山野草の花芽

2012-03-31
今日は朝から雨降りだが、庭木にとっては恵みの雨である。
窓越しに写真を撮ったが、まだ花がないので華やかさがない。
山野草エリア1

先日、この山野草エリアの落ち葉を片付けたので、今日の雨で苔も綺麗に見える。
ここには十種類以上の山野草があるが、まだヒメシャガの芽が少し出ただけである。
山野草エリア2

ようやく山野草の芽や花芽が確認できる様になってきが、露地物は大分遅れている。
ヤマシャクヤクの芽が一番早く出て来るが、花が付くかはもう少し経たないと分らない。
山芍薬の芽

ショウジョウバカマの花芽は秋の内から付いていて、もう少し経つと大きくなり始める。
猩猩袴の花芽
tag : 山野草

春の黄色い花

2012-03-30
我が家の庭で一番早く咲くのは、福寿草やクリスマスローズではなく黄色いクロッカスだ。
しかし、写真に撮ろうと咲き揃うのを待っていたら(多分)ヒヨドリに大分食べられてしまった。
クロッカス2

紫色も咲きだしまだ咲ききっていないが、今度はヒヨドリに食べられない内に写真に収めた。
クロッカス1

北側の庭の陽当りが悪い所に植わっている福寿草も、ようやく咲きだした。
庭木の傍なので肥料もないので大きな株にならず、花も幾分小さい様な気がする。
福寿草1

やはり春はフクジュソウの黄色い花が一番良く似合う。
福寿草2

この株が咲きそろうと綺麗だと思うので、その頃再度登場して貰おう。
福寿草3


春は黄色い花が多いと思っていたが、先日その話題がTVで取り上げられていた。
理由はまだ十分解っていない様だが、有力な説として虫は紫外線で物を見ていて
黄色い花がより紫外線を反射するらしく、春先の紫外線が弱い時季に黄色い花が
有利で生き延び繁殖しているとの事。
また、黄色い花はどの昆虫にも好かれる色で、春先まだ虫が少ない中で受粉効率
をあげる為に黄色い花が多くなったとも。

道具の手入れ

2012-03-29
木工細工ももう終わりに近付いているので、合間を見ながら道具の手入れを行っている。
チェーンソーの刃の研ぎ方は慣れていないので、研いだ後に切れ味で確認する事にする。
チェーンソーの手入れ

真中の丸ノミは木工に必要と思い昨秋購入したが、ホームセンターの品揃えにはなく専門店で購入した。
丸ノミの研ぎ方が解らず自己流で研いだところ、流石専門店の品で素人でも簡単に切れ味を取り戻せた。
ノミの手入れ
tag : 木工細工

寿司台の制作

2012-03-28
材料の大きさに合わせ、小さい物を五個と少し大きい物を二個、合計七個の寿司台を作った。
菓子鉢に比べて、手間はあまりかからなかったが、初めてなので完成度はまだまだである。
寿司台

初めてのアリ溝加工としては上手く出来たと思うが、色々試したので形は違う。
アリ溝加工

塗装は食物を載せるので、水性のウレタン塗料を塗ったが、初めてなので綺麗に塗れない。
冬場で乾燥がし辛い為かと思って、ストーブを焚いてみたところ、綺麗に塗れる様になった。
表面塗装

ふきのとう

2012-03-27
藤の下に植えてあるミズブキふきのとうが出来ていたが、先日の雪で埋まっていた。
決して日当たりが悪い所ではないし雪も解けたが、寒い日が続き大きくならなかった。
ふきのとう1

この蕗はヤマブキとツクリブキの中間の様な感じの蕗で、一番食べ易い気がする。
週末に幾つか収穫し、風味が良い”ふきのとう入りのスパゲッティ”を作って貰う予定でいる。

ふきのとう2

寿司台の試作

2012-03-26
アリ溝加工を用いた寿司台を試作してみた。
仕上げは食品を載せるので、ウレタン塗装を行う予定である。
寿司台は通常檜を使うので作るつもりはなかったが、桑が茶道具に使われる事から作る事にした。
寿司台試作3

