ボタンとモミジ

2011-05-31
昨日は予想していなかった日本ミツバチの分蜂があり、蜂球を発見したのが午後二時だったので、また慌ててしまった。何とか取り込む事が出来たので、自宅の庭に仮置きをした。逃去しない事を祈りつつ、数が増えたのでどこに置こうか検討を始めるが、自分の畑の受粉が進むように、その畑の横に置いて欲しいと言う人もいる。
梅雨の晴れ間に西側の庭の写真を撮った。鉄平石が雨で濡れているうちに撮りたいが、陽射しが弱く思った様に撮れない。このコーナーはこの時季玄関側よりも、南側から撮ったこのアングルが良い。
牡丹と西側の庭

このボタン咲き分けで、島錦と言う品種である。赤が強く咲き分けの枝が少ないので、余り状態が良くない。何年掛かるか分からないが、何とか咲き分けの枝を多くするつもりだ。
咲き分けの牡丹

自宅の庭に置いた日本ミツバチの巣

2011-05-30
5月25日に分蜂した群を取り込み自宅の庭に仮置きをしたが、30日現在まだ逃去の様子はない。5日経ったので多分大丈夫だろう。このところ雨模様だったので幸いした。手前のベニドウダンの枝は飛行の邪魔にはならないし、西日も当たらず良い環境ではあるが、長くは置けないのでまた移転する必要がある。
自宅の庭に置いた日本ミツバチの巣

雨の中の牡丹

2011-05-29
例年より12日も早い梅雨入りで、今日は一日中雨降りの模様だ。咲きかけたボタンが雨に濡れて可哀そうだ。朝見た時より今は空が明るくなってきたので少し開きかけて来た。仕方ないので家の中から望遠で撮ってみた。
雨の中のボタン

例年ボタンが満開になる頃のこのアングルはとても豪華だが、今年は花が少なめで少し淋しい感じである。
ボタンの咲く頃
tag : ボタン

有明紅葉

2011-05-28
このモミジの鉢植えはアリアケモミジと言う珍しい品種で、良い品と思い10年程前に購入したものだ。紅葉にグラデーションが入り、その色の移り変わりが綺麗である。夏場の陽の当たり具合が、その秋の紅葉に影響するので管理が難しい。冬場は鉢毎土に埋めていて昨日鉢を上げたが、これからは水やりの管理をきちんとする必要がある。今までに3回植え替えをしたものの、それ程気を使っている訳ではないが、10年間余り形を変えずにいつも綺麗な姿を見せてくれる。
有明モミジの鉢植え

ツツジとアヤメ

2011-05-27
玄関から見たツツジが今綺麗だ。ドウダンツツジの花は咲いている期間が長いが、普通のツツジは花の寿命は短い。雨に当たる様な事があればすぐに傷んでしまうので、今回の台風で散ってしまうかもしれない。玄関のツツジ


正面のツツジ咲き分けで、花が多く付いたので豪華になった。アヤメはまだ咲き揃っていないが、カエデの木の下で咲き始めた。こちらも数年後には大きな株となり、存在感を表して欲しい。
<a href="http://blog-imgs-12.fc2.com/i/t/o/itokaya/IMG_1182-horz.jpg" target="_blank">ツツジとアヤメ

斑入りのイタドリとクジャクシダ

2011-05-26
日本ミツバチの分蜂群をまた捕獲できた。昨年新しく見つけた場所に今年も待ち箱を設置して置いたところ、今日入居が確認できた。入居して何日経ったか判らないので、巣が落ちないように静かに移動する必要があり、手伝ってもらいながらこれから移動に出かける。
斑入りイタドリの芽吹きは赤い色をしているが、成長するにつれて青い葉になり胡麻斑が入り面白い。バックの斑入りのヤブカンゾウも白と緑の縞模様が綺麗だ。やはり斑入りは庭に彩りを与えてくれる。
斑入りのイタドリとヤブカンゾウ


クジャクシダはワラビ採りの時に良く見かけ、日本版アジアンタムの様だと思っていた。小さい頃から家を建てたら庭に植えたいと考えていた山野草で、色違いの2種を寄せてある。子供の頃からこんな事を考えていたとは、余程植物が好きだったと思う。
クジャクシダ2種

日本ミツバチの分蜂の取り込み

2011-05-25
今日は今年二回目の分蜂取り込みとなった。11時頃と予想して10時に行ったが既に分蜂が始まっていて、丁度巣からでているところであった。梅の木に蜂球を作ると予想して板をセットして置いたが、予想した通りそこに留ってくれたので作業がし易かった。前回は失敗したので、問題となったと思われるところに気を付けての取り込みとなったが、今回は板の移動時に蜂の塊が半分以上落下してしまい、少し慌ててしまった。何とか居ついて欲しいが、こればかりは見守るしかない。今回もビデオ撮影の余裕はなく、画像はビデオの一部を張ったので余り綺麗でない。
5/25の分蜂の様子

