紫式部とチゴユリの実

2011-10-31
ムラサキシキブの実付きが悪いが、今年の春移植した事と今年も虫にやられた影響もある。
枝が伸びてロックガーデンの脇役になればと良い考えて、ロックガーデンの脇に植えてある。
紫式部

真っ黒なチゴユリの実が幾つも付いていたが、庭の写真を撮って歩くまでは気が付かなかった。
チゴユリも紅葉して黄色になったのでこの黒が目立ったのだろう。草丈の割には大きな実である。
チゴユリの実

桑の木のお盆と花台

2011-10-30
の木を使って作った、お盆花台の試作品が完成した。慣れないので削り方や磨き方を試行錯誤し、何とか仕上げたが満足出来る物にはならなかった。しかし、一通りの工程を経験した事で得たものも大きく、試作としての成果は十分であった。
木工細工1

の木は余り硬くなく粘りもあるので、素人には向いている材質だと思う。十分乾かしてある筈であるが、底の部分が薄すぎた為か少し歪んでしまったが、使用には許容できる範囲である。綺麗な木目で見た目も良く、軽くて使い易いかもしれない。
木工細工2

この花台は単純な形なので、それ程苦労もなく仕上がった。しかし、縦横比は見た目が良い寸法がある筈で、日本の美を追求するなら、白銀比を取り入れるべきだろうと後で気が付いた。お盆の方は偶然白銀比が入っている為、見栄えは良い。
木工細工3

ツルウメモドキ

2011-10-29
一昨日の霜で季節を思い出し毎年採る場所へ行き、ツルウメモドキの枝を10本程取ってきた。
昨年はこのツルウメモドキのリースを、たてしな自由農園花蒔店へ出荷したが今年は見合わせた。
今年のリースはマンネンスギの緑を添えた物も作って見たが、知り合いの5軒の家に配り喜ばれた。
ツルウメモドキ1

家の分は枝ぶりの良い2本を使って、玄関の中と外に飾ってみた。
まだ黄色い皮が弾けていないが、2~3日すれば赤い実が綺麗だ。
ツルウメモドキ2

畑の長芋掘り

2011-10-28
一昨日、畑で栽培した長芋を掘って見た。栽培方法は≪自然薯栽培のすすめ≫を参考にし、余り評判が良くないクレバリーパイプの代わりに、塩ビのパイプに穴をあけた物と畔シートを使用した。写真は上の畑の土を取り除いた所である。パイプの中とU字型にした畔シートには赤土が入っている。
長芋の栽培2

芋が上手く斜めに伸びた歩留まりは、畔シートが100%で塩ビパイプは50%であった。
塩ビパイプが浅かったせいで、ハスに切った塩ビパイプの口に上手く植えられなかった。
畔シートに植えた自然薯は上手く伸びたが、細かったので2年物にするため埋め戻した。
長芋の栽培1

購入した種芋は、長くならず粘りのある長芋との事であったが、出来た芋はイチョウイモの様な形だった。
これは栽培方法と芋の性質があっていない事が原因思われるので、来年は普通に植えてみる事にする。
写真撮影しながらの作業だったが、8本掘るのに小一時間で終了したので、やはり作業性は非常に良い。
長芋
tag : 長芋

ロックガーデンの様子

2011-10-27
今朝はこの秋一番の冷え込みで、しっかりした霜が降りた。今までにも霜が降りた事はあったが、今朝は綺麗な程でロックガーデンに植えてあるツルハナガタも真っ白になった。
ツルハナガタ

リンドウの花がようやく咲き始めたが、これから寒くなるので全ての蕾が咲くか心配である。ロックガーデンに植えてあるせいか品種なのか、草丈が低いので山野草の一つとしてロックガーデンの一角を華やかにしている。竜胆

レブンソウも一房ではあるが、この時期まで咲いていた。移植したが元気に花を咲かせているので、この環境でも問題なさそうである。
レブンソウ

庭の紅葉

2011-10-26
庭の木々が紅葉のシーズンを迎えた。既に紅葉したドウダンツツジは散り掛けているが、ナツハゼはまだ綺麗な紅葉を付けている。ブルーベリーは可愛い花も付け、実も美味しく食べられ、紅葉も綺麗で三拍子揃っている。
ブルーベリーの紅葉

