斑入り植物 その五

2012-05-31
人気の斑入りのフウチソウだが、希に斑入りでない種類も売られている事がある。
鉢で玄関に飾っていたが、路地に放したところ、寒いこの地でも株が増えた。
斑入りの風知草

 斑入りイタドリの新芽はこんな色をしている。        成長すると胡麻斑になるが、少し変化し始めている。
斑入りイタドリ

ミズヒキはまだ葉が大きくならず綺麗ではないが、成長すると胡麻斑となる。
斑入り水引
tag : 斑入り

桜蘭の開花

2012-05-30
何年も咲かなかったが、昨年初めて咲いたサクラランが今年も咲きだした。
一度咲いた花茎にまた花が咲くので、今年は更に蕾の数が増えこれからが楽しみだ。

こちらは蕾が大きくなり始めた頃で、約二週間前の写真である。
桜蘭の蕾
色と形がなんとも愛らしい花である。
桜蘭の開花
tag : 桜蘭

庭の様子

2012-05-29
我が家の庭は、今が一番華やかなので写真に収めた。
玄関から見た、ボタン、咲き分けのツツジ、オオデマリである。
玄関

表の庭には、四本のボタンが咲き揃っている。
表の庭

山野草のコーナーでは、白と紫のヒメシャガが満開である。
ヒメシャガ

ロックガーデンも大分賑やかくなったが、まだ植え込むスペースがあるので、順次増やしていきたい。
ロックガーデン

このデロスペルマ コンゲスタは名前を忘れ、畑の近くにある種子銀行と言う名の園芸店で再度聞いてきた。
ここは多くの高山植物や山野草の種を扱っているが、看板を出していないので一般客は来ない様である。
それにしても、種子銀行とはすごい名前を使っているが、店主に話を聞くと納得がいく凄い方である。
デロスペルマ コンゲスタ

西側の庭は、このボタンと雨に濡れた鉄平石が良い雰囲気を出している。
牡丹4
tag : 庭の様子

咲き揃った牡丹

2012-05-28
ようやくボタンが咲き揃い、庭が華やかになった。
この島錦は絞りが咲く時もあるが、今年は色が薄い物があるだけでる。
牡丹2

こちらは赤いボタンで、鮮やかさは一番良い。
牡丹3

この牡丹色は通常一重が多いが、これは八重で豪華である。
牡丹色

それぞれ色や形が違っているが、やはりボタンどれも綺麗である。
牡丹1

tag : 牡丹

二回目の分蜂

2012-05-27
昨日、一昨日分蜂した巣から二回目となる分蜂があった。
12:00から始まったので、昼食を取りながら動きを注意深く観察した。
前回と同じ場所に集結し始め、前回よりはスムースに終結が終わった。
二回目の分蜂1
しかし、垂木が邪魔をしてこのままでは一つの蜂球になりそうもない。
日本ミツバチ飼育の先輩に相談し、二つを同時に飼育箱へ入れる事にした。
上手く合体でき、残った蜂も徐々に飼育箱に入って行ったので取り込みが成功した。
二回目の分蜂2
低い場所に留ってくれるのは良いが、泥板には隙間があるし、垂木は邪魔をしたりで取り込み辛い。
今日もキイロスズメバチがまた二匹寄って来て邪魔をするので、虫取り網で捕らなければならない。
その度に色々あるが、今年の留る場所が同じ所であったり、慣れて来た事もあり余裕で観察できた。

山に置いた巣にも入っていたので、昨日の夕方持ち帰った。
今年はこれで3個の群が増えた事になり、良い滑り出しである。

花満開 その五

2012-05-26
ライラックにも何種類かあるが、やはりこの種類が一番良いと思う。
日本名でムラサキハシドイと言うので、やはり紫が一番似合うのだろう。
ライラック

オオデマリに似たスノーボールは花の持ちが良いが、オオデマリは早く散ってしまう。
田中さんのスノーボールの木から取り木をさせて貰ったが、成功したかどうかは来年の春に判る。
こちらが一週間前の花の色で、まだ緑掛かっている。
オオデマリ1