満天星と咲き分けのツツジ

2011-05-24
ドウダンツツジは花の付き方が名前の由来になっている。本当に良く言い当てていて、満天の星の様で可愛いい。また、何と言っても紅葉が綺麗で庭木には人気の花木だ。白が一番多いが、赤い花を付けるベニドウダンやサラサドウダン等がある。
満天星

今盛りのツツジにも種類が多く、このツツジは咲き分けである。玄関の正面に植えてあり、今年は花の付きが良く見事だ。
絞りのツツジ

山野草数種

2011-05-23
先日分蜂し取り込んだ分蜂群が崩壊した。働き蜂の殆どが元の巣に戻ってしまったと思われる。逃去防止の為巣門を狭くしてあったので、残ったのは女王蜂と10匹程の働き蜂だけであった。今日は寒いので女王蜂も動きが悪く、今にも死にそうであった。先輩に相談したところ、元の巣には新女王蜂がまだ誕生していないだろうから、戻しても大丈夫だろうとの事で戻したが、この先どうなるのか心配であると同時に、折角上手く取り込んだと思ったので、非常に残念である。新しく置いた巣が近すぎたかもしれないが、原因は良く分らないので、蜂の生態を観察し、もう少しコントロール出来るようにしたい。
植物も大事にし過ぎてもいけないし、手を抜きすぎても育ってくれない。この山野草のエリアは作ってから10年位経っている。その間、草やゼニゴケを取り今では苔が綺麗に生えているので、山野草が引き立ち訪れた人たちに人気のコーナーである。今はサクラソウ・イワカガミ・ヤエザキイチリンソウオキナグサイカリソウが咲いているが、ヒメシャガも蕾が付いていてもうじき咲きそうだ。山野草数種

イワワカガミが良く見えないので、アップで撮ってみた。
岩鏡

柿の新芽と牡丹

2011-05-22
柿の新芽の色が好きな親戚と、ボタン新芽の元気さが好きな親戚がいる。ボタンの芽の写真は捕り損なったが、確かに勢いがある。柿の新芽も何とも言えない綺麗な緑で、この色が好きな理由も解る。この柿は百匁柿で購入して3年目なので、花芽はあるが実が付くか分らない。私は紅葉が好きで良い色が出ることを期待している。
<a href="http://blog-imgs-12.fc2.com/i/t/o/itokaya/s-IMG_1055.jpg" target="_blank">柿の新芽

また、このボタンは別の親戚から三年がかりで株分けをしてもらった物だ。元の株は近所の人が足を止めて眺めて行くほど立派なボタンである。ボタンの移植は難しく、珍しく秋に行う。花芽が数個付いていたが、移植後なので木に負担にならに様に一つを残し全て摘み取った。それでも来年幾つ花芽が付くか分らない。
昨年植えた牡丹


ロックガーデンの植え込み

2011-05-21
いよいよロックガーデンへの植え込みの季節がやってきた。サクラソウの仲間のユキワリコザクラは、石の下に根が張る様に植えると良いと聞きその様に植えこんだ。マツバギクの仲間もロックガ-デン向きと思い植えてみた。
ロックガーデンの花たち


本命のコマクサがようやく店頭に並んだので購入してきた。
やはり一番引き立つ中央に三株植えた。
実生で増えることを願っている。
コマクサ

日本ミツバチの分蜂

2011-05-20
今日、我が家の日本ミツバチの巣から、ようやく待望の分蜂があった。庭の草取りをしながら待っていたところ、11:00から始まり早速撮影しようとしたが、何やら動きがおかしくどんどん風に流され、用意した止まり木にどころか家から離れて行ってしまった。撮影どころではなくなりビデオ撮影も中断となった為、残念ながら良い写真が残っていない。
日本ミツバチの分蜂

後を追って行くと前の家の桜の木の枝に付いたが、その家のご主人が取り込むことを承諾してくれたので助かった。幸いにも低い位置であったので、前回と同様に用意して置いた互換性のある板を近付けると、すぐに移ったので簡単に作業ができた。
分蜂時の蜂球

スイセン・プリムラ・ライラック・ムスカリ

2011-05-19
今日は家の巣から日本ミツバチの分蜂があると予想していたが、残念ながら明日以降に順延だ。と言ってもこちらが勝手に予想して言うだけで、本当に蜂の気持ちは解らない。庭も賑やかになってきて、珍しい山野草や華やかな植木に目が行きがちだが、スイセンプリムラライラックムスカリ等も一生懸命に咲いている。このスイセンは今頃が時季らしいが、プリムラは遅いはずだ。プリムラのプリは、プリマドンナのプリからで、春一番に咲くからこの名が付いたと聞いている。ライラックは良い香りがしこの時季に良く似合う花で、ムスカリとともに花が咲いている期間が長いので有難い。
スイセン・ライラック・プリムラ・ムスカリ