クロモジは、赤が多い紅葉の中で異彩を放っている。昨年は蜂に葉を食われたが、今年は綺麗に紅葉した。
黒文字の紅葉

このコハウチワカエデは移植して2年目の秋になるが、まだ枝が伸びず風情は今一つである。西の庭のヤマモミジはまだ紅葉していないが、若い木のせいか枝が伸び、形が良くなっているので色付くのが楽しみだ。
コノハノハウチワカエデ

ドラム缶の自然薯掘り

2011-10-25
自然薯栽培のすすめを参考にして、ドラム缶を用いた自然薯作りを行ってみた。種芋は山から採ってきた自然薯と、粘りがあり短めで作り易い種類の種芋を用いた。山の赤土をドラム缶に半分程度入れ、次に畑の黒土をその上に20cm程入れた所に植え込み、山の環境を再現してみた。また、自然薯の様な美味しい芋を作る為、肥料は与えなかった。右上の写真は黒土を取り除いた状態である。右下は拡大写真で、左側に栄養がなくなった古い種芋が付いている。
自然薯4

この写真は赤土を半分程度取り除いた所であるが、石もなく柔らかいので簡単に作業が出来た。さらに来年は、土を取り除く作業の効率を上げる様に、ドラム缶に細工をしようと考えている。自然薯2

掘りだした芋は70cm程であるが、底に付いてしまい横に大きくなった芋や、1株が3株に分かれ細くなった物もあった。一番上の太い物は購入した種芋の物で、やはり短めで太くなった。この種類の種芋は畑にも植えてあるので、収穫後に味を比較してみる。自然薯は長く延びそうなので、来年はもう少し土を深くして栽培する事にする。自然薯3

購入した長野県産の長芋、先日の竹藪の自然薯及び今回の自然薯の味を比較すると、今回の自然薯の方が木目が細かく灰汁がない。竹藪の自然薯の土には黒土があったのでそれが原因と思われ、今回はその穴に赤土を入れたので、この違いの結果は来年以降に判るだろう。
左は植え込んだ種芋であるが、栄養が吸われ干からびた状態だ。 右のムカゴが大きな芋になるには何年かかるのだろうか。自然薯1

ミセバヤの花

2011-10-24
ミセバヤに蕾が付いてから大分経って、ようやく花が咲いた。それほど綺麗な花ではないが、日本の庭には欠かせない花の様に思う。ミセバヤは古い植物なので良く見かけていたが、実は良く知らない植物である。そこで花言葉が載っていたので紹介すると、つつましさ、おだやか、あこがれ、大切なあなたとある。つつましさとおだやかは、花の様子から当たっていると思う。
ミセバヤ2

丁度虫が飛んできたが、ハナバチよりハエに近い虫だ。右側は斑入りのミセバヤで、この時期は葉も紅葉している。
ミセバヤ1

庭では目立たない花なので少し綺麗に撮って、ブログに載せる事で日頃の感謝に替えて貰おう。
ミセバヤ3
tag : ミセバヤ

満天星

2011-10-23
玄関に植えてあるドウダンツツジが、今年も昨年に引き続き綺麗に紅葉した。奥のコノハノハウチワカエデが一緒に紅葉すればさぞかし綺麗だろうが、まだ少し先になりそうだ。それぞれの植木も紅葉しているが、やはりドウダンツツジが華やかだ。
裏の庭の紅葉

ドウダンツツジだけでは絵にならないので、根元に生えているノコンギクを一緒に撮ったが、主役の筈のドウダンツツジが引き立て役になってしまった。やはり花が綺麗に映っている方が味があると思う。
満天星と野紺菊

大文字草

2011-10-22
昨年裏の庭に植えたダイモンジソウが、今年も咲いてくれた。
山野草は押し並べて丈夫だが、やはり根付いてくれると嬉しい。
ダイモンジソウは人気の山野草で、種類も多くファンが多い。
厳選して植えたこの種類だが、選んだ物に間違えはなかった様だ。
大文字草