台の高さが少し高いので低くする予定だが、縦横比は大体良さそうである。
残っていた板で作った為少し小さいが、初めてにしては良く出来たと思う。
幾つか作る予定なので、全てが出来上がる頃にはもう少し上達するだろう。
寿司台試作2

竹製糸巻き機

2012-03-25
昨日、もう良いだろうと藁ボッチを外したが、今朝起きると雪が降っていた。
じきに止むだろうし、それ程寒くないので心配はしていないが、これで花がまた遅れる。
この辺りでは四月になっても降る事があり、今日の雪はなごり雪ではなくまだ冬の続きである。
外した藁ぼっち


田中さんの所にストーブの薪にしてくれと、竹製の糸巻き機が持ち込まれた。
見ると、飾り物用に作った物ではなく良く使い込んだ物で、燃やすには勿体無い。
”勿体無いね”と言ったところ、自分も一つあるので持って行って良いと言われ貰って来た。
風除室に置くには少し大きいので、ミニログハウス内に置いたが、上から吊るした方が良さそうだ。
機織り用具
tag : 糸巻き機

ジンがほぼ復活した

2012-03-24
夕方、庭仕事を終え箒を持つと、何時もそわそわしていた。
仕事中は諦めてじっとしているが、終わると散歩に連れて行って貰えるからである。
ようやく元気になってきた最近は、この事を思い出したのか箒を持つと出て来る様になった。
ジンのそわそわ

毛並みは元々良かったが、あのアクシデントの後もしっかり綺麗になって、老犬とは思えない程だ。
撫でてやると尻尾を振り甘える余裕も出て来たので、大変だった18日間の事はもう忘れている様だ。
ジンの毛並み
tag : ジン

アリ溝の加工

2012-03-23
アリ溝加工への取り組みを始めたが、やはり上手くいかない。
まず 小物を加工するので、その固定方法の検討からである。
トリマーの案内や板の固定を工夫し、何とか加工できる方法を考え出した。
左下の試作は形にはなっているものの、本番の加工にはまだ自信がない。
アリ溝加工の練習

少し練習をした結果、勘所は掴めたので何とか物に出来そうである。
雌の溝の寸法は自動的に決まってしまうので、雄の方の加工に気を付けて行うと良さそうである。
アリ溝加工の練習


輪切り材のキートレー

2012-03-22
輪切りにした20枚ほどの桑の木は余り良い材料ではなく、半分ぐらいしか使えない。
5枚を菓子鉢に加工したが、それでもと良い物を4枚を選んでキートレーに加工してみた。
しかし、こちらもまだまだ狂いはありそうなので、仕上げはもう少し様子を見てからとする。

割り切り材のキートレー

ヒヨドリの仕業

2012-03-21
春先に野沢菜のお浸しを食べる為に残して置いた野沢菜の芽が伸び始めた。
路地なので葉が全て枯れ無残な姿になっていたがようやく若芽が伸び出した。
昨日、その場からヒヨドリが飛び立ったので、もしやと思って良く観察したところ
若芽が食べられていた。昨年も糸萱の畑で育てた野沢菜が同じ様にやられた。
野沢菜2

早速ヒヨドリ避けに、キュウリ用のネットを被せたので収まるだろう。
この時季はまだ餌がなくヒヨドリも大変だろうが、他を当たって貰おう。
野沢菜1

輪切り材の菓子鉢

2012-03-20
昨年の春に製材した桑の木の材料が終わってしまった。
田中さんから貰った欅の材料も鉛筆立てと菓子鉢を作って終わった。
まだ庭や畑仕事は出来ないし、姫川の渓流釣りも雪が多そうなので見合わせている。
日本ミツバチの分蜂群取り込み準備は、五月になって始めてもまだ十分間に合うのでまだ早い。

そうなれば、好きな木工細工を行うしかないと、材料を確認したところ輪切りにした桑の木が使えそうであった。
輪切りにすると、水の通り道である道管が表面に多く出て、さらに道管が短いので、木が乾燥し易くなるらしい。
輪切りにした材料はヒビが入り易いし乾燥も十分ではないとすれば、この材料が物になるかどうか心配である。
しかし、丸い形の菓子鉢は輪切りにした材料を轆轤で挽いている事が多いので、様子を見ながら加工してみた。
ほぼ仕上がったこの状態では、今のところ良さそうだが、仕上げはもう少し時間が経ったところで行う事にする。
輪切りの菓子鉢1


