スカシユリ

2011-06-30
一昨年植えたスカシユリが昨年綺麗に咲いたので、昨秋はスカシユリの色違いやテッポウユリ系を何種か追加で植えてあった。一昨年からあるスカシユリは深紅とでも言うのか、相当インパクトがある色である。昨秋植えた赤や白も大輪を綺麗に咲かせた。この後は昨年より一回り大きくなったカサブランカ系のユリが咲くはずである。
スカシユリ3種

西側の庭

2011-06-29
西側の庭を見た人に、毎日手入れをしているか聞かれた事があるが、殆どほったらかしである。春先に全体に手を入れ砂にも波紋を入れたが、その後は草を少し取っただけである。もしっかりしてきて、見栄えが良くなって来ている事は事実だ。
西側の庭

右手前の南天の左側に黄色い小さな花が咲いているが、だけではと思い道端に咲いていた多肉植物を採ってきて植えて見た。冬も枯れず中々上手い具合に彩りを与えてくれているが、名前は知らない。
多肉塞物の一種
tag : コケ

睡蓮

2011-06-28
スイレンが一輪咲いたのを今朝見つけた。花芽は他にも付いているので、その内いくつか咲くだろう。ハスやスイレンはヒツジグサの仲間で、未の刻に咲く事からその名が付いたと言われている。ハスはその時刻にポンと音を立てて咲くと聞き、本当かどうか昼過ぎに見に行った事があるが、そんな事はなかった。実際は明るくなると咲き夕方閉じるはずであるが、水廻りの全景を撮る為今見たところ閉じていた。去年はどうだったか覚えていないのでもう少し観察してみるが、まだ本調子ではないのかな?
スイレン

昨年水廻りの改造を考えていた時、丁度長円寺の池のスイレンを株分けすると聞き、数株頂いてきた。カキツバタとスイレンをどの様に配置するか、妻の意見を聞きながら施工した。この地方の冬は寒いので凍結を心配したが、少しの養生でも凍りつく事はなく、花を咲かせてくれた。

水廻り
tag : スイレン

シランとイブキジャコウソウ

2011-06-27
キンチャボの木の下でシランが咲いているのを見つけた。大分前に植えた物だが、環境が悪いせいで株が増えていない。咲けば綺麗だが珍しい花ではないので大事にしていない結果である。
シラン

イブキジャコウソウは花壇の縁に植え、石に絡むと風情が出てくる。ジャコウと名が付く植物は、良い香りがありこのイブキジャコウソウも葉を揉むと良い香りがする。
イブキジャコウソウ

ツバキの新芽

2011-06-26
ツバキの学名は、カメリア・ヤポニカ(Camellia japonica)との事。アジサイとともに日本の花として外国でも人気である。艶葉の木が語源とも言われのも頷けるほど艶のある葉である。昨冬の寒さで全ての葉が枯れ込んだが、梅雨になってようやく新芽が伸び始めた。胴吹きがここまであるとは思わなかったが、少し刈りこみこの時期まで待った甲斐があった。
ツバキの新芽

岩魚の甘露煮

2011-06-25
先日釣った岩魚甘露煮にして、昨日のビールのつまみにした。
一昨日から二日がかりで作ったが、甘露煮は自分で作る。
塩焼きにすると丁度良いサイズであったが、妻に好評な甘露煮にした。
妻は友達と夕食に出掛けたので一人で楽しんだが、勿論残してある。
岩魚の甘露煮

セイヨウオダマキとギガンチウム

2011-06-24
オダマキは何種類かあるが、一番気に入っている青い日本のオダマキは今年は咲きそうもない。理由は梅の木の下にあり、あまり元気がなかったので春先移植したせいだ。この西洋オダマキは少し派手なので、和風のこの庭には似合わないかもしれない。
イタリアオダマキ

西洋物は良く知らないので、このアリウム・ギガンチウムも始めての栽培である。3個のニンニクの様な球根を分球し植え付けたが、芽を出したのは10本程で咲いたのは5本だけであった。球根を購入した時に育て方を聞いたが担当者は良く知らないようだったので、勝手に分球したがそれが原因か良く分らない。
アリウム・ギガンチウム

白糸草

2011-06-24
シライトソウを苔玉にしようと購入しそのまま地に放してあったが、今年一輪咲いた。咲いてみると清楚な感じで山野草として人気が高い事が解る。増えそうにないが、少し大事に扱ってみたいと思う。
シライトソウ