自然薯掘り

2011-10-21
昨日、庭の自然薯を掘って見たが、意外と芋が大きく掘るのが大変であった。
一昨年、庭の片隅に実家から移植した、オオタケの根に付いてきた自然薯だ。
自然薯掘り2

来年はタケの根も張るだろうし、蔓が大分太くなったので掘るなら今年と思っていた。
剣先スコップと柄の折れた角スコ二つを使って90cm掘り、ようやく先が確認できた。
自然薯掘り1

80cmの長さであったが、この次にまた芋が取れる様に元を20cm残した。
慣れないので少し傷を付けてしまったが、大きな芋が採れて満足であった。
安曇野の新米に 押麦を入れた麦ご飯にし、とろろ飯にして頂く予定である。
自然薯掘り3

最後のトマト

2011-10-20
今年のトマトは木ばかり大きくなって、どうなるのか心配していたが結果は上出来であった。
この実が今年の最後のトマトであるが、天候のせいか始めの頃の実付きが悪かった様に思う。
雨よけのビニールをもう少し高くした方が良かったと思うので、来年は工夫してみたいと考えている。
跡地に昨日ニンニクを植えたが、昨年より遅い様な気がして、冬までに芽が出てくれるか心配である。
最後のトマト

2011年の秋のベストショット

2011-10-19
今年は茸が豊作との予想であったが、残暑が厳しく不作となってしまった様だ。
里山のジコボウも、出ず仕舞いになりそうで、やはり茸の出来は予想が難しい。
それでも私は運が良い方で、例年より多く採れたので満足できる結果となった。
左は米栂の林に出来る栂松茸で、大きい物が採れるので 夢中になってしまう。
右はコウタケで、昨年に続いて採れたので早速干してキノコご飯用に保存した。
この二つの茸は滅多に採れないので、大きい物を見つけた時は つい興奮する。
今日は今年最後の茸採りに近くの山に行ったが、やはり少し採れただけだった。
茸のベストショット

大菊

2011-10-18
大菊を3鉢作ったが、残念ながら3鉢とも失敗に終わった。
花は何とか咲いたが、大菊に仕立てる事が出来なかった。
大菊1

苗は昨年の株から出た芽を挿し、三本仕立てにしたが一輪に出来なかった。
何故か蕾が付く頃になって、丈夫な脇芽となりそこに 蕾が付いてしまった。
品種を間違えてしまったと思い、そのまま大きくしたが、種類は合っていた。
≪F1種≫ になっているのかもしれないので、来年は苗から買う事にする。
大菊2


tag : 大菊

椎茸

2011-10-17
一昨年用意したホダ木から今年もシイタケが出来始めたが、今年追加したホダ木からはまだ出る気配がない。
昨年は遅くに芽が出たのか大きくならず、それを室に入れて大きくし正月に食べたが今年は同じ様に行くだろうか。
シイタケ

上の写真は10月12日に撮影した物だが、この写真は収穫前の15日に撮影した。
既に大きい物のを3個採って食べたが、余りにも良く出来たのでまた写真に撮った。
この時期は暖かいので 3日で大きくなるり、生では食べきれず干しシイタケにする。
シイタケ3
tag : シイタケ

錦木と蔦の紅葉

2011-10-16
苔玉にしたニシキギ紅葉し、ピンクがかった綺麗な赤になった。
ベニチガヤは元々赤い葉なので、ニシキギの葉が緑の時は良く映える。
手前に斑入りのイタドリがあったが、大分古いのでいつの間にかなくなっていた。
苔玉

この赤い実は庭に植えてあるニシキギの実であるが、今年は例年に比べ実の付きが悪い。
鉢植えではなかなか実が付かないが、庭に植えてある木には良く付き、冬場の小鳥たちの餌になる。
ニシキギの実

ツタ紅葉も綺麗なので、立派な鉢植えにしたいところだが上手く行かない。
元は太い株なので、手入れの仕方次第では見ごたえのあるものになる筈である。
今年は毛虫に食われ殆ど葉がなくなったが、二番手の葉が付いて紅葉してくれた。
蔦

