斑入り不如帰

2012-09-30
白花に続き、斑入りのホトトギスが咲き始めたが若干色が薄い。
斑入り不如帰1

普通のホトトギスの花が一番ホトトギスらしいので、比較してみたい。
斑入り不如帰2

白花にはないこの斑が特徴だが、見慣れない人には綺麗には見えないだろう。
斑入り不如帰3

斑入りと言ってもこのホトトギスの斑はあまり綺麗ではない。

斑入り不如帰4

一輪挿し

2012-09-29
コメツガの根瘤で作った一輪挿しに、花を生けてみた。
丁度良い大きさのシロバナホトトギスがあったので、これに決めた。
足元には紅葉したナツハゼの枝を添えてみたが、紅白でなかなか彩が良い。
一輪挿し1

一輪挿しの大きさが良く分かる様に、ここにも置いてみたが、結局玄関に飾ることにした。
一輪挿し3
tag : 一輪挿し

青孔雀草

2012-09-28
アオクジャクソウが咲きだしたが、中々大きな株に育たないので豪華にならない。
青孔雀草2

八重なので、シロクジャクソウに比べると華やかである。
色も清々しい青紫で、秋には青系統の花が似合うと感じる。
青孔雀草1
tag : 青孔雀草

鳳凰シャジン

2012-09-27
待ちかねていたホウオウシャジンがようやく咲き出した。
実生で増えた物を裏庭にある石の傍に植え込んである。
鳳凰シャジン1

か弱く見える細い枝葉で、花が付くかどうか心配な姿から比較的大きな花が咲く。
鳳凰シャジン2

この株は親株でまだ咲き始めたところだが、花の持ちが良いので暫く楽しめる。
満開の頃また登場して貰う予定である。
鳳凰シャジン3

米栂の根瘤

2012-09-26
今年の山の茸は出来が悪く、登っても張り合いが無い。
ふと足元を見ると、コメツガの根瘤らしき物が転がっていた。
米栂の木工品1

持ち帰り、すぐに丸ノミで中をえぐり取り、周りをワイヤブラシ等で磨いてみた。
なかなか面白い物ができそうであるが、さて何に仕立て上げるか考えてしまった。
取り敢えず一輪挿しにすると決めたので、底を平らにした後ラッカー塗装を行ってみた。
米栂の木工品2

白孔雀草と日本ミツバチ

2012-09-25
クジャクソウが満開となり、丁度コスモスも綺麗に咲いて、良い雰囲気を出している。
咲き始めをアップで撮ると綺麗だが、物によっては満開のところを引いて撮った方が良い。
孔雀草3

 色々な虫が蜜を吸いに来ていて、良く観ると日本ミツバチが来ているではないか。
 飼育している日本ミツバチは家の庭には置いていないので、近くで何方が飼っているのだと思う。

 こちらが日本ミツバチで少し小さく全体が黒っぽい。     西洋ミツバチは一回り大きく日本ミツバチより強い。
孔雀草1

少しでも綺麗に撮りたいと思うが、何時も同じような写真となってしまう。
孔雀草2

綺麗に咲き揃っているところを狙ってみた。
孔雀草2
 
  