貰った桑の木の中では一番細い木だが、年輪を数えてみると20年は経っている。
養蚕が廃れて久しい今、太い桑の木の木を手に入れようとしても、この辺りでは多分無理だろう。
今日は急にお呼びが掛かり、枯れたサワラの木を切りに行って来たので、ブログのUPが遅くなってしまった。

輪切りの菓子鉢2

西の庭の苔

2012-03-19
雪が解け庭の手入れを行いたいところだが、まだ寒い日があるのでもう少し我慢しなければならない。
今年の春は二週間程遅れている様で、植木の花はまだ先になりそうだが、はもう元気な姿をしている。
花が咲きだせばは脇役になってしまうので、今の内に主役として写しておこう。

このスナゴケは陽が当たらない様に石の影に植えたが、石の上にも生え始め趣が出て来た。
西の庭の苔3

このタマゴケで、比較的水がなくても育つので木の根元に向いている。
また、明るい色なので暗くなりがちなの生える所を明るくしてくれる。
西の庭の苔2

アップで撮って見たが、やはり苔だけでは華やかさに欠ける。
また、苔だけを撮る場合は、シノブゴケスギゴケの様に緑の苔の方が絵になる。
ウマスギゴケ、シノブゴケ、ヤマゴケも植えてあるので、その場所が綺麗になったら登場して貰おう。
西の庭の苔4
tag : 西の庭

欅の菓子鉢

2012-03-18
手しごとネット八ヶ岳への出品の為、菓子鉢を追加で作った。
材料は田中さんから貰ったの端材だが、甘皮の部分もしっかりしていたので使って見た。
その為、甘皮の部分が濃い色になり、独特の色艶が出ない製品になってしまった。
しかし、木目に変化があり、むしろ好む人もいるかもしれない。
また、長辺の長さが20cm~25cmの大きさなので、使い勝手が丁度良い大きさである。

欅の菓子鉢

ギガンジュームとニンニクの芽

2012-03-17
大雪も融けて、我が家の庭にも遅いがやって来た。
あちこちで花の芽が出始め庭の手入れをしたくなる。
しかし、まだ雪は降り寒い日もあるので雪囲いは外さなかったが
予想通り雪が降ったので正解だった。

このギガンジュームは二年目だが、ネットで調べたところ植え替えをしない物もある様だ。
一応分球具合を見る為昨年の秋に掘り返したところ、何故か枯れている物もあった。
分球していたので植え替えたが、この辺りでは寒過ぎるのかもしれない。ギガンジュームの芽

ニンニクも元気良くなって来ているので、今年も立派な物が取れるだろうと期待している。
青森産は高いので家で取れると有難がられ、昨年の倍の25本作ってある。
タマネギも植えてみたが、2本しか生き延びていない様だ。
両方ともマルチを張り落ち葉を載せて防寒して置いたがタマネギは寒過ぎてダメなのか
植えたのが少し遅かったか、来年は考えてしまう。
ニンニク1

桑の木の製材

2012-03-16
クラフト市へ木工品を出品している方と話す機会があり ”材料をどの様に調達するか”の話題になった。私はラッキーな事に偶然貴重な桑の木が手に入ったが、皆さん苦労している様子で参考になった。そこで、労せずして手に入った事に感謝しなければと、貰った木で作った菓子鉢と、前回と同じく日本ミツバチの蜂蜜を持ってお礼に行ったところ、菓子鉢の作り方に花が咲き、蜂蜜も美味しかったとの事で大層喜んで頂けた。
頃合いを見て、以前より長い物があればと持ちかけたところ、もうじき薪にしてしまうので欲しいなら持って行って良いと言ってくれた。もう良い木が残っていなかったが、山積みの桑の木の中から掘り返し、以前より長い物などを選んで数本を持ち帰った。早速製材したところ、割れている所も少しはあるがほぼ使える材料であった。
桑の木の製材1