木工細工の下拵え

2011-10-15
の木で作っている、お盆花台の荒削りが終わった。
道具の確認と調達が主な目的での試作ながら、始めると面白く冬まで待てず仕事を進めてしまいそうだ。
大体の工程が確認できたので、仕上げ削りとツヤ出しはもう少しじっくりやる事としよう。
木工細工下拵え
tag : お盆 花台

白花岩シャジン

2011-10-14
裏の庭に植えてあるホウオウシャジンに、遅れて咲いた白花イワシャジンが間に合った。
ホウオウシャジンは表の庭の元株から実生で増えた分を移植したが、白花イワシャジンは昨年購入して植えた物だ。
こちらも実生で増えてくれれば有難い。
シャジン2

イワシャジンなので岩が似合うと思い、苔の生えた岩の傍へ植えてみた。
もう少し多きな株になれば豪華になるだろう。
白花イワシャジン

有明紅葉の紅葉

2011-10-13
10年程前に、伊那の店で購入したアリアケモミジの鉢植えが、今年も見事に紅葉した。
鉢植えにすると管理が面倒なので余り持っていないが、この鉢だけは大事に管理している。
有明モミジ2

左の写真は8月17日で、少し色付き始めている。ヤマゴケを張ってあるが、その苔の緑が綺麗だ。
右の写真は10月6日に撮影したが、全体が色付き始めていて緑の葉はもうない。
有明モミジ1

このグラデーションが特徴のモミジで、日当たりに気を付けているが、それ程気を使わなくても良いのかもしれない。
有明モミジ3

紅葉の始まり

2011-10-12
まだ十月中旬ではあるが、今年は寒い日が多く、オオデマリハツハゼが紅葉し始めた。
オオデマリは今まで余り綺麗な紅葉にならなかったが、今年は綺麗に全体が揃っている。
ハツハゼは夏から葉が色付いているので、秋の紅葉は印象になかったが今年は綺麗だ。
シギタツザワの紅葉も何時もより綺麗なので、今年は紅葉の当たり年になると思われる。
オオデマリとナツハゼの紅葉

キシメジの群生

2011-10-11
今日は、上田方面へ茸採りに行ってきたが、目的の茸はあまり採れなかった。
キシメジが良く出るこの場所は昨年も多く採れ、不作の今年も良くできていた。
他にはクロカワが一本と、シモフリシメジショウゲンジが少し出ていただけだ。
この辺りのジコボウも不作の様で、今年の茸採りももう終わりに近づいている。
キシメジの群生

庭の茸

2011-10-10
庭のアカマツの根元に毎年のようにヌメリイグチが生えるので、今日見に行ったところ五本発見した。ヌメリイグチは結構人気がある茸だが、表の茶色い皮を剥いだり裏のスポンジ状の所を取る必要があり、面倒なので私は食べない。今年は少し前にシロハツも2本できていたが、食べた事はない。庭に出来るのにもったいないが、山で採る茸で間に合っている。
ヌメリイグチ

彗星蘭の花芽

2011-10-09
一昨年購入したスイセイランが、今年も花芽を一本出した。
まだ一つだが、二鉢あるのでもう何本かが出る事を期待している。
このスイセイランは、隣りの富士見町にある≪ニチレイ≫が栽培している。
比較的寒さに強く小振りな蘭なので、初心者にも育て易いと思い育て始めた。
スイセイランの花芽

地蜂取り

2011-10-08
一昨日見つけた地蜂(クロスズメバチ)の巣を、83歳になる岳父と一緒に昨日取った。畑作業をしていて何度か地蜂を見ていたので近くにある事は分っていたが、まさか目の前の土手にあるとは思ってもいなかった。一昨年炭を焼いた土手で、石も木の根もない事は分っていたので簡単に取れると予想していた。しかし、大分昔にはなるが多くの地蜂を飼った経験のある岳父に花を持たせる良い機会と思い、任せる事にした。巣の上の草や土を取るのは流石にやらせる訳にいかず私が行ったが、掘り上げるところは慣れた手付きで嬉しそうに行っていた。
クロスズメバチの巣1

