日本カモシカの仕業

2012-02-19
今日も寒かったが、それでも午後少し陽が出たので、糸萱に釣り用具を入れたコンテナを持ちに行った。
に着く頃には雪が降り出し、もう少し早く来ればこんな目に遭わなかった筈だと少し悔やんだ。
冬の糸萱の畑

小屋からコンテナを持ち出しの方に目をやると、マサキの垣根が今年も奴らにしっかりやられていた。
今までは春先に日本カモシカを良く見たが、山に雪が多いせいかこの時期にもう平らげてしまって葉が殆どない。
日本カモシカに食べられたマサキ

この写真は一昨年の春、携帯のカメラで撮った物なので画像は悪いが
振り向いた日本カモシカの姿が、何とも愛嬌のある感じに撮れている。
マサキは丈夫なので代わりに剪定して貰っていると考え大目に見よう。
日本カモシカ



宅配便

2012-02-11
宅急便の配達員は、玄関のドアホンを鳴らして出てこないと、すぐに引き上げてしまう。
庭の松の木に登って剪定作業をしていて、気配を感じて木から降りても間に合わなかった。
小屋で作業していても、お互い気が付かない。
二度手間は申し訳ないと思い、配達があるその時間帯に玄関へ張り紙をしたところ、声を掛けて貰えた。
「奥の小屋に居ります」と書いたので、宮沢賢治の「下ノ畑ニ居リマス」を思い出した。
イートカーヤイーハトーブにあやかっている事を、このブログの一番初めの記事に書いた事がある。
また賢治にあやかって「奥ノ小屋ニ居リマス」としたいところだが、「奥の小屋に居ります」としておこう。

この下ノ畑ニ居リマスを真似て、木札を作って見るのも面白いかもしれない。
下ノ畑ニ居リマス

イートカーヤ

2011-02-14
茅野市どっとネットではハナイカダで投稿していましたが、リニューアルを機にブログへ移行しました。
ブログのハンドルネームの”イートカーヤ”は、以前から興味のあったイーハトーブにあやかっています。
やませは吹かないものの、寒冷地で肥沃でもない糸萱が、イーハトーブに似ているような気がしています。
庭いじり日本ミツバチの飼育、渓流釣り、茸採り、山菜採りを中心に、アウトドアの情報を発信します。
早春の糸萱
借りている畑

<< topページへこのページの先頭へ >>