2012年の終わりに

2012-12-31

今年も大過なく過ごす事が出来、何より健康で暮らせたことに感謝したい。   
また、今年も多くの人達にお世話になりました。 心から感謝申し上げます。

隣町の中新田へ出掛けて撮ったパノラマスキー場の夜景です。
スキー場の夜景1

フィルタを掛けると少し華やかな感じになります。
道路を走る車のライトも入って雰囲気が出ました。
スキー場の夜景2

帰り掛けに少し茅野市側で撮った写真です。
右肩上がりの蛇の様に見えるでしょうか?
スキー場の夜景3

それでは皆様、良いお年をお迎えください。


tag :

七五三縄飾り作り

2012-12-30
今年はしめ縄飾りを自分で造ってみた。
勿論初めてなのだが何とか形になった。
〆飾り1

出来は良くないが自分の家の飾るだけなので目をつぶろう。
仕事場にしているこのミニログハウスにも飾る事にした。
〆飾り2


tag :

ジンの様子

2012-12-29
最近は五感の能力が落ちたばかりではなく、筋力も落ちている。
繋いでいた鎖が足に絡むようになったので、ケージを設置した。
ジンの小屋

この冬を越せるかどうか分からないが、年は越せそうである。
毛の艶も良く食欲もあるので、もう少し長生きしそうではあるが…
水を飲むジン

雪を踏み固められると厄介なので、降りそうな時はコンパネをセットする。
今年の冬は特に厳しそうだが、何とか元気で春を迎えて欲しい。
小屋の雪対策 
tag :

シクラメンの鉢植え

2012-12-28
隣町に買い物に出て衝動買いをしたシクラメンだが、やはり冬には良く似合う。
生産者の温室に立っていた幟を見て入ったが、終わりに近く種類は少なかった。
シクラメン二種

それでも種類が多く、どれを購入したら良いのやら、迷ったが結局スタンダードをまず取った。
シクラメン2

最近はこのフリルが付いた品種も増えてきた。
このハウスで品種改良した種類もある様だった。
シクラメン1

2~3年は花を咲かせるが、段々小さくなっていつの間にかなくなっている。
今回は管理の仕方を聞いて来れたが、また来年咲かせる事が出来るかどうか。
シクラメン3
tag :

熟柿

2012-12-27
渋柿が手に入ったので枝付きを風除室に吊るし、他の柿は涼しい場所に置いて置いた。
風徐室には鳥が来ないのでこの様に吊るしておけるが、外ではこうはいかないだろう。
熟柿

この時期になると熟柿となり、炬燵で食べると冬の到来を感じる。
冷たくて甘いあの食感がたまらないが、熟柿が嫌いな人も居いる。

熟柿2
tag :

夕焼けの八ヶ岳

2012-12-26
雪を被った八ヶ岳の夕焼けは本当に綺麗だが、なかなか見られない。
この日もそれ程赤く染まらず、しかも、その時間はほんの五分程である。
夕焼けの阿弥陀と横岳

それでも雲ひとつない八ヶ岳連峰は珍しく、この日も雄大な姿をしていた。
例によってパノラマ加工したので、写真をクリックして観て貰いたい。

夕焼けの八ヶ岳
tag :

温泉施設に飾ったポインセチア

2012-12-25
近くの温泉施設に飾って貰ったポインセチアの様子を見てきた。
昨年は金のなる木と一緒に飾られていたが、今年は一つである。
飾ったポインセチア1

形が悪いのは、一回り大きくしようと、切り詰める量が少なかった事が原因と思われる。
緑の葉が少ないので見た目は悪いが、それでも初めて観る人は驚いているとの事である。

飾ったポインセチア2
tag :

クリスマス用の寄せ植え

2012-12-24
寄せ植えはあまり造らないが、ひょんな事から造ることになった。
寄せ植え1

バランスを考えて植え込んだが、出来はどうだろう。
やはりこの時期なのでクリスマスバージョンにした。
寄せ植え2
tag :

