注連飾り

2015-12-31
新しい年を迎える準備ができた。
注連飾り4

今年は小宮の御柱も加わり、少し華やかになった。
注連飾り2

庭の灯篭にも飾る様になった。
注連飾り3

昨年に比べれば、牛蒡注連も少しは見れる様になった。
注連飾り1
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

今年はいろいろありましたが
おかげ様で良い年になりました。
末筆ながらありがとうございました。
tag :

行灯作り  その2

2014-02-07
昨年の秋に近くの山沿いを散歩した時に見つけた木の枝を加工して行灯を作り始めた。
別れた枝を切った所に多くの枝が出ていたので、天狗巣病 に罹った訳でもなさそうだ。
枯れた枝を整理し、ベニヤ板を取り付けた状態であるが、狙った通りにはできている。
行灯1

台になる板をセットし、スイッチ付きのソケットを取り付けた状態である。
行灯その2の1

この後は、木綿糸を使って形を整え、和紙を張って完成となるが、上手く仕上がるかどうか。
行灯その2の2
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

行灯の灯り

2014-01-19
ランプシェードを作ろうと始めたが、用途としては行灯の方が良いだろうと変更である。
行灯3

早速玄関に飾ってみたが、なかなか良い雰囲気である。
初めて作った割には上手く出来たと、自画自賛である。
行灯1

以前手に入れた木枠を利用し、コードにはSWも付けてある。

行灯2
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

tag :

ランプシェード作り その2

2014-01-17
ランプシェードを初めて作ってみたが、アケビの蔓は何とか丸く出来た。
アケビ細工3

和紙の貼り方を調べると、この様に切る方法は出ていた。
切ったものの合わせてみると、思う様に貼れそうに無い。
ランプシェード作り2

そこで更に調べてみると、数センチ大に切った紙を貼り付ける方法があった。
これならば何とかなるだろうと、水に溶いた糊に予め漬けた和紙を貼ってみた。

ランプシェード作り3
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

アケビの蔓

2014-01-04
昨年の秋に採ってきたアケビの蔓を利用して、花籠とランプシェードを作った。
花籠は古い物を補修しただけだが、この手の物は古い方が趣があって良い。
アケビ細工1

古い蔓もまだまだ使えたので、少し補充しただけだが豪華になった。
アケビ細工2

初めて作ったランプシェードだが、初めての割には上手く出来たと自画自賛だ。
この後は100vのライトを取り付けるつもりだが、和紙を貼るのは難しそうだ。

アケビ細工3

ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

アイスキャンドル作り

2013-12-31
昨年より大分早いが、寒さを利用してアイスキャンドルを作ってみた。
シンビジュームの花も2本目が咲いたので、古い方の花を4個入れた。

昨年の経験が生きている訳でもないが、今年も不純物が少ない浄水器の水を使った。
アイスキャンドル1

急に凍らせない方が良いのではと思って、-6~-8℃位で凍らせたかったが結局ー10℃位となった。
アイスキャンドル2

置くのは去年と同じで、欅の鉢置きである。
アイスキャンドル3

キャンドルも自家製で、日本ミツバチの蜜蝋で作った蝋燭である。
色合いも厳かで良いし、揺れる炎もロマンチックな感じがする。
アイスキャンドル4

今年一年 拙いブログにご訪問いただき ありがとうございました
ご面倒をお掛けしますが 今後とも応援の程よろしくお願いします

末筆で恐縮ですが
皆さん 良いお年をお迎えください


ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる”拍手ボタン”も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

注連飾りの飾り付け

2013-12-30
慣れない中での手作り品だが、我ながら立派に見える。
竹は庭の竹を使い、実家で飾っていた飾り付けが出来た。
注連飾り1

庭の灯篭にも飾り、雪とともに正月らしい雰囲気が出た。
注連飾り2

良く使うミニログハウスは、昨年に比べ小さい物となった。

注連飾り3

ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
庭いじり系は”趣味の園芸”を、それ以外は”珍しいアウトドア”へお願いします。
励みになる”拍手ボタン”も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ その他珍しいアウトドアへ
にほんブログ村
tag :

あけび蔓

2013-10-16
茸採りに行った際、誰かが切り取ったアケビの蔓が落ちていた。
これは都合が良いと、近くのアケビの蔓を少し足して持ち帰った。
アケビ蔓1

この太い物は籠に巻き付けて玄関に飾る予定だ。
アケビ蔓2

今まで使っていた籠は、何年も経ったので大分くたびれてきた。
玄関の籠

こちらの細い物はリースにすれば良いだろうが、さてどうしたものか。

アケビ蔓3
tag :