サンチュ

2011-06-23
友人から頂いたサンチュが大きく育った。肉を巻いて何度か食べたが、採りたても加わって美味しく頂いている。
サンチュ
tag : サンチュ

渓流釣りとキンロウバイとバレリーナ

2011-06-22
今日は畑仕事や庭の手入れが一段落したので、渓流釣りに出掛けた。キノコ採りに行った時に見かけた大きな堰堤の下を、一度釣ってみたいと思っていたので、思い立って出掛けた。渓相は良いが水も綺麗過ぎる程で釣り人が訪れている様子もなく、釣れるか半信半疑だったので油断し最初のあたりは逃してしまった。しかしその後20cmオーバーの天然岩魚が5匹釣れたので満足し帰ったが、穴場として今後も楽しめそうだ
キンロウバイが大分咲いたが、これでも少ない程だ。通常は全体が黄色になるほど咲くが、昨年移植したばかりなので仕方ない。丈夫な木なのでそれでも多く咲いた。
キンロウバイ

バレリーナが咲き始めたがあまり多く花を付けないし、色もあまり濃くない。他所では枝いっぱいにもっと濃いピンクの花が付いている。移植したてのせいなのか種類の違いなのか、妻のお気に入りなので何とかしなければ・・・。
バレレ-ナ

ユキノシタとウツボグサ

2011-06-21
ユキノシタはどこにでもある植物だが、花をじっくり観た事はないと思う。ちいさい花ではあるが可愛い形をしている。同じ仲間にダイモンジソウやジンジソウがあるが、こちらは人気の高い山野草として扱われる。ダイモンジソウは花の色や形もいろいろあり華やかなので理解できるが、ジンジソウはユキノシタとあまり変わらないように思える。
ユキノシタ

このウツボグサもどこにでもあり庭に植える人は少ないが、花の好きな親戚のまねをして植えてみた。土が流れそうな石の間に植えてあり、効果があるとともに丈夫で下草の代わりにもなる。名前の由来を知らなかったので調べたところ、花の形が弓を入れる靫(うつぼ)に見える事から付いたとの事である。魚のウツボからかと思っていたが、由来も同じであろうか。
ウツボグサ

風知草と擬宝珠

2011-06-20
斑入り風知草がようやく風に揺られるほどの大きさになった。標高が高い事と北側の日陰にあるせいで他所よりは遅れていた。風に揺られると本当に涼しげに感じ、名前の通り風を知らせてくれる。フウチソウ

ギボウシは幾つか種類があるが花はそれほど目立つ物ではなく、むしろ葉の姿を楽しむ方が多い様に思う。このギボウシ斑入りで庭を明るくしてくれている。
ギボウシ

ナデシコ

2011-06-19
天井灯の安定器の音が少し大きくなってきたのか気になったので、省エネを兼ねて蛍光灯をLED型に交換した。
電気代だけでも6年程で元がとれる計算なので、寿命の事も考えれば十分交換したメリットはある。
石と石の間の土が雨で流れない様に、イワヒバやタツタナデシコ等を植えてある。
イワヒバは雨が降った時以外はあまり目を引かないが、タツタナデシコは葉も綺麗だし花も可愛く咲いてくれる。
ナデシコ

この花は大分前に購入したので名前が分らない。
日本の物ではないと思うが、小さい花なので山野草と一緒に植えてあっても違和感はない。
名前不明
tag : ナデシコ

雨に濡れたイカリソウとスカシユリ

2011-06-18
今年の梅雨は今のところ夜降る事が多いので有難い。雨に濡れたイカリソウを見て、露の付き方が面白かったので写真に撮ってみた。
イカリソウの露

スカシユリは花弁の根元が透けてるので、スカシユリと言う名前が付いている。その為、花が上を向いて咲くが、雨が花の中に溜まらないので平気に見える。
スカシユリ

ヒヨドリの親子

2011-06-17
脚立の上に留ったヒヨドリが、ウスラウメの様な実を運んできた。最近家の植木に良く来ていると思っていたところだが、巣立った雛が2羽キンチャボの木の枝にとまっていた。
餌を運んできたヒヨドリの親

雛にとっては結構大きな実だが、まる飲みにしている。親を良く観察していると、植木にいる虫も探して雛に与えている。ヒヨドリは作物を荒らして困る害鳥として扱われるが、この時季は益鳥の役目も果たしてくれる。
餌をもらうヒヨドリのひな
tag : ヒヨドリ

