木工品の仕上げ

2017-03-30
仕掛かっていた木工品がここで完成し、この冬の制作は終わりとなった。
木工品1

二つはクルミで仕上げたが、少し落ち着いた色になり手触りもすべすべしている。
木工品2

残りの3個は水性のラッカーを塗って扱い易くした。
木工品3
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。

にほんブログ村
tag :

菓子鉢の制作

2017-03-10
木取りまでしてあった菓子鉢を4個仕上げた。
菓子鉢1
菓子鉢2

仕掛かっている物が他にも5個あるが、楽しみながら進めようと思ってる。
菓子鉢3
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。

にほんブログ村
tag :

スマホ用スピーカの制作  その3

2017-03-03
残っていた桑の板を使ってスマホ用スピーカを作った。
スマホ用スピーカ2

今回は音の響きを考慮して音が出る部分の面積を大きくし、自然な感じの板にした物を3個作った。
スマホ用スピーカ3

用意した板が終わったのでスマホ用スピーカは暫く作れないが、この手の製品も面白い。
スマホ用スピーカ1
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。

にほんブログ村
tag :

木工細工 再開

2017-02-26
スマホ台を作ってから、また木工細工を始めている。
木工細工1

あまり長時間行うと腰も痛くなるし、肩が凝ら無い様に徐々に楽しもうと思う。
木工細工2
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。

にほんブログ村
tag :

スマホ用スピーカーの制作

2017-02-22
前回制作した音の良い形で、また二つ作ってみた。
今回は少し改造したが、音質の差は出なかった。
スマホ用スピーカ
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。

にほんブログ村
tag :

スマホ台の制作

2017-02-10
オルゴール箱の記事を見た息子に、スマホ台を作ってくれと頼まれた。
スマホ台1

スマホで音楽を聞く時に使う様だ。
仕上げはクルミの油を塗ってある。
スマホ台4

試したところ結構良い音がするので使えそうだが、この形は音が少しこもる。
スマホ台3

こちらの形が良さそうだが、依頼主の好みに合うかどうか。
スマホ台2
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

tag :

オルゴール箱の制作

2017-02-04
以前、木魚に使われる材料として、桑の木は最高級品と聞いた事がある。
ならば、桑の木はきっと良い音が出るだろうと、オルゴール箱を作ってみた。
左側が音質を比較するの為の標準の箱で、材質は針葉樹系で柔らかい。
右側が今回試作した桑の木で作った物で、共鳴箱を兼ねた形にしてある。
オルゴール箱3

ネジの巻き上げを上側から行える様にムーブメントを裏にして上側に取り付けた。
オルゴール箱4

共鳴した音は下側に開けられた窓から出る仕組みである。
結果は、共鳴箱の効果はあり、標準品に比べ音は大きい。
音質は、やや硬い感じになり、硬い木の特徴が出たと思う。
オルゴール箱2
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

tag :

木工細工の完成

2016-03-24
一昨年から作り始め、昨年は殆ど手を付けなかった木工品がようやく完成した。
木工細工1

塗装のし直しやらで手間は掛かったが、何とか出品に間に合った。
木工細工2

適当に作っているが、苦労した分それでも愛着はある。
木工細工3
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
tag :

久し振りの木工細工

2016-01-15
昨年は殆どできなかった木工細工だが、ようやく時間が取れる様になり昨日から始めた。
木工細工2

まずは仕掛品を仕上げる作業からだが、久し振りの感覚に手応えを感じているところである。
木工細工1

8割がた完成したが、これからがまた大変である。
木工細工3
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
tag :

木工細工と言えるか?

2015-01-23
コートを掛けると暗くなるので、コートハンガーを50cm程切って低くした。
コート掛け1

そして、壁には桑の木で作った、新しいコート掛けを取り付けた。
コート掛け2

桑の木の棒を打ち込んで、もっと見た目を良くしたかったが、これが良いと言われてしまった。
コート掛け3

これ位では木工細工とは言えないが、今年は仕方ないので欲を出さないでおこう。
コート掛け4
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

tag :

胡蝶蘭の様子

2014-12-03
このコチョウランの鉢は何時手に入れたのか分からないが、家にある。
ミニコチョウランだが、昨年花芽が付いたが咲くまでには至らなかった。
胡蝶蘭の様子1

昨年は二階の陽の当たる部屋に置いていたが、夜の温度が低すぎた様だ。
今年は一階の部屋に置き、なるべく陽に当てている為か大分大きく成った。
胡蝶蘭の様子2

今年も先の方の蕾は黄色になってしまったが、今年は何とか咲いて欲しい。
残りの三個の蕾は少し白みを帯びてきたので、大事に見守っているところだ。
胡蝶蘭の様子3
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

tag :