ハナイカダ

2011-05-18
幼少の頃このハナイカダを見て、不思議な植物があるものだと感動した事を覚えている。その姿が面白いが綺麗な花ではないので庭木にする人はいないが、なぜか植えて置きたい。若芽はお浸しにして食べられるそうだが、まだ食べた事がない。家に植えてあるハナイカダは雄の木で、雌の木は花が一つで受粉すると結実する。
ハナイカダ

白根葵

2011-05-17
10年程前に友人から頂いたシラネアオイは年々株が大きくなり、毎年10輪程咲いていたが、庭の改造に合わせ植え替えたので、今年は1輪しか咲かなかった。咲き始めの淡い紫が綺麗で、しかも花も大きく長持ちするので人気が高い山野草である。ヤマシャクヤクも花の付きが悪く、山野草の主役達がいない淋しい状況である。
白根葵

保福寺峠から見たアルプス

2011-05-16
上田方面からアルプスが綺麗に見える場所があり、ウエストンが絶賛したと聞いていたので、兼ねてから行って見たいと考えていた。松本市と上田市の境にある保福寺峠で、確かに北アルプスが良く見える場所であった。薄雲が掛かっていたが、新緑が綺麗で何人も写真を撮りに来ていた。この峠は冬季通行止めで、今も上田側が通行止めとなっている。通行止めが解除されて以来天気の良い日を選んでいたが、昨日やっと叶えられた。新緑の保福寺峠*この写真を ”撮るしん”に投稿したが、まだ載ってこないボツかな?


峠にはウェストンが、アルプスが良く見える場所として紹介した碑がある。遊び心で碑に映ったアルプスを入れた見た。こちらの写真も面白いと思ったが、映ったアルプスがぼやけ過ぎていて、多分採用されないと判断した。
ウェストンの碑

斑入りのフキとホトトギス

2011-05-15
フキ斑入りは珍しく、何年か前に通りがかった家で庭の手入れをしている時に捨てられようとしていた物を貰ってきた。もともとフキは丈夫で、貰った時は根が乾いていた状態だったが、今は元気に増えている。ホトトギスは園芸店で求めたもので、斑はそれほど綺麗ではないが、花は名前の由来となったホトトギスの胸の模様がある。当時何でも斑入りを買っていたが、今は熱も冷め品定めをしながら買っている。
斑入りのフキとホトトギス

斑入りのギボウシ

2011-05-14
ギボウシの名は橋の欄干等に付いている擬宝珠に似ているからで、オオバギボウシは西洋の庭にも会い人気との事です。やはり斑が入ると秋まで楽しめ、右のヒメオウゴンギボウシは小型で色合いも珍しく、寄せ植えに人気があります。
斑入りのギボウシ2種

日本ミツバチと碇草

2011-05-13
今日は上田方面へ日本ミツバチの待ち箱の点検に行って来た。予想通り、先日偵察蜂が多く来ていた巣に入居していた。既に通い始めていたので、今朝早く入ったと思われる。大部分の蜂が戻る夕方まで見守り、回収してきたが、30km、50分の車での移動は蜂にとって相当の刺激になっている筈だ。この後また出て行ってしまうことも予想されるが、今年初めての分蜂群の捕獲なので、何とか居残って欲しい。
日本ミツバチには興味がない人の為に、花の写真を添付した。この花は、花の形が碇に似ているのでイカリソウの名が付いている。2種類とも園芸種で左の花は碇の形が残っているが、右の種類は丸みを帯びイカリソウとは思えない姿になっている。可愛い花が咲き、葉も綺麗で秋には少し色付くので、庭植えには良い花である。
イカリソウ2種

我が家のヒカゲツツジ

2011-05-12
北側に植えてあるヒカゲツツジがようやく咲いた。昨年購入したところなので、まだ木が小さく花の数も少ないので見栄えはしない。寒く花の咲くのが遅い北側を華やかにしてくれる様に早く大きくなって欲しい。
我が家のヒカゲツツジ

燕万年青と八重咲き一輪草

2011-05-11
なぜツバメオモトというのか知らないが、葉はオモトに似ている。花も違うがオモトは赤い大きな実を付けるが、ツバメオモトは青い実を付けその姿を楽しむ。環境は良いはずだが地が合わない可能性があり、年々株が小さくなっている様に思える。
ツバメオモト

ヤエザキイチリンソウは大分増えた。これらの種類は地下茎で増えるので範囲が広がり、植え込みのバランスが壊れる。しかし、小さい事と花が綺麗で長持ちするので邪魔になるほどではないし、自然な感じを醸し出してくれる。
ヤエザキイチリンソウ