七五三縄飾り作り

2012-12-30
今年はしめ縄飾りを自分で造ってみた。
勿論初めてなのだが何とか形になった。
〆飾り1

出来は良くないが自分の家の飾るだけなので目をつぶろう。
仕事場にしているこのミニログハウスにも飾る事にした。
〆飾り2


tag :

田中さんの藁ボッチ作り

2012-12-18
田中さんは自分で藁ボッチを作った事が無く、昨年教えながら数個を作ってあげた。
今年は自分で作ろうとしていたが、どうやら教えた作り方を忘れてしまった様だ。
田中さんの藁ボッチ作り1

再度教えて何とか形になったが、来年も怪しい感じだ。

田中さんの藁ボッチ作り3

tag :

竹製糸巻き機

2012-03-25
昨日、もう良いだろうと藁ボッチを外したが、今朝起きると雪が降っていた。
じきに止むだろうし、それ程寒くないので心配はしていないが、これで花がまた遅れる。
この辺りでは四月になっても降る事があり、今日の雪はなごり雪ではなくまだ冬の続きである。
外した藁ぼっち


田中さんの所にストーブの薪にしてくれと、竹製の糸巻き機が持ち込まれた。
見ると、飾り物用に作った物ではなく良く使い込んだ物で、燃やすには勿体無い。
”勿体無いね”と言ったところ、自分も一つあるので持って行って良いと言われ貰って来た。
風除室に置くには少し大きいので、ミニログハウス内に置いたが、上から吊るした方が良さそうだ。
機織り用具
tag : 糸巻き機

オオスズメバチの巣

2011-12-20
用事があり出掛けたところ、良く通る運動公園の駐車場の土手のサンシユの木に、オオスズメバチの巣を見つけた。
用事を済ませ近くで見たところ、徒長枝の途中に作ってあり簡単に取れそうだったので、持っていた剪定鋏で取った。
蜂を見ていないのでオオスズメバチかキイロスズメバチか判らないが、巣の大きさからオオスズメバチの巣だと思う。
早速持ち帰り小さな枝を取り除き、ラッカーでの補強はせずに、先日飾ったキイロスズメバチの巣の横に取り付けた。
スズメバチの巣1

左の写真が今回のオオスズメバチ、右が前回取ったキイロスズメバチで、二つとも綺麗な模様が出ている。
綺麗な形の巣で良い色の巣を取る事は難しく、今回の巣は両方とも良い物なので大事に飾って観賞したい。
切ったサンシユの徒長枝に蕾があり、勿体ないので持ち帰り室に入れたが、元気に咲いてくれるか分らない。
巣の模様

苔盆栽の作成開始

2011-04-23
今日は一日雨模様との事で、苔盆栽の試作を行った。右側の竹を焼いた器は、冬の寒い時期に仕込んであった物である。まずは3種類の土をブレンドした専用の土と石をセットしたのちに、収まりそうな苔を丁寧に飾り付けてみた。初めての割には上手くいったと自画自賛したが、細かなところはもう少し工夫する必要がある。
苔盆栽の試作品1


苔と石も秋に用意してあり、植え込みに良い季節を待っていたが、今日は雨の為ユキノシタしか植え込めなかった。後は庭に生えている実生のイチイやヒバの小さな苗木を植え込む予定である。小振りの山野草も植えてみたいところだが、水やりや湿度管理の事を考えると、もう少し様子も見ながらとする。
苔盆栽の試作品2
tag :

南瓜とキャベツの炭

2011-03-10
たてしな自由農園から竹炭の大口注文が来たので手元の在庫が切れ、畑の倉庫に竹炭を持ちに行ったところ、最後に遊びで焼いた南瓜キャベツの炭が出てきました。炭になった南瓜は綺麗な感じではありませんが、キャベツの周りを一皮剥いたところ、葉脈もはっきりして飾り物になる程綺麗になりました。基本的に生物であれば炭になりそうです。

南瓜とキャベツの炭

竹炭焼きの様子

2011-02-23
自由農園花蒔店に出品している竹炭は、昨シーズン焼いた物です。炭焼きは始めての取り組みであり、最初はなかなか上手く焼けませんでした。竹酢液を野菜栽培の消毒代わりに使う目的もあり、工夫しながら10回程焼き竹酢液も多く取れれました。
竹炭焼の様子1竹炭焼の様子2

工芸品の出品

2011-02-22
たてしな自由農園竹炭蔓細工を出品し、時々売れるので昨日補充してきました。その帰り道、田んぼの土手に積もった雪が日に照らされて綺麗だったので写真に収めました。
工芸品の展示雪景色


<< topページへこのページの先頭へ >>