白孔雀草

2014-09-18
クジャクソウの白が咲き揃い、見頃を迎えた。
白孔雀草1

コスモスが近くにあるのでコラボすると綺麗だが、茎が寝てしまっているので今回は実現しない。
白孔雀草2

この花は結構な長持ちするので暫く楽しめる。
白孔雀草3
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

月下美人  三回目の開花

2014-09-10
今年3回目となる、ゲッカビジンの開花が昨晩あった。
19時30分の写真だが、3個付いた内の2個が咲いた。
月下美人1

20時30分に満開となったが、もう一つは明日咲くだろう。
月下美人2

今回はストロボの光だけで撮った。
月下美人3
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

深鉢の制作 その1

2014-03-19
木工細工の第二弾は、6cm厚の桑の木を使って深鉢の制作である。
木取りと荒削りが済んだところの写真だが、これからが大変である。
深鉢の作成

外形を少し整え内側の荒削りを行ったところである。
深鉢の作成

丸ノミで削った後も綺麗だが、この後綺麗に削り直す。

深鉢の作成
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

お盆の制作 その2

2014-03-17
写真展の準備や出掛ける用事などで滞っていたお盆の制作の続きを行った。

今回は珍しく3個の内の一つをお釈迦にしてしまった。
新しい加工方法にチャレンジしての結果では仕方ない。
お盆1

二個は予想していた通りの出来となり、久々に楽しむことが出来た。
お盆2

大きさを表現する為、急須と湯飲み茶碗を載せてみた。

お盆3

ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

行灯の完成

2014-03-15
 和紙をどの様に貼るか思案しているところに息子夫婦が帰省し、この案を教えてくれた。
行灯1

前回の行灯は外側に貼ったので蔓が見えず、点灯しない時は見映えが悪かった。
行灯3

簡単な方法だったが、なかなか味があり気に入っている。

行灯2
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

木工細工を始めた

2014-03-01
今年の木工細工作りの仕事始めは今頃になってしまった。
まずは昨年木取りを行った物を加工することからである。
お盆小1

二人暮らしでお茶を飲む時に使える位の大きさのお盆を作る。
お盆小2

荒削りが終わった段階だが、予定通りの形になっている。

お盆小3
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :

今シーズンの最終作品

2013-03-18
今シーズンの木工細工は、ひとまずこの製品で終了である。
とは言え、天気が悪い日はやりたくなるかもしれないが・・・

これは桑の厚い板で造った深鉢で、手前の物は形を少し工夫してみた。
深鉢1

スプーンも手際良く作れるようになった。
スプーン

フォークは失敗した物もあり、まだ作り方に工夫が必要だ。
フォーク

 今回の製品は今シーズン初めて作ったが、機会を見ながらもう少し幅を広げたり、形の工夫をしてみたい。
深鉢2
tag :

深鉢とスプーンの製作

2013-03-16
飾り棚を作る予定だった6cm厚の桑の木から、深鉢を作る事にした。
6cm厚ではサラダボールの様な大きな物は出来ないので深鉢となった。
深鉢の荒削り1

大凡の形は前回のケヤキの深鉢と同じにするつもりだが、楕円の物は少し変わった形にする予定だ。
深鉢の荒削り2

また、サーバーよりもスプーンやフォーク位の大きさの方が作り易いのでこちらもサイズダウンである。
スプーンの荒削り

tag :

三個のお盆が完成した

2013-03-14
変形の様子を見る為中断していた三個のお盆を完成させた。
反りは殆ど出なかったが、今後も少しは変形すると思われる。
お盆1

大きいサイズの製品は作るのも大変であるが、この辺りまではラインナップに入れて置きたい。
お盆3

丸型の方が作り易いが、材料は少し無駄が出る。
お盆2
後の仕掛りはスプーン4個、フォーク2個、深鉢が2個で今週中に仕上げてしまう予定だ。
tag :

ぐい呑みの完成

2013-03-12
荒仕上げまで進めていた、クワのぐい呑みがようやく完成した。
数多く作っても効率が良い訳でもないが、仕上げ前品が溜まった。
桑のぐい呑み

ヒノキとケヤキのぐい呑みもニスを塗ってすべて完成となった。
檜と欅のぐい呑み
庭いじりを始める前に仕掛品を仕上げて置きたいところだ。
残りは、三個同時に進めているお盆の製作を急ぐつもりだ。
tag :

サーバーの完成

2013-03-10
サーバーの第二弾が完成したが、これだけ作っても失敗は一つもなかった。
木工細工に大分慣れて来て勘どころを掴めた事もあるが、作る品物にもよる。
スプーン第二弾

 ただ、フォークの形は当初考えていた形より少し小さく悪くなってしまい課題が残った。
 木目が上手く出ると綺麗だが、素材の形状に合わせて作るので全て上手くはいかない。
スプーンとフォーク