咲き始めて一週間経つとこの様に純白の花になる。
オオデマリ2

ブルーベリーは花も可愛いが紅葉も綺麗であり、勿論実も美味しい三拍子揃った植木?である。
ブルーベリー2


ヒヨドリに花を食べられない様に、木を丸ごとネットで覆った。
勿論実も食べられない様に、このまま実が終わるまでセットして置く。

ブルーベリー3
tag : 花満開

日本ミツバチの分蜂

2012-05-25
昨日、今年初めてとなる日本ミツバチの分蜂群の取り込みが出来た。
午後13:30に始まったが、何時もとは少し違う飛行なので少し不安になった。
分蜂開始

飛んでいる蜂が段々少なくなってきたので、小屋の軒先を観てみると小さな蜂球が二個で来ていた。
これではいつ移動したか分らないと、蜂の飛行の変化に気が付かなかった事が理解できた。
14:30に二個の蜂球が一つになったので、用意してあった飼育箱に取り込んだ。
蜂球

しかし、取り込んでみると群が小さかったので、二度目の分蜂かもしれない。
注意深く見ていたつもりだが、一度目を逃した事が少し悔しい。
ともあれ、今年初めての分蜂の取り込みが出来た。
後は逃去しない様に祈るばかりである。
取り込み完了

今年は、この辺りのキイロスズメバチが、当たり年かもしれない。
既に10匹程親蜂を捕獲しているし、昨日も分蜂時に4匹が寄ってきた。
秋になって巣が襲われない様に、今の内に何とか捕獲して置きたいところだ。

藤と牡丹

2012-05-24
今年のフジは良く花が付いた。
剪定した効果で、花の大きさも長い。
昨年は少し物足りなかったが、今年は豪華だ。
藤1

まだ寒い日があり、日本ミツバチの分蜂が始まっていない。
新しい巣に入れば庭に置きたいと思っているが、それまでフジの花が持つかどうか。
藤2

ボタンが咲きだし、庭が華やかになってきた。
家には6本のボタンの木があるが、まだ花の数は少ない。
ここには二本植えてあるが、色や形が似ているので植える場所を間違えた様だ。
牡丹1

これは岳父が三年掛かりで子を取ってくれたボタンで、昨年の秋に移植した物だ。
四つの花芽が付いたが、まだ木が小さいので二個摘み取り、木への負担を減らした。
牡丹2

このボタンは咲き分けとなる島錦だが、赤い蕾だけが先に咲いた。
他の白いボタンもまだ咲かないところを見ると、赤い方が早く咲くのかもしれない。
牡丹3

tag : 牡丹

ハナイカダとクジャクシダ

2012-05-23
ハナイカダは思い出深い植物なので、植木として裏庭に植えている。
小学校を卒業する春、学校の近くへハイキングに行った時に初めて見た。
花筏1

初めて見た時、この姿を不思議に感じた事を今でも覚えている。
その後何年か経って、そこを訪ねたが見つける事は出来なかった。
これは雄の木で、その時見た雌の木が欲しいが未だに手に入らない。
花筏2
クジャクシダが今年も綺麗に羽根を広げた。
若芽の時の色は通常は緑色だが、赤い物もある。
クジャクシダ1

その名の通り孔雀が飾り羽を広げた姿に似ているが、良く似たアジアンタムよりはっきりしている。
幼少の頃、山にワラビ採りに行った時に見て、いずれは家の庭に植えたいと思った事を覚えている。
クジャクシダ2

金環日食

2012-05-22
昨日の金環日食は、観察用のメガネを使って観るだけの予定であった。
急に撮影したくなり撮って見たが、やはり準備不足でくっきり撮れなかった。
金環日食1