この時期にしては立派な7段もある巣で、重さは610gであった。佃煮にして貰い美味しく頂く事にする。今年は良く巣を見つけるが、他で見つけた2個の巣は2番巣で、もう1個はハチクマが掘ったと思われる巣である。専門ではないが、大分目が慣れてきたのかもしれないので、また見つける事が出来るかもしれない。
クロスズメバチの巣2
tag : 地蜂

鴫立沢

2011-10-07
このモミジが≪シギタツザワ≫とすれば、夏の葉の涼しげを楽しむモミジである。
昨年は余り綺麗な紅葉は出なかったが、今年は何故か一番に綺麗に色付いた。
購入時に名前を覚えていなかったので、調べてみたところ一番近い品種である。

このモミジを最初に見た時は夏で、葉の美しさに 何時か手に入れたいと思った。
昨年の春に良く苗木を購入する植木屋を覗いて見つけ、即購入した次第である。

西行法師が ”こころなき 身にも哀は しられけり 鴫たつ沢の あきのゆふくれ” と詠んだとある。
≪西行法師≫の ”願わくは花のもとにて春死なむ その如月の望月の頃 ”の歌は知っていた。
花が大変好きな歌人が詠んだモミジとなれば、花が好きな私としては 大事にしなくてはと思う。
シギタツザワ



ハナズオウの狂い咲き

2011-10-06
全体ではないが、三ケ所の枝のハナズオウ狂い咲きをした。
昨年は隣のミツバツツジが、やはりこの時期に 狂い咲きをした。
石垣を背にした 日当たりの良い場所なので、咲き易いのだろう。
しかし、来春の花芽が少なくなり、この時期に咲いて欲しくない。
異常気象のせいなのか、寒かったり暑かったり、植物も大変だ。
狂い咲きしたハナズオウ

木工細工

2011-10-05
今日の午前中は、友人と茸採りに行って来た。標高の高い所に行ったが、このところ雨も降らず大分寒くなってきたので、雑キノコが少し採れただけであった。今回の場所は今年最後になるだろうと考えて出掛けたが、結果も良くなくそうなるだろう。
午後は雨降りなので、木工細工を始めようかと思う。材料は直径50cm以上あるの木である。今年の春このの木を伐採した人と交渉し、お盆花台に加工できる材料を手に入れた。まずは丸太を製材所に持ち込み、木の持ち主の分と頂く分の寸法を指定しカットして貰い、製材費はこちらで負担した。
木工細工1

半年掛けて木を乾燥し大分反った板もあったが、ヒビは入らなかったので全ての板が使える状態である。まず始めの作業は、外側の皮を剥く事からである。これほど大きなの木は滅多に手に入らないので楽しみであるが、木工細工は素人なので上手く仕上がるか不安でもある。
木工細工2
tag : お盆 花台

野菊

2011-10-04
このノギクは畑の土手から採って来て庭に植えた物だ。何種類もある菊の原種と思うが、草丈や
葉の形が菊その物である。どの花もそうであるが、原種を改良して花をより豪華に、色とりどりに
して我々の目を楽しませてくれる。なかには改良の結果、種が出来なくなった種類もあるがこの
場合等は花にとっては有難迷惑かもしれない。どの花もその姿を愛でる必要があると思っている。
野菊
tag : ノギク

カモシカとタヌキ

2011-10-03
草花が咲いた記録ばかりでは、変わり映えのない内容だと思っていた。
そこで写真を整理したら、今秋の茸採りで出逢った動物の写真が残っていた。

カモシカは年に1~2回は出逢うので、慌てずに写真に撮る事が出来る。
カモシカも驚きもせず、こちらの動きを見ながら暫く様子を見ていてくれる。

タヌキを間近に見るのは初めてで、川の近くの竹藪で昼寝をしていた。
こちらに気が付いたが逃げないので、怪我でもしているのか心配してしまった。
おそらく、慌てても仕方ないので、タヌキ寝入りで胡麻化していたのだろう。
今年行き会った動物

野紺菊

2011-10-02
ノコンギクは丈夫で庭のいたる所に生えているが、花も可愛いし長持ちするので庭植えには向いている。背丈も50cm程なので、陽のあたらない場所のグランドカバーにもなる。この種類はエゾノコンギクと思われるが、珍しくもなくあちこちの家にある。
ノコンギク
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>