ポインセチアの剪定

2011-03-31
ポインセチアの新芽が脇から伸び始めて来たので、形を整えながら先端の方を切り詰めました。こうする事により新しい芽が元気良く伸び始め、秋には枝が増え一回り大きな株になります。今年は実らしきものが出来ましたが、あまり大きくならないので観察するのを諦めました。まだ寒いので外には出さず、霜が降らなくなったら路地に放します。
ポインエチアの剪定

tag :

ベニヤ板の処理

2011-03-30
四月の声を聞き、再び日本ミツバチの巣の準備を始めた。天板や底板には狂いも少なく使い易い、ベニヤ板を使用しているが、そのままでは接着剤の臭いやヤニがあり使用できない。火で焼くのだが、カセットコンロ用のガスボンベのバーナー位ではなかなか焼けない。そこで畑で火を焚き網の上で焼いてみた。思った様に良く焼け、大分手間が省けた。時間が出来たので、自然薯栽培の準備も少しできた。
ベニヤ板の処理

春は足踏み

2011-03-29
先日雪が降ったのでフクジュソウを撮ってみた
この時期ならではであるが花は寒さで元気がない
春の彼岸が過ぎたのにまた結構な寒さが戻ってきた
今朝のネコヤナギですらやっと芽を膨らませたところだ
花の名前の表記は 図鑑に合わせカタカナ表示にしている
本当はサルスベリ・オモトを百日紅・万年青と書きたいところだ
満天星(ドウダンツツジ)は花が咲いたところがそのものに見える
日本人は植物に関わらずその特徴を良くとらえて名前を付けている
フクジュソウとユキヤナギ

春霞の八ヶ岳と車山

2011-03-28
今朝は良く晴れて清々しい散歩でしたが、花粉症対策でマスクをしているため深呼吸はできません。八ヶ岳に春霞がかかり綺麗でしたので、散歩から帰ってカメラを持って撮影に出かけました。またパノラマ加工にしてみましたが、目に映った雰囲気は出ているものの、芸術的な目で見ればそれほどではないと感じました。やはり山の写真は空気が綺麗な秋が良さそうですので、この春はこの位にしたいと思います。
春霞の八ヶ岳


いつもは八ヶ岳だけに目がいきますが、360度で楽しめますので他も撮ってみました。車山の頂上には気象レーダー観測所があり、望遠レンズで撮った写真には綺麗に映りました。
車山

室で咲いたレンギョウ

2011-03-27
昨年の秋に作った室の中へ、この春剪定したレンギョウやヒュウガミズキの枝を入れて置いたところ、やっと先端の花が咲き始めました。花が好きで良く写真に撮っていましたが、なかなか綺麗な写真が取れずにいました。息子達が記念に買ってくれたデジタル一眼で、早速チャレンジしてみました。
レンギョウー1


単焦点レンズや望遠レンズに変えたり、手動で白バランスをセットしてみたり、何枚か撮ってみましたが、まだカメラの持てる性能は発揮できていません。偶然蜘蛛が映っているのにも気がつかず、色々試してはみたものの、撮りたい写真のイメージに、機能を合わせ込むテクニックはまだ先になりそうです。
レンギョウー2

多留姫の陸橋の夜景

2011-03-26
今日は一番近い望岳の湯が定休日なので、次に近い河原の湯へ行ってきました。それでも家から5分も掛からないので、望岳の湯が休みのときには重宝します。帰りに雪が舞っていたので、多留姫の陸橋のライトが綺麗でした。写真に撮ってみたくなり、カメラを持って再び訪れた時は小降りになってしまい、色々な設定で撮る事もできず、この写真が一番良い出来でした。
多留姫の橋
tag :

八ヶ岳の夜明け

2011-03-25
最近は朝の冷え込みも大分少なくなってきたので、犬の散歩は朝食前に出掛けるようになりました。天気が良いと綺麗に八ヶ岳が眺められますが、やはり逆光では山の姿ははっきり写らず、人の目に映る幻想的な写真は撮れません。3枚を繋げてパノラマ加工しましたが、空の明るさが上手く修正されるのには驚きました。写真をクリックすると全体が見れ、拡大しスクロールすると更に詳細がわかります。八ヶ岳の夜明け

通い始めた日本ミツバチ

2011-03-24
ようやく暖かい日が続いたので、久しぶりに飼育している日本ミツバチの巣を見てきました。標高1000mを超える所にある巣なので、まだ周りは雪でいっぱいです。日本ミツバチの巣