ならば木漏れ日を撮ろうと、庭のあちこちを観て廻り、鉄平石に映った影を撮った。
こちらも予行演習をせず、行き当たりばったりで、結果は気に入るものが撮れなかった。
金環日食4

何とか撮ろうと、近くの公園に行ったところ数人の人が撮影していた。
少し芸術的にと、緑のドアを入れ、壁に映った木漏れ日を撮影してみた。
金環日食
tag : 金環日食

斑入り植物 その四

2012-05-21
ホトトギスも園芸店で購入したが、あまり綺麗な斑の入り方ではない。
斑入りの杜鵑

庭に植えているアマドコロは斑入りが多いが、山にある物には斑が入っていない。
アマドコロとナルコユリの違いを調べてみたが、やはり良く似ている。
アマドコロ
下草用に購入した斑入りのツルニチソウである。
花も綺麗だが、やはり斑入りはアクセントになる。
斑入りの蔓日草
tag : 斑入り

エンジュとナツハゼ

2012-05-20
エンジュはこの新芽の銀色を楽しむので、この時季に登場して貰った。
我が家では鬼門の位置に三本植えてあり、その下で茸の栽培を行っている。
リンクを張ったエンジュの資料によると
 ”周の時代(2000年位前)の宮廷の庭には3本のエンジュが植えられていて
 朝廷の最高位にある三公はそれに向かって座ったという。
 また、学問と権威のシンボルとされ、最高の官位は「位(かいい)」と称された”
と書かれている。
北京で枝垂れエンジュを見た事があるが、やはり珍重されている様子だった。
日本では床柱に使われるが、家の木が床柱になるには後何十年も掛かる。
エンジュ

庭木にする人は少ないナツハゼである。
新芽の時季にハゼの紅葉の様な色なので、この名前が付いた。
紅葉も結構綺麗だが、やはりこのナツハゼはこの時季に登場して貰うしかない。
夏ハゼ

斑入り植物 その三

2012-05-19
ヤブカンゾウは田んぼの土手に良くあるが、斑入りは多分見つからないだろう。
庭に植えている人から譲って貰ったが、他の家でも見かけた事がある。
斑の入り方にも色々あるが、この白と緑がなんとも清々しい。
斑入りのヤブカンゾウ

フキもいたる所にあるが、斑入りは見た事もない。
これは、増えすぎて厄介になって取り除いた物を貰って来た。
斑入りの蕗


この斑入りススキは、白州にある道の駅横の園芸店で購入してきた物だ。
良くある矢絣模様とは違って、すっきりした縦縞が綺麗なので気に入っている。
斑入りの芒
tag : 斑入り

駒草と礼文草

2012-05-18
ロックガーデンのコマクサとレブンソウが咲き出した。
この春も幾つか植え込んだので、段々賑やかになった。
駒草1

やはり山野草の女王と呼ばれるコマクサは綺麗だ。  レブンソウも丈夫で、毎年咲いてくれる。
駒草と礼文草

いよいよ日本ミツバチの季節

2012-05-17
寒かった今年の冬を持ちこたえ、残った二つの日本ミツバチの巣である。
昨年の秋欲しいと頼まれ譲った巣も越冬出来たので、合わせて三群が残った事になる。
日本ミツバチの巣

やっと暖かくなってきて、分蜂に備え蜜蜂達は大忙しである。
黒くて少し大きい蜂がこの春に生まれた雄蜂で、この時季に現れる。
ミツバチの様子

分蜂群が一旦留まる宿を、この春伐採して欲しいと頼まれた桜の木を使って作った。
そのつもりで伐採しなかったので後で修正し、形は良くなったが気に入って貰えるかどうか。
分蜂時の宿

斑入りの擬宝珠

2012-05-16
ギボウシはヨーロッパの花壇に良く植えられていると聞いた事がある。
花はそれ程目立たないが、一年中綺麗な葉をしているので使い勝手が良いのだろう。
ギボウシ2