蘭の花芽

2012-09-24
4鉢あるシンビジュームの2鉢から花芽が出始めた。
この鉢からは6本の花芽が出ているので、咲き揃うと豪華になるだろう。
シンビジュームの花芽

2鉢あるスイセイランからもそれぞれ出ていて、この鉢は3本出ているので、成績は良い。
彗星蘭の花芽1

こちらのスイセイランの鉢の方が元気が良い様に見えるが、2本しか出ていない。

彗星蘭の花芽2

秋明菊

2012-09-23
白色のシュウメイギクが咲き出したが、他の色はまだ咲かない。
珍しい花ではないのでぞんざいに扱っていて、沢山咲いた事が無い。
秋明菊2


 しかし、花のない時期に嬉しい花で、ピンクの八重などは結構綺麗である。
秋明菊1

逆光で花弁を透かして撮ってみたが、なかなか良い感じである。
秋明菊2
tag : 秋明菊

山鳩の営巣

2012-09-22
春ニッコウヒバの木に営巣したヤマバトが、今度はノウゼンカズラの木に営巣した。
山鳩の営巣1

数日前から卵を温め始めた様に見えるので、雛の誕生が待たれる。
山鳩の営巣3

ノウゼンカズラの葉が良い隠れ蓑になっていて、鳩の姿が見えない。
山鳩の営巣2
tag : 山鳩 営巣

隅田の花火

2012-09-21
スミダノハナビが今頃、しかも購入して何年か経って初めて咲き出した。
なかなか咲かなかったが、昨年今の場所に移植し株が大きくなっていた。
隅田の花火1

この為、狂い咲きではなく、ただ遅れて咲いただけと思う。
それ程綺麗ではないが、一時期流行ったので家にもある。
隅田の花火2

三葉弁慶草

2012-09-20
ミツバベンケイソウが今年も咲いて、無機質なエリアのポイントになっている。
毎年出てくるけれど増える事はなく、しかし、少しあるところに風情さを感じる。
三葉弁慶草1

白い花と濃い緑の葉のコントラストはバランスが良い。
三葉弁慶草2

マクロレンズを使ってアップで撮ってみても、綺麗さを引き出せない。

三葉弁慶草3

プルーンの実

2012-09-19
植えてから二年目となるプルーンの木に、実が一つだけ実のった。
木は立派になったので、きっと来年は多くの実を付けてくれるだろう。
プルーンの実1

大きな木に一つだけが実ったので、通常より一回り大きかった。
味はネクタリンと同じく、自分で作れば美味しくないはずがない。
プルーン効能をネットで調べたら、結構身体に良さそうである。

プルーンの実2
tag : プルーン

実生の桔梗

2012-09-18
今年の春に種を蒔いたキキョウが、花を付け咲き始めた。
この場所にはワレモコウ、オミナエシそれからこのキキョウを植えてみた。
桔梗11

まだ一年目なので、花はそれぞれの茎に一輪しか付いていない。
桔梗12

それでもきちっとしたキキョウの花の形をしているし、色も鮮やかだ。
桔梗13
宿根草なので一年目に花が付くとは思わなかったので、ビックリである。
そこで、ネットで調べたところ、やはり
”宿根草の場合、購入した年は花の咲かない苗もあり、2~3年目で初めて
 花をつける苗もあるので、購入する際には、「今年咲く苗なのか何年目
 位で花が咲くのか」を確認しておくと良い”
上記の記事があったものの、良く知らない者の浅知恵となってしまった。
tag : 桔梗 実生

白花不如帰

2012-09-17
姉から貰ったシロバナホトトギスは、丈夫で毎年良く咲いてくれる。
北側で陽も良く当たらない場所にあるが、場所が合っているらしい。
白花不如帰1

ホトトギスの特徴である斑がないので、ホトトギスらしくない。
それでも良く見ると、花弁に名残の斑模様がうっすら見える。
白花不如帰2

フィルタを使って少し趣を変えてみたが、変わり映えがせず良いアイデアが浮かばない。
白花不如帰3

Verdy さんの要望に応えて、シロバナホトトギスの全体の姿をアップした。
白花不如帰4

畑占地:ハタケシメジ

2012-09-16
山の茸の出来は悪いが、ハタケシメジは今年も糸萱の畑の近くの土手に沢山出ていた。
畑の土手に良く生えるのでこの名があるのだろうが、美味しいシメジなのにイメージが悪い。
畑占地

多く採れた時はこの様に干すが、干した方がシイタケと同じ様に味が良くなる気がする。

畑占地2
tag : 畑占地

赤瓜

2012-09-15
今年もアカウリを5本程植えたが、このところ沢山採れる様になった。
ハヤトウリ も遅くなって出来るし、果肉が硬く漬物に良いのは同じだ。
煮て食べてもトウガンと同じく美味しい様なので、今度調理して貰おう。