お盆の完成

2012-12-23
製作していた二個のお盆が完成した。
このお盆の方が形に変化があり、依頼主に喜ばれそうだ。
完成したお盆2

淵も綺麗な形に加工ができ、予想通りの仕上がりとなった。
完成したお盆3

木目もはっきり出て、使い込むほどに味が出てくる筈である。

桑の木目
tag :

二度目の雪景色

2012-12-22
夜半から朝にかけて降った雪で、この冬二回目の雪景色である。
天気予想通り約十センチの積雪で、この時期としては少し多目だ。
1222雪景色1

家の中から撮っているが、画になる様な所はあまりない。
今日もこの後出掛けるが、前回も出掛ける時に雪が降った。

1222雪景色2
tag :

冬芽の観察

2012-12-21
庭には花が無いが、庭木の冬芽の様子を見て廻った。
大きな花芽などは少なく、ミツマタとクロモジを撮ってみた。
ミツマタの冬芽

クロモジの冬芽は、二つの花芽と中央の葉芽が揃った形で春を待っている。
写真撮影の練習も兼ねていたが、寒い中でそれ程工夫していられなかった。

クロモジの冬芽
tag :

お盆の荒仕上げ

2012-12-20
昨年作った時の作り方を思い出しながら、何とか形になった。
夢中で作業を続けていた為、途中の写真を撮るのを忘れていた。
お盆の荒仕上げ1

予想通りの形になり満足がいく形のお盆ができそうである。
この後は更に綺麗に磨いて、オニグルミを塗って完成となる。

お盆の荒仕上げ2
tag :

シンビジューム

2012-12-19
シンビジュームの花がなかなか咲かないので、温かい窓際に移した。
考えてみればいつもこの時期はここに置いていた。
シンビジューム1

このシンビジュームが一番大きな蕾になっているが、まだまだ咲きそうにない。

シンビジューム2


tag :

田中さんの藁ボッチ作り

2012-12-18
田中さんは自分で藁ボッチを作った事が無く、昨年教えながら数個を作ってあげた。
今年は自分で作ろうとしていたが、どうやら教えた作り方を忘れてしまった様だ。
田中さんの藁ボッチ作り1

再度教えて何とか形になったが、来年も怪しい感じだ。

田中さんの藁ボッチ作り3

tag :

お盆の製作

2012-12-17
お盆の制作依頼があったので、暫く振りにお盆の加工を始めた。
前回とは違う加工方法を考えているので、左の菓子鉢二個を試作に使う。
お盆作り1

依頼されたお盆の大きさは、20cm~25cm位との事なので大きさは良さそうだ。
試作の様子を見ながらの製作なので、完成は年が明けてからになると思われる。

お盆作り2
tag :

もう一つのポインセチア

2012-12-16
三年前に頂いたポインセチアだが、ウィンターローズ系と思われる。
ポインセチア2

冬越しは出来ても赤くならないから上げると言っていたが、赤くならない訳がない。
三年経ってもあまり大きくならず、枝も増えないのは品種のせいかもしれない。
ポインセチア1

tag :

菓子鉢の完成

2012-12-15
菓子鉢が完成したと言っても、まだ一つ目である。
久し振りに作ったので、完成度はいまひとつである。
完成した菓子鉢1

 今回はオニグルミの油を塗って色の変化を見た。      左が塗る前で、塗ると右の様に木目がはっきりする。
完成した菓子鉢2

 桑独特の木目も良く出ている。                 形は前回と同じだがこの形が作り易い。
 黒い縁があるところは節を補修した箇所である。
完成した菓子鉢3
荒仕上げまで出来ている物が数多くあるが、天気の悪い時にのんびり行う予定である。
tag :

八ヶ岳の雪景色  その三

2012-12-14
今年の冬はやけに寒く、このところは一月下旬の寒さだと言う。
八ヶ岳にも多くの雪が積もり、もう既に真冬の姿になっている。
一昨日は朝から良く晴れたので八ヶ岳が一層綺麗に見える。
冠雪した八ヶ岳2