長い物は曲がっているが、かえって杢目が綺麗で楽しみである。
この長い板は、電話を載せる飾り棚の天板と中段の板にする予定だ。
切ってから2~3年経っている木なので、来冬の作業に間に合いそうだ。
桑の木の製材2

鉛筆立て

2012-03-15
鉛筆立ては自家用に桑の木で一つ作ったが、手しごとネット八ヶ岳のクラフトコーナーへも出す様に追加で作成した。
乾燥した桑の木はもう終わったので、田中さんから欅の端材を貰ってきたが、端材なのであまり良い材料でない。
贅沢を言える立場ではないが、お金を受け取る人ではないので、お返しに蜂蜜をあげたところ喜んで貰えた。
この様に、日本ミツバチの蜂蜜は、貴重である事を知っている人に、お礼に上げるのには重宝する。
さて、小さい物の加工は大変で、特に丸ノコでの加工は切創事故が多いので、注意が必要だ。
この様な作業は、作業台に冶具を用いて確実に固定し、慎重に作業をする様にしている。

鉛筆立て

ホワイトデー

2012-03-14
今日はホワイトデーであるが、何も準備はしていなかった。日頃の感謝も言葉に出す方ではないので、何かないかと考えてクッキーを焼いてみる事にした。初めての挑戦なので作り方が解らず、まずはネットで調べるとバター無しレシピがありこれに決めた。まずはレシピ通りに分量を量り、手順通りに進めたが形にするのが上手くいかない。型を探したが見つからず形が悪いが、手作り感があって良しとしよう。試食してみたところなかなかいけるが、サプライズが受けるかどうか・・・手作りクッキー

手しごとネットへの出品

2012-03-13
昨日から八ヶ岳自然文化園内にある、手しごとネット八ヶ岳の新年度がスタートし、出品する運びとなった。
早速展示に行ったところ数名の方が既に展示してあり、始めての自分の作品の展示に感慨深かいものがあった。
手しごとネットへの出品

この竹炭は、500g入りで500円である。             日本ミツバチの蜂蜜の価格は1g10円以上する。
竹炭は元々品質があまり良くないので安目の設定である。   この蜂蜜は品質が良いので、160g2000円とした。         
蜂蜜と竹炭の展示

木工品の材料としての桑の木は貴重で、価格設定が難しい。
花台が1500円、キートレーが2000円、菓子鉢を3000円とした。
手間を考えれば割に合わないが、逆に売れ行きが心配である。
木工品の展示

いよいよクラフトマンの仲間入りとなった。
既に60個程の木工品を作ったが、それでも木工細工が飽きない。
材料も仕込んであるので、天気の悪い時などは工房のミニログハウスにこもって続けられそうだ。

tag : 木工細工

三光寺の寒紅梅

2012-03-12
昨日は朝から地区の用事があったので、終わるのを待ちかねて
諏訪地方では一番早く咲くと言われる、富士見町の三光寺寒紅梅を見に行ってきた。
三光寺の寒紅梅1

急に思い立って写真に撮りに行ったが、有名なので一度は見たかった寒紅梅だ。
このところ少し寒かったせいかまだ五分咲きだったが、久し振りに見る春の花に暖かさを感じた。
三光寺の寒紅梅3

掃除が行き届いた庭に昨日降った雪が所々残り、陽当たりの良い所には福寿草が咲き、中々の風情であった。
お説教看板に書かれている内容も解り易くて、つい撮ってしまった。
三光寺境内1

写真を撮る人も、境内を散策する人もなく、静かなひと時を過ごす事が出来た。三光寺境内2


tag : 寒紅梅

サンシユの花

2012-03-11
オオスズメバチの巣を取る時に切ったサンシユの枝を、室の中に入れて置いたがやっと咲きだした。
12月の20日に室の中に入れ、じきに咲くのではないかと思ったが、中々蕾が膨らまなかった。
日の長さが影響しているのか、それともこのところの暖かさがやはり良かったのか分らない。
サンシユ1

以前、剪定した桜の枝を貰って来て、日当りの良い所に置いてみたが咲かなかった。
室などに入れて温度と湿度を保ち、更に陽が当たらないと咲かないのかもしれない。
徒長枝とは言え、花芽を付けた枝を切ったので、何とか咲かせ飾れたので良かった。
サンシユ11
tag : サンシユ