赤瓜
tag : 赤瓜

鉄砲百合

2012-09-14
昨年、田中さんから貰ったテッポウユリが咲き出したが、今年は大きさが揃っていない。
猛暑の影響もあるだろうが、一番端の株が大きいところをみると間隔が近すぎたかもしれない。
鉄砲百合1

花の数もこれは7個付いたが、他は4個、3個、2個と淋しい物もある。
鉄砲百合2

スカシユリやカサブランカと違って、花の少ないこの時期に咲くのでありがたい。

鉄砲百合3
tag : 鉄砲百合

斑入りの藪蘭

2012-09-13
斑入りのヤブランの花茎が6本伸びてきた。
昨年は確か3本だった様に思うので、倍増した。
すっきりとした斑入りの葉が、一年中玄関の片隅を彩っている。
藪蘭1

花は小さく目立たないが、この淡い紫の色が品が良い。
午前中は花が開かず、午後になってようやく開いた。
藪蘭2

花を良く見るのは今回が初めてであるが、なかなか可愛い。
藪蘭3

斑入りの萩

2012-09-12
斑入りのハギに花が付き始めた。
斑入りの萩1

取り立てて綺麗でもなく珍しくもないが、小さな花が可愛い。
斑入りの萩2

ソフトフォーカス処理も試した事もあるが、やはりマクロレンズで撮ったボケ具合の方が良い。
斑入りの萩3
tag : 斑入り

白孔雀草

2012-09-11
シロクジャクソウが咲き出したが、まだ満開にならないせいかインパクトがない。
白孔雀草1

近くで見れば花は沢山付いているが、それでも捉えようがない。
白孔雀草6

しかも花が小さいので、アップで撮っても見応えがない。
白孔雀草5

コスモスの花が入ると綺麗だろうと、手前にコスモスを植え替えておいた。
咲く時期も合って狙いは良かったが、コスモスの花が少なく効果は少なかった。
白孔雀草4
tag : 白孔雀草

秋海棠

2012-09-10
秋海棠の花が一輪咲き出したが、何時になったら賑やかになるのやら。
実はこの株は今年園芸店で購入した物で、昨年移植した株はまだ小さい。
秋海棠1

耐寒性もあり丈夫な筈だが、我が家ではあまり増えてこない。
ハナカイドウの花に似た、この淡いピンクの花が好きである。
秋海棠2

今年、我が家の庭で咲いたハナカイドウの写真を、比較のため載せたが
中国では牡丹とともに人気の高い花で、美人を表す言葉でもあると言われる。

ハナカイドウ
tag : 秋海棠

斑入りの芒

2012-09-09
斑入りのススキが穂を出してきたが、綺麗には撮れない。
綺麗な花ではないので、何とか面白く撮りたいところだが。
斑入りの芒1

となると、やはりこの斑の葉を撮ってみるしかないが、変わり映えはしないか。
斑入りの芒2

昨年は中秋の名月に撮ったので画になった。
月末の中秋の名月の天気が良かったら、また撮ってみたい。中秋の名月

昨年の中秋の名月は12日だったので、ほぼ同じ様に咲いたことになる。
しかし、山の茸の様子は思わしくなく、一昨年や昨年の様にはいきそうにない。
tag :

鷺草

2012-09-08
今年のサギソウは花が多く、少し賑やかに咲いてくれた。
鷺草3

白鷺の乱舞の様な光景は本当に優雅である。
鷺草5

花の形はそれぞれの意味があるのだろうが、このサギソウの造形美には唸らされる。
鷺草

花の時期が長いので玄関に飾り、暫く楽しませてもらう。
鷺草2

十数輪の花が咲き揃えば賑やかだろうが、最大何輪になるか。
鷺草1
tag : 鷺草

ネクタリンの実

2012-09-07
ネクタリンの実がようやく色付いてきて収穫の時期を迎えた。
様子を見ながら摘果したが、最終的には10個程収穫できる筈だ。
ネクタリン1

今年も小振りで硬く、売っている様な物はできなかった。
しかし、露地物なのか、無袋からか味は良い様な気がする。
いや、自分で作った物だから、美味い様な気がするだけだろう。
ネクタリン2