これは一番初めに手に入れたヒメオウゴンギボウシである。    斑入りを探しながらいつの間にか種類が増えた。
ギボウシ1

このオオバギボウシが一番大きくなる種類で、草丈は50cm以上になる。
ギボウシ3

tag : ギボウシ

斑入りの杜若 文目 菖蒲

2012-05-15
カキツバタ本来の環境に近い状態に植え替えをして、二年目となった今年は、株も大分増えた。
この調子ならば、後二~三年で隙間もない程の株になり、花も多く付けてくれる事だろう。
カキツバタ1

花の期間は短いものだが、斑入り植物は一年中その葉の姿を楽しむ事が出来る。
カキツバタ2

アヤメとショウブの斑入りもあるが、花を見ないとその違いが分らない程良く似ている。
見分け方が良く分るサイトを見つけたので、他の人に教えれれる様に再確認しておこう。
左がアヤメ、右がショウブで、どちらも乾いた所で良いが、カキツバタは水性植物である。
斑入りの菖蒲と菖蒲

青い花 三種

2012-05-14
ムスカリの良いところは、この鮮やかなコバルトブルーである。
また、花の期間が長く丈夫なので花壇に植えるには丁度良い花だ。
ムスカリ

下草に良いと思い植えた、ツルニチソウが花を付け始めた。
草丈が短く丈夫で蔓を良く伸ばすので、下草にもってこいだ。
蔓日草

このオダマキの色も綺麗な青で、昔からある花だが人気がある。
特に最近は色々な種類が増えてきて、苗も良く売られている。
オダマキ

撮影してみて気が付いたが、この造形美は素晴らしい。
オダマキ3

雪餅草と八重咲き一輪草

2012-05-13
の春、J-マートでユキモチソウとウラシマソウを購入した。
このユキモチソウは咲いたが、ウラシマソウは芽が出なかった。
葉に斑が入ったマムシグサがあったが、どうも絶えてしまった様だ。
テンナンショウ属の三種類が同時に咲けば面白かっただろうに残念だ。
雪持草


今年もヤエザキイチリンソウが可憐に咲いた。
まだ花が少ない山野草コーナーで、この白色が目立っている。
山にあるイチリンソウはいつの間にか耐えたが、こちらは丈夫である。
八重咲き一輪草
tag : 雪餅草

ホダ木の花と雉鳩の巣

2012-05-12
用意して置いたナメコのホダ木に、桜の花が咲いた。
この木は昨年の秋に伐採した筈なので、本当に強い物だ。
桜のホダ木に咲いた花

強いと言えば、庭のニッコウヒバの木に巣を作ったキジバトは、人が居ても警戒している様子もない。
逆にこちらが庭の手入れを遠慮している位だが、それほど長い期間ではないので何とかなるだろう。
キジバト

木の生命力の強さにあやかってナメコが沢山出来てくれればと願いつつ、鳩が無事巣立てる様に見守る事にしよう。

一人静と黒百合

2012-05-11
名前の響きが良いのか、人気の山野草である。    派手さはないが、姿は可愛いしやはり白い花は清楚である。一人静

昨年購入したクロユリが咲いてくれた。   それほど綺麗ではないが、こちらも人気の山野草である。
クロユリ

花満開 その四

2012-05-10
ハナカイドウが咲き出し、木がピンクに染まった。
咲き方や花の様子も桜とは違うが、こちらも華やかだ。
ハナカイドウ

姉から貰った白色のハナズオウが今年初めて咲いた。
隣りのピンクは寒さのせいか、木が枯れてしまった。
根元から新しい芽が出ているので、根は助かった。
白とピンクが揃って咲くのは大分先になりそうだ。
白花ハナズオウ