今年初めて見た偵察蜂

2011-05-10
2週間ほど遅れての本格的な春の訪れで、蜂たちも忙しそうである。我が家の巣も5月4日か5日に雄蜂が誕生し分蜂が待ち遠しいところだが、今週は天気が悪くいつ分蜂するのか見当がつかない。昨日は上田方面へ待ち箱の点検に行って来た。先週置いた4か所の内、写真の巣に2~3匹の偵察蜂が来ていた。近くに菜の花畑があり日本ミツバチが来ていたので、急きょ帰りに置いた巣で、入居を期待したい。
偵察蜂が来ていた巣

クロユリとハナカイドウ

2011-05-09
昨年の秋購入したクロユリがやっと咲いた。以前庭にあったクロユリは芽が折れてしまったせいか、大きくなれず購入した年しか花を見なかった。今度の場所が合うか分らないが、今のところ良さそうである。
クロユリ

ハナカイドウの花は下向きに咲きその姿が中国人は好きなようで、日本人のサクラと同じ感覚で楽しむ様である。確かに下向きに控えめに咲いているように見えるし、色も濃く綺麗でなので気持ちは解る。なぜハナカイドウかは、他に赤い実を付けその実を楽しむミカイドウがあるから区別される。
ハナカイドウ

東石楠花

2011-05-08
アズマシャクナゲが綺麗に咲き揃った。昨年庭の改造時に4本植えたが、一番大きな株でしかも場所も良かったせいか今一番目立つ植木となっている。自分で購入した植木では値が張ったものだけに、毎年綺麗に咲いて欲しいものだ。
満開のシャクナゲ

糸萱の桜

2011-05-07
糸萱公民館に植えられている桜は、タカトウコヒガンザクラとの事である。丁度今が満開となっているが、このところの天気が黄砂の影響ですっきり晴れず、写真も綺麗に撮れなかった。因みに左上の白い線は飛行機雲である。
糸萱桜1

もう少し雲が少なく空が青いと、八ヶ岳の残雪と桜を重ねた良い構図で綺麗に撮れ、撮るしんに載せたかったが、来年以降に持ち越しとなってしまった。下の写真の白い煙は土手の草焼きの煙である。
糸萱桜2
tag :

血汐紅葉と雪柳

2011-05-06
チシオモミジが芽吹き始めました。この木はこの芽吹きの赤を楽しむモミジです。モミジは庭に良く植えられますが花が目立たないので、春先に彩りを添える庭木として人気があります。似たモミジで大分前に流行ったヤシオモミジも欲しかったのですが、最近植木としては売られていません。このモミジは芽吹きが赤とオレンジが混ざり、グラデーションになるので華やかな感じになります。丁度ユキヤナギが綺麗でしたので、紅白を並べてみました。
チシオモミジとユキヤナギ

室に入れたシイタケ

2011-05-05
室に入れたシイタケが、10日程で食べられる大きさになりました。外に置いてある原木の芽はあまり大きくなっていないので、やはり室に入れる事は時期をずらして食べれる効果があります。今朝は二回目の収穫で、朝食にソテーで食べましたが、採れたてを食べる贅沢を味わいました。
室で大きくなったシイタケ
tag : シイタケ

カタクリの花

2011-05-04
陽が射す山野草を植えてある場所は日陰が多く、このカタクリもイチイの木の下になっていてやっと咲きました。3~4年前に購入し植え替えてはいませんが、花の数は毎年一輪だけで、そのせいか少し淋しそうに咲いています。スプリング・エフェメラルの仲間は、落葉樹の下で陽が射す方が適しているはずですが、カタクリは少し湿った場所にある様に思え、今の場所は最適ではないかもしれません。夜は花弁を閉じ朝になると左の写真の様に徐々に開き、陽が差す頃には右の写真の様に全開します。
庭に咲いたカタクリ

綺麗に咲いたミツバツツジ

2011-05-03
ミツバツツジが綺麗に咲きました。昨年近所の人から貰った木で、山梨県産で普通のミツバツツジより色が濃く綺麗な物との事でした。確かに自分で購入した木より綺麗です。庭を整備した時に玄関口に植えましたが、取り付け道路から良く見え、もう少し大きくなると一際目を引く事でしょう。花が咲いた後に出る葉が必ず三枚セットなのでミツバツツジと言い、ツツジの仲間では一番早く咲くので人気があります。
ミツバツツジ

草蘇鉄

2011-05-02
コゴミはクサソテツとも呼ばれるが、確かに大きくなるとソテツの様な葉になる。明るい綺麗な緑色になるのでグランドカバー代わりになる。何年か前に山から採ってきたものが大分増え、少し摘んで食べれる位の群らくになった。
コゴミ
tag : コゴミ
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>