ハナチダケサシ

2012-06-30
この山野草の名前は知らなかったので、調べたところハナチダケサシとの事だ。
シモツケソウトリアシショウマに良く似ているので、区別が難しい。
ハナチダケサシ3

ハナチダケサシと思うが、何時何処で手に入れたのか分らないので定かではない。
ハナチダケサシ

意外にも香りが良いので、切り花にも良さそうだ。
ハナチダケサシ1

早速桑の木で作った一輪挿しに生けてみた。

ハナチダケサシ4
tag : 花乳茸刺

梅花空木

2012-06-29
一昨年植えた、斑入りのバイカウツギに今年初めて花が付いた。
綺麗な斑が入った若い枝があったが、伸びすぎたので剪定してしまった。
梅花空木3

もう少し大きく仕立てれば葉の斑も楽しめるし、花がも楽しめるだろう。
それには植えてある場所も変更せざるを得ないが、来春までに決めるとしよう。

梅花空木1
tag : 梅花空木

ネクタリンとプルーンの実

2012-06-28
昨年は4個の実を付けたネクタリンだが、今年は多くの実が付いた。
付き過ぎたので大分摘果したが、それでも30個ほど付いている。
様子を見ながら、更に摘果しなければいけないかもしれない。
ネクタリンの実

木が大分しっかりしているプルーンだが、それぞれ一個ずつしか付かなかった。
片方の木には花が2個しか付かなかったので仕方ないが、もう一方の木にはがっかりだ。

プルーンの実

透百合

2012-06-27
この鮮やかなオレンジのスカシユリが一番早く咲きだす。
他のユリはまだ蕾が小さいので、咲くには時間が掛かりそうだ。
スカシユリ1

上向きに咲くが、花弁が透けているので雨水が溜まらない。
名前の由来は、この花弁の透かしから来たと言う事だ。
スカシユリ2
tag : 透百合

苔盆栽

2012-06-26
苔盆栽にも良い季節となってきた。
少し前に撮影した物だが、折角なので登場して貰った。
苔盆栽1

このイカリソウの苔玉は作って10年近く経っているが、毎年小さい花を付ける。
苔盆栽2

現在は少し趣が変わって葉も多くなり、清々しい感じが出ている。
ベニチガヤや斑入りイタドリは、苔盆栽に向いていないのか段々小さくなっている。
苔盆栽4

一度枯れそうになったハクチョウゲの花が咲き始めた。
石に穴をあけて植えこんである為、根が張り過ぎ弱っていると思う。
苔盆栽3

花や葉が小さいので盆栽には向いているとは思うが、あまり見た事がない。
ピンクの小さい花が可愛いが、残念ながら花は2~3日で散ってしまう。
苔盆栽5

昨年までここに置いた鉢植えのモミジは地に放した為、今はこの苔盆栽を飾っている。
苔盆栽4

こちらは自然にできた苔盆栽だ。
水道配管の弁らしき物から水が漏れ、そこに苔や柳が育った物だ。

自然の苔盆栽
tag : 苔盆栽

シモツケの花

2012-06-25
今年はシモツケの花を咲かせる事が出来た。
何時もは花芽を虫に食べられ、花を見る事はなかった。
今年は消毒をしたり、付いていた青虫を取り除いた事が良かった。
シモツケ3

全体的にはまだ花が少ないが、それでも大きな花房は見事だ。
シモツケ1

この柔らかなピンクが、桜デンブを連想させる。
シモツケ2
tag : シモツケ

バレリーナ

2012-06-24
バレリーナが咲き揃ったが、まだ蔓が伸びていないので、こじんまりとしている。
元気な新芽が伸びるとバラゾウムシにやられてしまい、中々良い枝が出来ない。
庭木にはあまり肥料をやらないし消毒も滅多にしないので、花物は出来が悪い。
バレリーナ3

豪華なバラではないが、それでも近くで見ると可愛い花である。
バレリーナ1

柔らかいこのピンクがやさしい感じで良いが、すぐ褪せてしまう。

バレリーナ2

赤松の手入れ

2012-06-23
日本ミツバチの分蜂群取り込みが一段落したので、アカマツの手入れを始めた。
通常春行う作業はミドリ摘みが主だが、揉み上げや整枝も一緒に行っている。
小さいこのアカマツは半日もあれば仕上がるが、大きいアカマツは大変だ。