しかし、どこに花があるのか花粉を付けた日本ミツバチがたくさん戻ってきていました。各家庭の庭先にあり、この時期には咲き始める福寿草か、土手の日当たりの良い所でいち早く咲く、オオイヌノフグリかもしれません。また、まだ寒くても日が伸びてきたのを感じているのも関係していると思います。通い始めた日本ミツバチ

いよいよ花粉症

2011-03-23
いよいよ花粉症の症状が出始めた

一昨年の春に軽いものの初めてスギ花粉に悩まされた
昨年の春はスギ花粉が少なかったせいか症状が出なかった

秋口に症状が出て医者に行って検査したところ
ヨモギとブタクサが原因との事
薬も効かず大変な目にあった

今年の春はスギ花粉が多く発生するとの予想があったため
甜茶を飲んでいたが効果なかったようだ
早目の対応が良いと聞きしかも去年とは違う医者に行った
お陰で薬が効いている

かかるまではまったく他人事でいた
被災地の人達に比べれば
花粉症で大変なんて言っていられない
アウトドア派が花粉症では様にならない
と思っていたがそれも贅沢な話だ

我が家に来た小鳥

2011-03-22
地震の被災地の方を思うと、ブログの更新をしている場合ではないが、このブログを見てくれている人もいるので、時々は更新したくなりました。時々訪ねてくる小鳥を撮ってみました。小鳥の名は多分シメで、スズメより人まわり大きい鳥です。警戒心が強く窓を開けるとすぐ逃げてしまい、撮るチャンスは滅多にありませんでしたが、今日は何とか撮れました。鳥には世の中何が起こっているか分る筈もなく、少ない餌を探すことで精いっぱいに見えます。少し前まではジョウビタキも来ていましたが、最近は見かけなくなりブログへの登場はありませんでした。ジョウビタキは毎年来る鳥なので、来年は綺麗な写真を撮ってみたいと思います。我が家の庭に来た鳥

地震対策

2011-03-13
今回の東北地方太平洋沖地震は、被災者にかける言葉が見つからない程大きな被害が出た。今日は我が家でも転倒防止対策や、防災備品の点検を行った。まず転倒防止を施していなかった2台の薄型TVを、金具とベルトで止めた。次に食器棚の扉が開き食器が散乱するのを防ぐため、写真の器具(セイフキャッチ:400円x2個)を取り付けた。防災器具


また、DVDプレイヤのスピーカも横にし滑り止めのシートを挟み、少しでも安定するように変更した。防災備品は、賞味期限の確認や入れ替えとともに、今回はシュラフも追加した。
防災備品


喉元過ぎればつい疎かになり易いが、忘れた頃にやってくる災害である。定期的にチェックして、憂いを残さないようにしたいものである。

南瓜とキャベツの炭

2011-03-10
たてしな自由農園から竹炭の大口注文が来たので手元の在庫が切れ、畑の倉庫に竹炭を持ちに行ったところ、最後に遊びで焼いた南瓜キャベツの炭が出てきました。炭になった南瓜は綺麗な感じではありませんが、キャベツの周りを一皮剥いたところ、葉脈もはっきりして飾り物になる程綺麗になりました。基本的に生物であれば炭になりそうです。

南瓜とキャベツの炭

蜜蝋作り

2011-03-09
日本ミツバチ蜜蝋の精製は大分慣れてきて、手際良くできる様になりました。昨年は蜜蝋をロウソクにして、何人かの人にあげて喜ばれました。煤も少なく香りも良いのですが、自分では使う機会もなく今年は作りませんでした。今年は卵のケースを水に浮かせて融けた蜜蝋を流し込み、使い易い大きさにしてみました。大きい方も何かのケースを使ったのですが、牛乳パックも良いかもしれないので、来年は試してみたいと思います。
蜜蝋

長円寺の石仏百体観音

2011-03-08
昨日の雪は写真に撮るには多すぎて諦めていましたが、今朝またうっすらと雪が降ったので、近くの風景を取りに出掛けました。まずは長円寺の石仏です。
長円寺


近くには多留姫の滝があり、ここも良い景色が撮れるのではと出掛けましたが、誰も歩いた後はなく、雪をかき分け撮ってきました。右の写真は糸萱地籍の上川で、渓相は良いのですが魚は余りいません。
多留姫の滝と上川