板目を使うと木目が綺麗に出るので、今後は木取り時に検討してみる。
この後は、少し大きめのサーバーとフォークも作ってみるつもりである。

スプーン

tag :

ぐい呑みの比較

2013-03-08
中断していたぐい呑みの製作を再開したが、数が多く仕上げるのも大変である。
途中で追加したケヤキとヒノキの様子を見る為、先に完成させ比較してみた。

ケヤキは硬いので綺麗に仕上がるし、木目はやはり綺麗だ。
左はまだニスを塗っていないので艶が無いが右は光っている。
欅のぐい呑み

ヒノキは柔らかく加工しやすいが、淵を薄くすると割れてしまう。
左の小さな物は、割れたので修正し丈が短くなってしまった。
また、左の一つだけニスを塗ってあるが、艶があまり出ない。
檜のぐい呑み1

ヒノキの仕上げは大変で、塗装も上手くいかないが木目はすっきりしていて綺麗だ。

檜のぐい呑み2
tag :

サラダボール 第二弾

2013-03-05
第一弾のサラダボールの形状を少し変えて第二弾を作った。
サラダボールの製作 第二弾1

少し小さ目だが形としては気に入っている。
形のバランスとしては前回よりも良さそうだ。
サラダボールの製作 第二弾2

ケヤキらしい木目もはっきりしている。

サラダボールの製作 第二弾3
tag :

サーバー製作 第二弾

2013-03-03
サーバー作りが面白かったので、第二弾を作り始めた。
割れがある板があり、こんな材料でも使い道が有った。
サーバー製作 第二弾1

初めの工程は木取りで、鋸を使って大凡の形に切り分ける。
サーバー製作 第二弾2

更に鋸で不要な部分を切り取り、その後丸ノミでくぼみを作る。
手前にある先が四角になっている物は、フォークを作る予定だ。
サーバー製作 第二弾3

奥の二つは荒削りの状態で、手前は荒仕上げを行いほぼ形になっている。

サーバー製作 第二弾4
tag :

サラダボール用サーバーの完成

2013-02-28
作成を頼まれていた、食器ボール用サーバーが完成した。
大、中、小の3種類を作ってみたが、中が依頼品に近いと思う。
食器ボール用サーバー3

初めて造ったにしては上出来だと思っている。
思い描いた形になったので、それにも満足だ。
食器ボール用サーバー2

クワの木は粘りがあり素人にも作り易い。
オリーブ油かエゴマ油を塗って使って貰う。

食器ボール用サーバー1
tag :

サラダボール用サーバーの荒削り

2013-02-26
サラダボール用サーバーの依頼があり、試作を始めた。
マジックで書いてある所は、これからさらに削る予定だ。
食器ボールサーバー1

初めて取り組むので、デザインや加工方法も手探りだ。
大凡の形はこれ位で良いと思うが、もう少しスマートにする。

食器ボールサーバー2
tag :

食器ボールの完成

2013-02-24
ケヤキとヒノキで造った食器ボールが二個完成した。
初めて作った割には上手く出来たと自画自賛である。
食器ボール1

これはヒノキの食器ボールだが、木目と色がやさしい感じになっている。
食器ボール2

こちらもケヤキの木目と色合いが出て、狙っていた通りの食器ボールとなった。

食器ボール3
tag :

木取り

2013-02-22
食器ボールの木取りは、田中さんから貰ったケヤキの厚い板である。
二つの食器ボールを造るが、先の方は材質が悪そうなので様子を見る。
二つの丸からはぐい呑みを造る事が出来るけれど、切断の結果次第である。
ケヤキの食器ボール

前回と今回の木取りの違いを比べてみたが、今回は幅が広く節穴があるので同じ様には出来ない。
前回のお盆の取り方

この板は良い物で、幅が広い所はお盆には少し大きいかもしれない。
考えた末に、四角型を一枚取り、幅が広い所から丸型を二枚取る事にした。
四角型のサイズは、白銀比から寸法を決めた。関連記事⇒初めてのお盆作り
白銀比と黄金比の例を見ると、白銀比が日本人の好きな比率である事が良く解る。
今回のお盆の取り方

丸鋸での作業が無事終わり木取りができたが、ケヤキの板からのぐい呑みは一個作成できそうだ。
中央にある大きなスプーンの形の物は、依頼があり別のクワの板から木取りを行い試作を行ってみる。
木取り後



tag :

食器ボールの荒削り

2013-02-15
ヒノキとケヤキで造っていた食器ボールの荒削りが終わった。
食器ボール1

初めて造ったので手順や形にまだ課題が有るが、形にはなった。
これはヒノキの方で、加工がしやすく加工中も良い香りが漂った。
食器ボール2

こちらはケヤキで、クワよりは少し硬めなので、加工が大変であった。
この後は、形の修正をしながら綺麗に磨き上げ、ニスを塗って仕上げる。

食器ボール3

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>