赤松の手入れ
tag : 赤松

大山蓮華

2012-06-22
昨年の春購入したオオヤマレンゲに、一つの花が咲き始めた。
オオヤマレンゲ1

この白さと、下向きに咲くところが何とも言えない。
大山蓮華2

本当の名は、オオバオオヤマレンゲとの事だが、オオヤマレンゲと呼んでいる。
後2~3年経てば木がしっかりして、多くの花を付けてくれるだろう。
大山蓮華3
tag : 大山蓮華

姫瑠璃虎の尾と駒草

2012-06-21
ヒメルリトラノオはベロニカ・スピカータとの事だが、ヒメトラノオと呼んでいる。
この春、山野草の所にあった物をロックガーデンに一株だけ移した。
草丈が低いので、ロックガーデンに良く似合う。
姫瑠璃虎の尾

コマクサは見事な株になり、良く花が付いた。
この分だと実生で多くの芽が出そうだ。

駒草

銀盃草

2012-06-20
昨年の春、伯父さんから貰ったギンパイソウは今年は芽が出なかった。
環境が悪い所でないと育たないと言われたので、ロックガーデンに植えた。

昨年も植えた直後は元気に咲いていたが、冬越しが出来なかった。
田中さんにも分けたが、同じくロックガーデンで芽が出なかった様だ。

何とか育てたいと今年も貰ってきたので、植える場所を探してみた。
ロックガーデンでも駄目ならばと、伯父さんと同じ玄関先に植えてみた。
銀杯草1

ここは鉄平石と少しの土だけで、タマリュウさえも良く育たない場所である。
銀杯草2

珍しいし、可愛い花なので何とか根付いて欲しい。

銀杯草3
tag : 銀盃草

山菜の天ぷら

2012-06-19
山独活の天ぷらは良く食べるが、今回は他にもいろいろ試してみた。
柿と桑の葉を天ぷらにすると聞いていたので、今回初めて揚げてみた。
色合いが良いのは桑の葉で、むしろ揚げた時の方が鮮やかな気もする。
味は、やはり独活が一番美味しく、桑と柿の葉は風味が少ない。
ニセアカシアを揚げる時は、甘い香りがして如何にも美味しそうだ。
ニセアカシアの花の天ぷらは、以前より今回の方がからっと揚がった。

山菜の天ぷら

ルピナスとギガンジューム

2012-06-18
フジと違ってルピナスの花は上に伸びるので、ノボリフジと呼ぶ人もいる。
ルピナスの花は確かにマメ科に似ているが、本当にマメ科なのか調べてしまった。
ルピナス

今年のギガンジュームは花も小さいし、花が付かなかった株もあった。
この春は寒かったので、葉が霜にやられて生育状態も悪かった。
ギガンジューム1

植え替えた事が災いしたのかもしれないので、今年は植え替えを行わないつもりだ。
ギガンジューム2

それでも最近の暖かさで何とか咲いてくれた。
ギガンジューム3

二人静と浅間風露

2012-06-17
フタリシズカが咲きだしたが、奥の方に植えてあるので目立たない。
もともと派手な花ではないが、葉も綺麗なので下草代わりには丁度良い。
二人静

アサマフウロは、近くでコマクサを綺麗に咲かせている家から貰った物だ。
コマクサを見学させて貰った時に、コマクサを誉めたがアサマフウロをくれた。

アサマフウロ

ズーキーニ

2012-06-16
久し振りにズーキーニを作った。
消毒も必要ないし、作り易い野菜である。
今年の春は寒かったが、ズーキーニは元気だ。
雌花が一つ咲いただけなので、田中さんの畑から雄花を貰って受粉させた。
もともと受粉しにくい野菜で、以前二株の時も最初は実らなかった。
今度は三株にしたが、それでもタイミング良く雄花が咲かない。
ズッキーニ

芍薬

2012-06-15
この春植え替えたシャクヤクが、小さいながらも四個の花を付けた。
この辺りは肥料が無い赤土で、他の花も余り威勢は良くない。
しかし、このシャクヤクは花が大きくなりすぎるのでこの位が良い。
シャクヤク2

畑の作物は勿論、庭の植木にも消毒をしない様にしている。
しかし、植木のアブラムシは消毒し、花物にも肥料は必要と思う。

シャクヤク1
tag : 芍薬

翁草と露草

2012-06-14
オキナグサが綺麗に翁になった。
花も良いが、この姿も好きである。
オキナグサ2

ムラサキツユクサは丈夫で、しかも実生で増えるので厄介である。
しかし、朝露が乾く頃に萎む事からこの名前がある儚い命である。
黄色と紫の色合いが目に留まり、つい写真を撮ってしまった。