カミ雪

2012-03-10
時ならぬ大雪だが、これがカミ雪で、この時季には必ずと言う程降る。
春が近い証拠ではあるが、重い雪がこれだけ降ると雪かきも大変である。
(カミ雪に貼ったリンクは、この近くにお住まいの蒲田医師のブログである)
3月10日の大雪2

今年一番の大雪だが、考えてみればすぐ溶けるこの時期で有難い。
窓越しに見る雪の風景は良いのだが、これから二度目の雪かきだ。
3月10日の大雪1

植木にとって春先の雨や雪は水分補給が出来有難い筈だが、この時季の雪は着雪するので迷惑だろう。
しっかり倒れている竹の心配は要らないが、庭木はこれから枝の雪を落としに出る事にする。
3月10日の大雪3

藤の剪定

2012-03-09
フジ剪定の仕方を間違えると花を付けないので、気を付けないといけない。
広葉樹は葉が落ちてから剪定すれば間違いはないが、冬期間に枝が枯れ込む事もあるので工夫が必要だ。
昨年の秋に葉が落ちてから、見栄えの悪い大きく伸びた枝だけを剪定して置いた。藤剪定前

今日は最終の剪定となる、花芽の数を減らす作業を行った。
もう少し暖かくなると芽が膨らみ始めるので、その様子を見ながらやるのがベストだ。
しかし、こうも暖かくなるとついやりたくなってしまい、枝の様子も見ながら注意深く行った。
初めてから気が付いたが、フジの木の下にあるフキに ”ふきのとう”が出始めていたので早くやって良かった。
藤剪定後
tag : フジ 剪定

ポインセチアの引き上げ

2012-03-08
昨年末から望岳の湯のロビーに展示して貰っていた、ポインセチアを引き上げて来た。普通の物に比べて大きいので目を引くらしく、大分評判が良かった様である。一緒に飾ってあった金のなる木はまだ飾ってあったので、これも置いて貰う手もあったが、緑の葉はすべて落ち、赤い葉(苞)だけになっていて少し見栄えが悪くなったので、潮時だろう。育て方を聞く人は余りいない様だったが、ネットでポインセチアの育て方を見ると難易度が高くなっているので、この辺りではやはり難しいかもしれない。
鏡に映っているポインセチアは一昨年手に入れた物だが、この時季になっても緑の葉が落ちないので、これを大きくしたいところだが、品種改良された物なので上手くいくか分らない。
引き揚げたポインセチア

啓蟄に合わせて

2012-03-07
昨日は本当に暖かな日で、日陰の雪もほぼ融けた。
啓蟄も過ぎ、合わせた様に日本ミツバチも元気良く活動していた。
糸萱の庭には雪が少し残っているが、暖かさに誘われて多くの蜂が顔を見せてくれた。
巣に絡めてある白い網はヒヨドリ避けで、これだけで怖がって寄って来ない。
日本ミツバチ3

多くの蜂が忙しそうに出入りしていて、良く見ていると蜂蜜の蓋の屑を持ち出している。
手前の大鋸屑の様な物がその固まりで、冬の間は貯めた蜂蜜を食べるのでこの屑が排出される。
日本ミツバチ2

自宅近くの畑に置いてあるこの巣は、蜂の出入りが一番活発である。
何処に花があるのか、足に黄色い花粉を付けた蜂が2匹見える。
半年振りに見る光景で、いよいよ蜜蜂達の季節がやってきた。
日本ミツバチ1

欅の菓子鉢

2012-03-06
乾燥した桑の木がなくなったので、田中さんからの端材を貰って来て菓子鉢を作った。
端材なので割れている所を避けて、何とか大小合わせて四個の菓子鉢が取れた。
厚く大きい材料で、しかもは硬いので、菓子鉢に加工するには大変だった。
欅の菓子鉢2

材料の厚さを活かし、内側を深く外側は斜めに加工してボール型にした。
この材料は表皮に近い部分なので柔らかく、この様な加工が出来た。
材料によって杢目の出方も様々だが、やはりの木目は綺麗だ。
欅の菓子鉢1