まだ綺麗な時があるだろうと思いつつ、綺麗だと撮りたくなる。
昨日も雲ひとつない良い天気だったので、また撮ってしまった。
阿弥陀岳と横岳

例によってパノラマ加工しましたので、画像をクリックしてみて下さい。

八ヶ岳のパノラマ
tag :

2013年のカレンダー その三

2012-12-13
2013年のカレンダーの第三弾です。

 九月は、茸採りに行った時に偶然見た           十月は、大事にしているアリアケモミジで
 ホシガラスで、身近に観たのは初めてでした。      今年も綺麗なグラデーションを見せてくれました。
九月と十月

 十一月は、近くの長円寺の朝靄のモミジです。      十二月は、先日撮ったヤクシマキンバイの霜です。
 なかなか霧が出ないのでチャンスは少ないです。     霜にも負けず元気でいてくれます。

十一月と十二月
 
tag :

2013年のカレンダー  その二

2012-12-12
2013年のカレンダーの第二弾です。

 五月は、八ヶ岳連邦の編み笠岳に現れる雪形を        六月は、庭のガクアジサイを何とか綺麗に撮ろうと
 撮りに行った時に見掛けた風景です。              フィルタを使っての撮影です。
五月と六月

 七月は、糸萱の畑に行く途中で見た光景で         八月は、一昨年から咲きだしたサクラランで
 良く晴れた空が綺麗な一日でした。              今年も多くの花を付けました。
七月と八月
tag :

2013年のカレンダー その一

2012-12-11
来年用のカレンダーを作ったので、三回に分けて紹介します。
今回は、奇数月を風景にし偶数月を庭の花にしてみました。

一月は、八ヶ岳に霧氷が出来たのを見て           二月は、縁起物の南天に白い雪で紅白となりました。           霧ヶ峰に撮りに行った樹氷の写真です。一月と二月

 三月は、隣町の三光寺の寒紅梅です。            四月は、気にいっている色が濃いラベンダーです。
 この辺りでは一番早く咲くと言われています。
三月と四月
tag :

木工細工 荒仕上げ2

2012-12-10
裏側にはトリマを用いて高台を付けるが、二種類の刃具を用いている。
まずは先端が丸い刃の工具を用いて外周部を加工する。
底面のザグリ1

次に平らに加工する刃具を用いて底面の加工をする。
底面のザグリ2

仕上げ前だが、この様に二段階の加工を経て高台の形が出来上がる。
高台の加工

ドリルと研磨ホイルで荒仕上げを行うと、荒仕上げが終了する。
底面の荒仕上げ
おおまかな工程の紹介をしたが、自己流なので正しい加工方法とは言えない。
工程や道具の名前も、自分で呼んでいる物なので一般的ではないかもしれない。

この後はただひたすら、紙ヤスリを使って磨くだけである。
手順は、80#⇒120#⇒180#と徐〃に細かな物を使う。

tag :

木工細工 荒仕上げ1

2012-12-09
内側の荒仕上げは、二種類の木工用研磨冶具を用いて行う。
この工程は木の粉が飛ぶので、目に入らない様にゴーグルを使う。
内側の荒仕上げ

外側は木工用ヤスリで加工するが、電動工具より綺麗に仕上がる。

ヤスリで外形の荒仕上げ
tag :

初雪景色

2012-12-08
今日は出掛ける用事があるので早く起きたが、起きてびっくりである。
雪が降るの予想は出ていたが、既に数cmの雪が積もっているではないか。
6時には出るので明るくなって撮る訳にもいかず、外灯を付けての撮影である。
雪景色2

家の中から撮るにはこの2か所からしかなく、良い写真にはならなかった。
まだ降っているので、出掛ける前にもう一度雪を掃いて出掛ける事にしよう。

雪景色1
tag :