ムラサキツユクサ
tag : 翁草 露草

朱鷺草と鷺草

2012-06-13
昨年の春、友人から貰った、園芸種のタイリントキソウが初めて咲いた。
隣りのサギソウはまだ大きくならないが、株は昨年に比べ大分増えている。
トキソウ1

咲く花の数が少ないが、一輪でも存在感がある。
大事に育て、来年は沢山の花が咲く様にしたい。
トキソウ2

チゴユリの開花

2012-06-12
今年のチゴユリは花が多く付いている。
丈夫で草丈も低いので彩りには丁度良い。
チゴユリ2

姉から貰ったものだが、増えると言われていたが本当に良く増えた。
今までは狭かったので少し抜いて調整をしていたが、今年は放っておいた。
チゴユリ1

tag : チゴユリ

オオデマリの花弁

2012-06-11
スノーボールは花の期間が長いが、オオデマリは早く散ってしまう。
辺り一面白くなるので、またこれも風情がある。
オオデマリの花弁1

雨で鉄平石が濡れていると、白さが強調されて鮮やかである。
オオデマリの花弁2

花弁の形が丸みを帯びているので、可愛らしい。
オオデマリの花弁3

撫子 三種

2012-06-10
ロックガーデンに植え込んだこのディアンサス カリゾナスは、種子銀行から手に入れた物である。
ロックガーデンに植えられる可愛い花を探したが、余り咲いていなかったので偶然ピンクの花になった。
ピンクの花1

ディアンサス カリゾナスに似ているこのナデシコは、田中さんから貰った。
良く似ているので同じ物かもしれないが、同じ環境で育った状況を来年確認すれば分るだろう。
ピンクの花2

タツタナデシコは昔からあるが、咲き揃うと綺麗である。
岩の間から土が流れない様に植えてあるが、十分その役目を果たしている。
タツタナデシコ
ナデシコ(日本)とセキチク(中国)は同じナデシコ科であるが、その違いは良く分らない。
先日のテッセン(中国)とカザグルマ(日本)や
ライラック(英語)とリラ(仏語)或いはムラサキハシドイ(日本語)の様に
国によって呼び名が違うだけかもしれない。
園芸種が多く出回っているので、それぞれを区別するのは難しくなっているのは確かだ。
tag : 撫子

日本ミツバチの分蜂状況

2012-06-09
今年の分蜂群の取り込みは、昨年と同様順調に進んでいる。
ただし、山での捕獲は1群のみで、飼育している群からの分蜂が順調である。

昨日はB群から、12:30に3回目の分蜂が始まった。
巣の周りには多くの蜂が飛び交い、賑やかである。
分蜂開始

30分後には蜂球が出来始めたが、残る蜂達も徐々に巣へ戻っている。
A群の4回目もそうであったが、巣の台に使っているパレットに造った。
蜂球造り開始

暫くすると蜂達はきちんと別れる。
用意した飼育箱に蜂達を移すと、取り込みが完成する。
蜂球完成

巣の中を点検してみたところ、王台(矢印)が8個あった。
働き蜂の巣は横型だが、女王蜂の王台は縦で、しかも大きい。
巣の中に残った蜂の数も多いので、この後4群位が分蜂しそうだ。
王台の様子


斑入り杜若

2012-06-08
植え替えて二年目となる、斑入りカキツバタが綺麗に咲いた。
株も増えているので、来年は更に豪華になるだろう。
杜若2

アヤメやハナショウブには色々な色や形があるが、カキツバタはこの色だけである。
となると、カキツバタの種類は普通の物とこの斑入りと言う事になる。
杜若1

アヤメハナショウブキショウブカキツバタアイリスを区別をするのは難しいが、区別の仕方は
 ・水辺は、カキツバタ、ハナショウブ、キショウブで、アヤメやアイリスは乾燥している場所にある
 ・黄色はキショウブ、薄紫がカキツバタで、アヤメ、ハナショウブ、アイリスには色々な色や形がある
勿論、乾燥した所に植えたキショウブがあり、黄色のジャーマンアイリスがある様に例外もある。
杜若と文目1
文目


花の色や葉の形にはそれぞれ特徴があるので、近くで観察しながら区別が出来る様になると面白い。
杜若と文目2

地海老根と手形千鳥

2012-06-07
このジエビネは株が増え、多くの花を付ける様になった。
キエビネも植えた様な記憶もあるが、ここのところ咲いた事はない。
ジエビネ1

エビネも人気の山野草で、種類も多く色も綺麗な物がある。
このジエビネは余り綺麗ではないが、丈夫なので素人には良い。
ジエビネ2

テガタチドリは購入した時と、姿が変わってしまった。
ミズバショウも里で育てると大きくなり過ぎるが、それと同じである。
これ程大きくなると山野草らしくないが、それでも大きいとやはり豪華ではある。