カキツバタ

2011-06-16
カキツバタは二度目の登場であるが、今回は施工方法について紹介する。カキツバタは水辺に育つので絶えず水を張る必要がある。雨水を竹で取り、一番上流のカキツバタの場所に入り、オーバーフローした水は次のスイレンの池に入り最後は雨水桝へと流れ込む。雨水桝も水が溜まる様になっていて、そこにも姫スイレンを植えてある。庭に水が付かない様に一番低い所雨水桝を用意し、ベビーバスやベランダコンテナを再利用して施工してあり、昨冬の寒さでも凍りつく事はなかった。石を利用した飾り付けは妻のデザインで、全体像はスイレンが咲いた時に掲載しようと思う。
カキツバタ

銀杯草

2011-06-15
花の好きな親戚から今年の春頂いた、ギンパイソウがようやく咲いた。栄養がなく日当りの良いところが良い様なので、ロックガーデンに植えてある。背丈が低くロックガーデンには良く合い、また花が大きいので存在感もある。
ギンパイソウ

クジャクサボテンも今年は2輪咲いた。蕾は7個付いたが、木が小さいので2個咲くのが限度の様で、残りの5個は大きくならずに落ちてしまった。
クジャクサボテン

アサマフウロとフタリシズカ

2011-06-14
このアサマフウロは、コマクサを自宅の庭で育てているのを見せて貰ったときに頂いた。この地区でもコマクサが実生で増える事を知り、いつかはコマクサをと思っていたがようやくロックガーデンを作り植える事が出来た。
アサマフウロ

このフタリシズカは株も大きく咲き揃うと綺麗であるが、花の期間はあまり長くはない。葉は長い間綺麗なのでグランドカバーになる。
フタリシズカ

アヤメとギンロウバイ

2011-06-13
日本ミツバチ分蜂群の取り込みも終盤になってきた。今日は今後期待が薄い上田方面の待ち受け箱を、2個とも引き上げた。巣を抱えて土手を下りる時に足元を見たら、自然薯らしきものがあり蔓の巻き方を見て確信し、掘って見たところイモが付いていた。自然薯の苗が手に入らず苗を採る計画はしていたが、思いがけず何本も採れたので早速畑に植えた。2~3年後には収穫できるようになると思う。
ハナショウブや今流行りのジャーマンアイリスは人気が高く種類も多いが、アヤメの種類はそれ程ではないと思う。白はチャボアヤメとか三寸アヤメと言われ珍しくはないが、紫のこのアヤメは珍しいと言われたがそれが私には分らない。
アヤメ2種

白はギンロウバイで黄色がキンロウバイであるが、キンロウバイは良く見かけるがギンロウバイは珍しい。
キンロウバイとギンロウバイ

カクテルとクレマチス

2011-06-12
家の庭は日本庭園風にしてあるので、西洋の花は少ない。バラはこのカクテルとバレリーナの2種類があるが、以前はモッコウバラと大きなピンクのバラがあった。庭の改造時に枯れてしまったが、モッコウバラは大きすぎて業者でも無理だったので仕方ないし、ピンクのバラも古い株で諦めざるを得なかった。このカクテルとバレリーナは買ったばかりの木で小さく移植が出来た。
カクテル

クレマチスもこの紫だけがあり、オオデマリの木に巻きつけ下枝が少ないところをカバーする為に植えてある。因みに地面に落ちている白い物はオオデマリの花弁である。
クレマチス


チゴユリとトマト

2011-06-11
まだ山野草にあまり興味がない頃に貰ったチゴユリが、今では増えて困っている。確かに増えるよと言われたが、抜く時は心苦しい。
チゴユリ


去年はフルーツトマトのアイコを種から育てたが、思ったほど甘くはなく皮も少し硬かった。今年は大粒のトマトの苗を植えたが育ちが良く、庭を見に来た人はそろって誉めてくれる。花も咲き始めたが、果たして大きく美味しいトマトができるだろうか。
とまと
tag : チゴユリ

斑入りカキツバタとサラサドウダン

2011-06-10
何年か前に山野草展で観た斑入りカキツバタが、余りにも綺麗でどうしても育ててみたくなり、あちこちの園芸店を見て周り、何とか買え揃えた。ようやく水が十分やれる環境が整い、綺麗に咲いてくれた。3年経てば綺麗に揃って見事になるだろう。
斑入りカキツバタ

ドウダンツツジでは最後に咲いたサラサドウダンである。家の木はまだ小さいが、立派な庭に植わっている大きな木は見事だ。
サラサドウダン

オトシブミ

2011-06-09
庭の藤にオトシブミが卵を産みつけた。上手に葉を巻くのでいつも感心するが、見つけるとすぐに取り除いている。
オトシブミ

この巻いた葉の中に卵が産み付けられている。巻いた巻物を切り取って落とす種類もあり、それは今の時季に林を歩くと落ちていて、オトシブミの名前の由来になっている。
オトシブミ2