木工細工 荒削りー2

2012-12-07
ザグリを入れるのは、木工用ボアビットを使って行う。
初めに中の平らな部分をケガキ線に沿って加工する。
荒仕上げ

次に外周部の斜め部分を、やはりケガキ線に沿って加工する。
木工用ボアビットを使うことで、斜めの加工がしやすくなる。
荒削り

その後、丸ノミを使って大凡の形に仕上げる。
この作業は手作業なので手作り感があって良いが疲れる。
丸ノミ加工
tag :

雪囲い

2012-12-06
雪が降る前に雪囲いの作業が終了し、準備万端となった。
この辺りの冬の庭は殺風景なので、藁ボッチでも引き立つ。
藁ボッチ飾り1

表の庭の雪吊りも綺麗にできたので、小さいながらも趣がある。
雪が降ると更に趣が出ると思うので、その時またアップしたいと思う。
雪囲い1

ツバキとミツバツツジは菰で巻き、中には保温の為に藁や鉋くずを入れてある。
ここは風の通り道になっているので、菰を巻き付ける位の対策が必要と判断した。
雪囲い2

ロックガーデンには寒冷紗を敷き、その上に抑えの目的で扇型に開いた藁ボッチを置いた。
先日の冷え込みで大きな霜柱が出来ていたが、この対策で良いか様子を見る事にする。

雪囲い3

tag :

木工細工 荒削りー1

2012-12-05
まず、大まかに切断した物を丸鋸で外形を整える。
次に丸鋸の刃の角度を変えて、外形をさらに整える。
外形仕上げ 丸鋸

その後電動鉋で表と裏の表面を平らにする。
これで外形の形が出来上がったことになる。
表示板

これらの仕事は音も大きく、訪ねてくる人が居ても分からない。
そこで、作業を行う時は施錠しこの札を掛けて行う様にしている。
外形仕上げ 鉋

tag :

藁ボッチ作り

2012-12-04
今年も藁ボッチを幾つか作ったが、昨年よりは少ない数である。
藁ボッチ1

作り方は自己流だが、専門家に見て貰ったところ作り方は正しいとの事である。
藁ボッチ2

早速玄関周りに飾ったが、やはり雪が降った方が景色は良い。
植物にとっても根元に雪があった方が良いが、降り過ぎは困る。
藁ボッチ飾り2

防寒的にはあまり効果がある物ではないと思うが、それでも無いよりは良いとの事である。
左に置いてあるワ藁ボッチの下には、昨年移植した雪割草があるが元気かどうか心配している。

藁ボッチ3
tag :

木工細工 木取り

2012-12-03
木工細工の季節が到来し、午前中を中心にほぼ毎日取り組んでいる。
始めるとつい夢中になってしまうが、怪我をしない様に気を付けている。
木取り2

全ての工程は無理だが、加工方法を説明するのも良いかと思い、写真に撮ってみた。
まず初めは木取りの工程で、材料の板の形を見ながら、どの様に割り付けるか決める。
木取り1

次は丸鋸を用いて、マジックインクで木取りした形に合わせ、切断する。
外皮に近い所には白い部分があり、これが良い景色を出すので重要である。
木取り3

なるべく無駄のない様に、木の形を活かした木取りが要求される。
今回の2枚は変わった形をしているので、出来上がりが楽しみである。

木取り4
tag :

ポインセチア

2012-12-02
今年の出来はあまり良くないが、それでもようやく赤くなり始めた。
丈を長くしようと考え、切り詰めが少し足りなかった事が原因かもしれない。
12年ポインセチア1

昨年近くの温泉施設に飾って貰ったが、今年も楽しみにしていると催促されてしまった。
出来が悪いので今年は飾って貰うか迷うところだが、期待されているので飾って貰うことにする。
12年ポインセチア3

葉が大きい所は、市販されている物と比べても遜色がない程である。
暫くは家に飾るが、より多くの人に見て貰う様に温泉施設に飾って貰おう。

12年ポインセチア2
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>