散歩道の風景

2012-09-06
家から少し足を伸ばした散歩コースの朝の風景である。
ソバの花が満開となり、写真に撮ることを思いついた。
八ヶ岳に陽が当たっていないので、山肌が見えない。
蕎麦の花と八ヶ岳:朝

雲の出方を見ながらお昼少し前に撮影したが、山肌はまだはっきりしない。
このところ天気が不安定で青空が期待できず、思うような写真にならなかった。
しかし、秋野菜の種を蒔いたところで雨が降ってくれたのですぐに芽を出し始めた。
蕎麦の花と八ヶ岳:昼
朝撮った写真を久し振りにパノラマ加工してみたので、写真をクリックして観て欲しい。
蕎麦と八ヶ岳:パノラマ

孔雀草

2012-09-05
三種類あるクジャクソウのピンクが先に咲き出した。
花が咲き揃うまで待ってみたが、それ程綺麗な姿ではない。
孔雀草1

綺麗な枝ぶりのところを探して撮ってみると、少しは絵になる。
白が咲き出したら、もっと違う撮り方にもチャレンジしてみたい。
孔雀草2

更に咲き始めの花を探し撮ったが、やはり色が鮮やかで綺麗だ。
全てマクロレンズを使ったが、まだ十分性能を発揮できていない。
孔雀草3
白は丈夫なのか大きな株になるが、ピンクと紫は増えてこない。


tag : 孔雀草

月下美人の開花

2012-09-04
今回も一輪ではあるが、今年二回目となるゲッカビジンの開花があった。
二度咲く事もあると分かっていたが、それでも蕾を見つけた時は嬉しかった。
月下美人の開花1

今回は咲く時期が予想できていたので、それ程気を揉まずに待つことができた。
丁度サクラランも咲いているので、白い花とピンクの花の競演を観る事が出来る。
月下美人の開花2

何時もと同じ様な写真となってしまったが、夜なので工夫があまりできない。
今回はマクロレンズを使った分、少しは違っている様にも見えるが果してどうか。
月下美人の開花3

今回も綺麗に咲いてくれたが、一晩で萎んでしまうのは勿体ない花だ。
春になったら一回り大きな鉢に植え替え、多くの花が付く事を期待しよう。

月下美人の開花4


夏のフィナーレ

2012-09-03
2012年夏の諏訪湖花火は、昨日が最終日であった。
最近花火の写真を撮っていなかったので、撮りに出掛けてみた。
観客も多く、時折小雨も降ったが、写真を撮るには空いていて良かった。
2012フィナーレの花火1

最初の煙が無い花火は、何処に上がるやら設定は?で、上手く撮れなかった。
二十年振りの花火の写真であり、中々思う様な写真が撮れずがっかりである。
2012フィナーレの花火2

煙が多くなり慣れない事もあって、良い写真が撮れなかったが勉強にはなった。

2012フィナーレの花火3

布袋葵

2012-09-02
咲く気配がなかったホテイアオイに花茎が急に伸び、今朝咲いた。
布袋葵1

この暑さを忘れさせてくれる水色である。
布袋葵2
雨が降らないので秋野菜の種を蒔けないでいたが、仕方なくダイコンとアカカブを蒔いてみた。
tag : 布袋葵

レンズ比較

2012-09-01
 花が好きで良く写真に撮るとなると、やはりマクロレンズは欲しくなる。
 先輩に相談しながら、タムロン製の60mmのマクロレンズを購入した。
 早速庭の花を撮り、以前撮影した物と比較を行ったが右がマクロ撮影だ。
レンズ比較1

 同時刻に撮っている訳ではないので光の当たり具合が違うが、違いは歴然である。
レンズ比較2

 さすがにミズヒキは花が小さく効果もあまり出ないが、それでも花の形が良く分かる様になった。
レンズ比較3
<< topページへこのページの先頭へ >>