またまた大雪

2011-03-07
天気が下り坂とは聞いていたが、朝起きてビックリまたまた大雪で、しかも雪も重く雪かきが大変でした。30cmは超えているのにまだ降り続いている。湿った雪なので庭の木々にも着雪していて、枝が折れないか心配になってきた。そろそろ雪を落としてやるか、それとももう少しでやみそうなので、様子を見るか思案しているところである。
またまた大雪
tag : 大雪

手製の篩とホウレンソウ

2011-03-06
ミニログハウスを作った時の廃材を利用して、を作ってみました。自然薯作りは初めてですので、ネットで調べたところ、種イモのできる地は栄養のない土が良いとの事です。そこで、室を作った時に出た赤土を作ったに掛けドラム缶に詰め、上層部は栄養のある土を入れる予定です。また、畑も小石が多いので、にかける予定です。庭いじりにも活躍してくれる筈です。隣りのビニールのトンネル内には、昨秋蒔いて大分大きくなったホウレンソウが生えています。
手製の篩とホウレンソウ

甲斐駒ケ岳

2011-03-05
今朝は快晴
八ヶ岳の日の出前を撮るつもりで出掛けたが
少し遅かったせいで陽が出てしまった
逆光になり撮影できなかったが
甲斐駒ケ岳雪景色が綺麗でしたので撮ってみました
いつもは数人が犬の散歩をしていて賑やかだが
土曜日のせいか誰とも行き合わなかった
少し肌寒いが風もなく清々しかった
20110305甲斐駒ケ岳

愛犬との散歩

2011-03-04
昨日の夕方の散歩はとても寒かったのですが、昨晩降った雪が八ヶ岳を綺麗に染めていました。途中で犬をガードレールに繋ぎ、カメラを取ってきました。ジン(甲斐犬:黒虎)は山でもそうですが、主人の姿が見えなくなっても淋しがって吠える事もなく、いつもいい子で待て居てくれます。ソフトバンクのカイ君の様にはいかないので、ポーズは決まりません。
愛犬ジン(甲斐犬)


この地から見る八ヶ岳は午後にならないと日があたらず、写真に撮るには日が弱い午後では難しいかもしれません。全体の姿は住み慣れたこの場所から観る形が好きです。パノラマ加工しましたので、写真をクリックしてパノラマにして見てください。
20110302八ヶ岳パノラマ

今シーズン最後の雪景色?

2011-03-03
今日も歯医者へ行ってきました。通っている歯医者は ”医者はサービス業” という先生ですので、気軽に話ができます。先生の趣味は写真撮影ですので、写真の撮り方を教えて貰った事もあります。昨夜雪が少し降ったので雪景色を早く撮りたいところでしたが、風が吹かないよう祈りながら治療を優先しました。早速霧ヶ峰方面へ登って行ったところ、やはり何人かのカメラマンが既に撮影していました。風が出てきてしまい余り撮れませんでしたし、何より雪が多くて良いポイントへ行く事はできませんでした。最近は出掛ける時にカメラを持って出かける様なりましたが、車の中から撮る様では・・・。
20110302雪景色20110302雪景色2



tag : 雪景色

室と雨水タンク

2011-03-02
昨年の夏活躍した雨水タンクの場所へ、3組のアルミサッシを再利用し、を昨年の秋作りました。90cm幅のサッシを60cm程埋めてありますが、流石に外気が-12℃の時は―1℃でした。そこまで気温が下がる事は滅多にないので、十分代わりになります。ペアガラスのサッシを捨てるにはもったいないと取って置いた事が、功を奏した訳です。
沈下式温室


や温代わりになるか試験的に作った訳ですが、成功したのは何とシイタケです。昨年の秋収穫が終わったホダ木に、寒くて大きくなれなかったシイタケの芽が付いていて、そのホダ木を入れて置いたところ、年末から年明けにかけて30個程収穫でき、真冬に取り立てのシイタケを食べる事ができました。雨水タンクは右側に移し今年も活躍してもらいます。
シイタケと雨水タンク

ポインセチアの実

2011-03-01
10年育てているポインセチアですが、今年は小さながいくつか付いています。例年ですとこの時期になると緑の葉がすっかり落ちてしまいますが、今年はまだ大分残っています。一月の寒い時期に近くの温泉施設のロビーに飾ってもらったので、その時の環境が暖かくポインセチアにとって良かったのだと思います。が熟すかもう少し様子を観る事にします。
ポンセチアの実
<< topページへこのページの先頭へ >>