春は近いか

2012-03-05
指物師の田中さんの作業場の庭は、日当りが良いので福寿草が早く咲く。
まだ雪が降るこの時期には、雪の中に咲く姿が撮れるので、今年も撮らせてもらった。
家の庭の福寿草はまだまだ咲かないし、今日もまた雪降りなのでさらに遅れる。    
福寿草

白樺湖周辺では雨氷が綺麗にできる事があると聞いた事がある。
何時か撮って見たいが、何時出来るのか予想しながら朝早くから待機しないと撮れない筈だ。
まだその根性がないし、本当に良く出来るかその情報も定かではない。
庭の枝垂れ桃の枝に出来た雨氷を撮って見たが、やはりこの位では迫力がない。
春先に出来易いと思っていたので、季語は春かと思って調べてみたら冬だった。
雨水の季語が春なのでその影響が強く、雨氷が出来る時期や季語の間違いに繋がった。
しかし、確実に陽射しは強くなっている。
雨氷

名刺の更新

2012-03-04
今年木工細工を始めたので、その写真を載せる為、名刺をリニューアルした。
八ヶ岳の写真は一昨年に撮影したものだが、その後は綺麗な朝焼けはない。
松茸採りの写真は昨シーズンのベストショットで、本数も平均よりは多かった。
渓流釣りは一人で行く事が多く写真が少ないので 入れ替える事が出来ない。
光沢紙に印刷しているが、厚くなるのでスーパーファイン紙にしたいところだ

名刺2012
tag : 名刺

ジンの散歩

2012-03-03
ジンが帰還してから今日で一ヵ月が過ぎ、元の体重の2/3位には戻った感じだ。最近は朝晩の二食にしているが、元気が出て来た様で、巣から出てきて催促する様になった。大分元気になったので今朝は三回目の散歩だ。
ジンの散歩2

太ってきたので服が小さくなりきつそうなので取る事にした。臭いを嗅いだり走ったりもう元に戻った様に見える。
ジンの散歩1

このポイントは毛が生え変る時期にブラッシングを行う場所で、北風が当たらず冬でも暖かいので休憩も良くする。
ジンの散歩3

tag : ジン

木工細工のまとめー2

2012-03-02
桑の木は良い形の物が少なく、製材してみないとどの様に使えるか分らない。その貴重な桑の木の形を生かす事が出来、材料もほとんど無駄にしなかった。無駄にしたのは菓子鉢の底を薄くし過ぎて、使い物にならなくなった一つだけである。これは工程を逆にして高台を先に加工した事により、表を仕上げる厚みがなくなってしまった事が原因で、慣れてきて油断したが故の失敗である。

製品を作る上でデザインは非常に大きなウエイトを占めるが、今回製作したキートレーを田中さんが真似たのでその事を発案者に伝えたところ、「デザインは真似さられる位でないと価値がない」と言われ、なるほどと感心した。田中さんはコースターが主だったが、私の製品を見てこのところキートレーを真似たお絞り置きや菓子鉢も作り始めた。
菓子鉢・キートレー

作っている物は手作りの一品物であり聞こえは良いが、材料に合わせて作っているだけなので、それ程オリジナリティがある訳ではない。しかし、轆轤で作る挽き物とは違い、確かに同じ製品はできないし手間も掛かる。番外ではあるが製品の幅を広げる為、字を彫った行き先表示板も作った。これらは自家用として使っていて、木で作った物はぬくもりがあって気に入っている。鉛筆立て、表示板、靴べら掛けは材料に合わせ作った物で、もう作る事はないと思う。
一品物

数多く作った以下の菓子鉢、花台、キートレーは、手しごとネット八ヶ岳で販売する事にした。このクラフトコーナーでは西洋ミツバチの蜂蜜も売られていたので、木工品とともに日本ミツバチの蜂蜜と竹炭も販売する事にしている。
出品物
キートレー

今まで作った製品の一部を、昨日と今日の2回のブログに分けて再掲載した。もう一種類作る予定でいるが、初めてで難しいアリ溝の加工があるので、仕上がるのは大分先になると思う。クラフト市の販売が好調ならば、来シーズン用に用意した乾燥中の材料に手を付ける事になるが、それは皮算用になるだろうと覚悟している。

<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>