テガタチドリ

風車

2012-06-06
何年も前に実家から貰って来たカザグルマが、今年も綺麗に咲いた。
今まではまだ株も小さく花も少なかったが、今年は多く咲いてくれた。
カザグルマ1

クレマチスは花の種類も多く、四季咲きもあり人気の花である。
クレマチス、テッセン及びカザグルマの違いは良く分らない。
カザグルマとテッセンについては、面白い記事を見つけた。
カザグルマ2
tag : 風車

白い花 三種

2012-06-05
コデマリは良く飾られ、身近な花である。
このコデマリは、35年程前に挿木したものである。
今では大きな株となって花が咲くと綺麗だが、枝があまり枝垂れない。
コデマリ

カラマツソウは余り増えず、この一房しか咲かなかった。
純白の花で華やかさはないが、小さいながらも咲き誇っている。
カラマツソウ

これはエゾヘビイチゴとの事である。
ワイルドベリーがTVで紹介されていたので真似て植えてみた。
山に行くと良く見掛け、野生のイチゴなので実は食べる事もできる。

野生のイチゴ
tag : 白い花

紫の花 三種

2012-06-04
株は大きくなっているが、今年のアヤメの花の付きは良くない。
他の家も同じなので、この冬の寒さが影響したのかもしれない。
文目

ジュウニヒトエと呼んでいる、セイヨウキランソウは丈夫で下草に良い。
花も長い間咲いているし、葉も少し光沢があり綺麗だ。
十二単

フジの花も満開となり、良い香りを放っている。
房の長さは60~70cm程あり、下の枝に咲いた花は地面に付きそうである。
何とか綺麗に撮ろうと試みたが、あまり良い写真が撮れなかった。
藤の花

畑の様子

2012-06-03
借りている糸萱のに行く途中の風景である。
北アルプスの乗鞍岳を遠くに見ながら、新緑が眩しい。
畑の近くの風景

フジの花も今が盛りで、道路脇の至る所に咲いている。
良い香りを放っているが、日本ミツバチの姿はどこにもない。
藤の花

こちらは、ポポーの木で、花を付けるがまだ実が生った事はない。
大分木も大きくなったし、花の数も30個程咲いているので今年は実が付いて欲しい。
ポポーの花

ジネンジョとヤマトイモは、合わせて20本程植えてある。
早くに芽を出した物は遅霜にやられてしまったが、また芽を出した。
自然薯

の土手で見掛けたこのアサギマダラが、もう飛んでいるとは驚きであった。
この辺りでは、夏から秋にかけてミツバヒヨドリに止まっているのを良く見る。
アサギマダラ


日本ミツバチの待ち箱

2012-06-02
日本ミツバチが分蜂するこの時季に、分蜂群を取り込む待ち箱を設置する。
設置場所は、各人がここぞと思う場所を見つけて置くが、狙いはまちまちである。
探索蜂に見つけて貰う事が重要で、探索蜂が何を条件にしているかそれを探る訳だ。
待ち箱にも工夫をしているが、それより置く場所の付近に日本ミツバチが居るかどうかだ。

  今年も過去に実績のある場所に待ち箱を置いた。        この二つは私有地に許可を取って置いてある。
巣箱1

  神社には大きな木があり条件としては良い。            山にも置くが中々良い場所が見つからない。
巣箱2

  昨年初めて木の上に置き一群を取り込む事が出来たので、今年も置いてある。 
分蜂群取り込み
昨年は良い実績だったが今年はどうなのか、日本ミツバチが少なくなっているので、段々難しくなって来ている。
家の二群からの分蜂群を確実に取り込みたいが、今日までに一つの巣から三群を取り込む事が出来順調だ。
山に置いた巣へは一群が入巣し、移動中に巣を落下させてしまったが、何とか居付いてくれそうで良かった。

舞鶴草

2012-06-01
昨年の春、大きな鉢に植え付けたマイズルソウが綺麗に生え揃った。
山へ行けば何処にでもある丈夫な山野草であるが、鉢へ入れると豪華になる。
舞鶴草1

鶴が舞う姿に似ているからマイヅルソウと言う名が付いたとの事であるが、それ程似ているとは思えない。
しかし、舞鶴とは響きの良い名前であるが、実際に山で見ても小さいので、それ程目立つ花でなはい。

舞鶴草2
tag : 舞鶴草
<< topページへこのページの先頭へ >>