですが、重箱読みになるので採用しなかったのでしょう。勿論、風が寒いこの時期に咲くので風信子でも言い当てていますね。
ヒヤシンス

春の便り

2011-02-26
上諏訪へ出掛けた帰りに、上川の白鳥を観てきました。北帰行が始まっていると聞いていましたが、まだたくさんの白鳥がのんびりと泳いでいました。鳥インフルエンザの感染防止のため餌やりは禁止で、見物客も少なく例年よりは寂しい感じでした。
上川の白鳥


ついでに、今朝の地元紙で紹介されていた大熊の福寿草も観てきました。こちらは多くの見物客が居て賑やかでした。会社の先輩とも久しぶりに行きあい、今度家にも遊びに来て頂く約束をして別れました。
大熊の福寿草
<< topページへこのページの先頭へ >>