チシオモミジは春の芽吹きのこの赤を楽しむので、花としてこの時季に登場だ。
チシオモミジ


tag : 花海棠

碇草 三種

2012-05-09

 このイカリソウは園芸種なので丈夫で増えている。        野生の物より色が綺麗で、花の形も碇に見える。
イカリソウ1

  このイカリソウも園芸種で良く花を付け、葉の模様もしっかりある。    しかし、花は碇には見えない。
イカリソウ2

  この白色のイカリソウは、昨年田中さんから貰った株である。
  大きな株だったので、移植後でも多くの花を付けた。
イカリソウ3

tag : 碇草

実の生る木の花

2012-05-08
ホンスグリの花は黄緑色で目立たない。
花のピークは過ぎているので、綺麗な花がなかった。ホンスグリの花

クサスグリの花は小さく目立たないが、房状なので賑やかだ。      良く見ると花弁が反りかえっていて可愛い。クサスグリの花

昨年は少ししか実が付かなかったハスカップだが、今年は多くの花を付けた。
ハスカップの花

いずれも緑の花で目立たないが、虫を当てにしなくても実付きが良いのかもしれない。

花満開 その三

2012-05-07
今年のアズマシャクナゲの数は極端に少ない。
多く付いているのは玄関にあるこの一本だけである。アズマシャクナゲ2

シャクナゲは咲き始めのこの状態の方が、ピンクが濃く綺麗である。
アズマシャクナゲ3

一昨年、富士見のJAで購入した二本のプルーンの内の一本に、多くの花が付いた。
しかし、もう一本には二個しか付かなかったので、受粉が上手くいくか分らない。
プルーンの花

三本あるヒカゲツツジは、全て昨年より多くの花を付けた。
まだ植えてから三年目なので枝が少なく、まだまだ豪華さには欠ける

ヒカゲツツジ


tag :

ロックガーデンの花

2012-05-06
一番早く咲いたのは、この桜草だが名前は分らない。
洋種でしかも高山植物だったと思うが、どうも覚えられない。
洋種の桜草

このヤクシマキンバイは昨年近くの人から貰った物だが、元気に育っている。
ロックガーデンの縁取りに使っているが、十分その役目を果たしている。
ヤクシマキンバイ

コマクサとレブンソウにも花芽が付いているので、これからが楽しみだ。

岩八手

2012-05-05
このイワヤツデは山野草を育てている姉から貰った物で、本家より大きな株に成長した。
岩八手1

イワヤツデと呼ばれるのは葉がヤツデの様な姿をしている為で、一年中綺麗である。
花のてっぺんが僅かに赤いので、別名を丹頂草と呼ばれるがそれ程目立たない。
岩八手2

花満開 その二

2012-05-04
ユキヤナギは何時も綺麗に咲いてくれる。
花が咲いている期間は短いが、この枝垂れ具合が良い。
雪柳

今年のミツバツツジの花は少ない。
花や実を付ける木は、一年おきに良い年と悪い年を繰り返す事がある。
ミツバツツジ

昨年実を三つ付けたネクタリンは、昨年より多くの花を付けた。
上手く受粉していれば良いのだが、蜂が来ている様に見えなかった。
ネクタリン

花桃

2012-05-03
実生で増えた三本のハナモモの内の一本が、今年初めて咲いた。
前の家のハナモモの種からと思われ、空き地の時代に芽生えた事になる。
ハナモモは、この枝垂れの咲き分けが一番好きなので、図らずも手に入り有難い。
花桃


仕立て易い木なので、三段にして豪華な感じにしたいと考えている。
それにしても3~4年で花を付けるとは、桃栗三年と言うのは本当だ。
ハナモモ2
tag : ハナモモ

片栗二種

2012-05-02
キバナカタクリの花が咲き、一際賑やかだ。
普通のカタクリに比べ、こんなに大きな株になる。
こうなるとカタクリらしさがないが、丈夫な事は有難い。
黄花片栗1

花はカタクリの形で、反りかえった姿が可愛い。
黄花片栗2


普通のカタクリは、この一輪しか咲かない。
芽は他にもあるが、段々小さくなっている様な気がする。
この場所が合わないのかもしれないが、移植するか迷うところだ。
庭の片栗
tag : 黄花片栗
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>