ルピナスとイカリソウの苔玉

2011-06-08
ルピナスは珍しくないが花が長持ちして花壇が華やかになる。ノボリフジとも言われ縁起が良いという人もいる。
ルピナス

イカリソウも珍しくはないが、苔玉にすると可愛くなる。10年位前に作ったが丈夫で長持ちして、ちょっと飾るには都合が良い。
苔玉




山野草2種

2011-06-07
何年か前に手に入れた山野草であるが、名前が分らない。株も増えないが毎年咲いてくれる。なかなか豪華な花で増えてくれれば有難いが、どうも望めそうもない。
名前不明

このジエビネは一番多い色で珍しくないが、丈夫で株も増えている。キエビネもあるがまだ花芽が付いていない。
エビネ
tag : エビネ

スズラン・サクラソウ・ヒメシャガ

2011-06-06
スズランサクラソウも珍しい花ではないが、やはり可愛い花なのでカメラを向けてしまう。
スズランとサクラソウ



ヒメシャガはあまり見かけないので、見に来た人には人気だ。普通のシャガより大分小さいので庭に植えこむには丁度良い花である。ヒメシャガ

ブルーベリーの花とモミジの土用芽

2011-06-05
今年の冬は空凍だったので、ツバキとツゲの木が枯れ込んだ。ブルーベリーも一株は良かったものの、大粒の方が被害に遭った。花も例年よりは少ないので、収穫量はあまり期待できない。花はドウダンツツジに似て可愛い。
ブルーベリーの花

モミジ土用芽を見つけた。盆栽は葉が小さい方が見栄えが良いので、春出た葉を全て摘み取り、この土用芽をつけさせる事もある。木にとっては負担となるので、慣れた人が木の状態を見ながら行う必要がある。
モミジ

ナツハゼ・オキナグサ・オオデマリ

2011-06-04
この時期に葉が赤いのでナツハゼと言うが、ハゼの仲間ではなくブルーベリーの仲間である。現にこの実は酸っぱくブルーベリの様で、小さい頃食べた事がある。オキナグサのヒゲも大分立派になってきた。
ナツハゼとオキナグサ

今はそれ程珍しくはないが、このオオデマリは30年以上前に3000円の苗木を購入したもので、今では高さが3メートル程になった。当時はまだ流行り始めたところで、やっと手に入れた記憶がある。前の庭は小さかったので片隅に植えられていたが、今は玄関から見て正面に鎮座している。3年も経てば枝が張り良い形になるだろう。
大手毬

オダマキと風車

2011-06-03
今日は日本ミツバチの分蜂日和であり、期待しながら巣の見廻りに出掛けた。最初は最近置いた場所で、近くの菜の花畑で日本ミツバチを見かけたので期待している所である。しかし巣の中を点検してみたら、何とキイロスズメバチが巣を作っていた。早速バーナーで焼く処理をしながら位置を変えて来た。次の場所は一番期待している所で3個の巣を置いてある。その内の一個に入っていたので、夕方移動する予定である。次に糸萱の元巣の様子を見に行ったところ、少し前に分蜂したのか、巣の前がやけに賑やかだった。近くを探したが蜂球はなく、既にどこかへ行ってしまった様だ。しかし、近くの自然巣からの分蜂があり、丁度蜂球を作ったところであった為、すぐに取り込み持ち帰った。一日で二群を手に入れる事が出来たのは初めてである。
オダマキは色々な種類があり、花も長持ちして庭に植える花としては重宝だ。丈夫な宿根草なので手も掛からない。
オダマキ


カザグルマはクレマチスやテッセンと同じ仲間だが、色合いが優しく日本庭園には良く合う。
カザグルマ

庭の藤に来た日本ミツバチ

2011-06-02
我が家の庭には、今二つの日本ミツバチの巣を仮置きしてある。その蜂たちが藤やツツジの花の蜜を集めに飛び回っている。写真に収めようと撮り始めたが、動きが速い事と数もそれほど飛び回っていないので、撮るのに苦労した。
藤に来た日本ミツバチ

この藤は庭の改造に合わせ近くの方から頂いた物で、木の形も花の長さも立派です。昨年は多くの花を付けたのですが、今年は少な目でした。家のシャクナゲもそうですが、一年おきに花の付き方が変わる事があります。
藤
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>