黄色の競演 その1

2013-03-31
小型の水仙が咲きだし、フクジュソウと黄色の競演である。
福寿草と水仙

この水仙は、ミニスイセンとの事で、最近人気の種類のである。
ミニスイセン

フクジュソウも三株目が咲き、丁度ミニスイセンと並んで一角を彩っている。

福寿草
tag :

初釣り

2013-03-30
 庭掃除や畑の準備が一段落したところで、しかも昨日も天気が良かった。
 これは釣りに出掛けない手はないと、今年初めて渓流釣りに出掛けた。
 昨年と同じポイント (標高1500m) だが、さすがにまだ雪が有った。
渓流の様子

初当たりを、落ち着いて合わせ、上顎に上手く掛けた。
浅い掛かりで、バラさず上げられたので満足である。
掛かり具合

今日の釣果は二時間余りで二匹だが、夫婦二人なので最低のノルマを達成できた。
23cmと21cmで丁度塩焼きに良いサイズであり、昨晩のビールのつまみになった。
初釣りの釣果

帰り掛けに見た林の被害状況で、ニホンジカの仕業である。
来る途中でも、立派な角を持った3頭が車の前を横切った。

ニホンジカの被害
tag :

畝作り

2013-03-29
昨年より大分早いが、野菜作り用に畝を作った。

ここは日当たりが一番良く、昨年のトマトは上出来だった。
連作障害はないと考え、今年もトマトを植える事にしている。
トマト用

この畝と冬菜と小松菜の場所にはキュウリと茄子を植える予定である。
ナス科とウリ科をローテーションしているが、その効果は良く分からない。
茄子とキュウリ用

苦土石灰と化学肥料を入れて耕し、その後元肥に腐葉土と化学肥料を施した後に畝を作った。
生家で三俣と呼んでいた物をこの辺りでは鍬と呼び、鍬柄は殆ど使わず畝もしっかり作らない。

畝作り



tag :

花桃の移植

2013-03-28
前の家のハナモモの子と思われる咲き分けのハナモモを移植する事にした。
周りの花達に影響を与えない様に、それでも根鉢をなるべく大きく掘った。
花桃の移植1

庭の隅にハナモモらしい木が3本出て来たので、どんな花が咲くのか待っていた。
昨年ようやく1本の木に花が付いたが、なんと欲しかった咲き分けの花であった。
花桃の移植2

これは良く見える場所へ移動しなければと考え、昨日移植作業を実施した。
実生からこの大きさになるまで何年掛かったか分からないが、大事にしたい。
花桃の移植3

移植時期も良いし丈夫な木なので大丈夫だろうが、念の為半分近い枝を切り落とした。

切り落とした枝
tag :

クロッカスの花

2013-03-27
何故か一つだけ先に咲いたクロッカスだが、第二弾が幾つも咲きだした。
クロッカス1

なかなか綺麗に撮れず、賑やかな表現にしてみた。
クロッカス2

アップで撮っても、黄色一色では変化が無い。
クロッカス3

この青系統の花は変化が有って、気合を入れたかったが諦めた。
実はマクロレンズの調子がおかしく、ピントが合わない。(故障である)

クロッカス4
tag :

小松菜と冬菜の初収穫

2013-03-26
小松菜と冬菜は防虫網でヒヨドリやモンシロチョウから守っている。
小松菜と冬菜1

大分大きくなり少し込んで来たので、間引いて食べる事にした。
小松菜と冬菜2

  これだけあればお浸しにして、夫婦二人でも十分頂く事が出来る。
小松菜と冬菜3
  残りは大きく育て、とうが立ったところをかき菜として収穫する予定だ。
tag :

芝焼き

2013-03-25
昨年に引き続き今年も芝を焼いた。
昨年の写真には白い煙が入っていなかったが、今回の方が芝焼きらしく見える。
芝焼き1

最近は裸火を見なくなったので、珍しく思って今年も火を撮ってみた。
芝焼き2

効果はどれ程か分からないが、焼いた後は枯れて折れた芝の葉が良く掃ける。

芝焼き3
tag :

庭掃除開始

2013-03-24
先日の雨で根雪も溶けてようやく春らしくなった。
そこで庭掃除を始めたが、好きとはいえ大変である。

  この苔のエリアは一番手が掛かる。  苔を綺麗にして置くもの大変である。
庭掃除1

雪吊りを取り、落ちている松葉を掃除したので綺麗になった。 
もうじきこの苔の中から斑入りアマドコロが何本も芽を出す。
庭掃除4

カキツバタも古い葉を取ってすっきりした。  睡蓮の池も落ち葉を取り除き水を入れ替えた。
庭掃除3
tag :

クリスマスローズとクロッカス

2013-03-23
白色のクリスマスローズがようやく二輪咲いた。
他の花はまだ大分先なので、この時季ありがたい。
クリスマスローズ2

この辺りでは寒すぎるのか、株が大きくならない。
小さな蕾が数多くあるが、綺麗に咲くか心配である。
クリスマスローズ1

 黄色のクロッカスも一輪咲いていたが、またヒヨドリに食べられてしまうだろう。

クロッカス
tag :

我が家のふきのとう

2013-03-22
野菜として庭の隅で育てているミズブキのフキノトウが大きくなった。
フキノトウ2

 野菜、山菜ではあるが、山野草と言っても良い程綺麗だ。
フキノトウ1

しかし、天麩羅にして今夜には食べられてしまう運命である。

フキノトウ3
tag :

福寿草の開花

2013-03-21
我が家のフクジュソウもようやく咲いた。
福寿草1

小振りで色も薄い様に思うが、この時期ならではの春を感じさせてくれる。
福寿草2

少ししか付かなかったサンシュの花も、もうすぐ開花する。

サンシユ
tag :

蜜蜂の様子

2013-03-20
 昨日は気温が上がり、蜜蜂が多く活動しているだろうと観に行って来た。
 蜜蜂達もこの山間の何処から花粉を運んでくるのか、結構の量である。
花粉を運ぶ蜜蜂

 まだ山の木は花を付けていないし、土手の オオイヌノフグリ も少ない筈だ。
オオイヌノフグリ

 近くの土手にはフクジュソウが咲いていたが、来ているのは西洋ミツバチである。
 この時期は多分人家の庭先の花壇に違いないが、それにしても良く見つけてくる。
福寿草

ミツバチの巣を観察していたら、ミソサザイが忙しそうに何かを探していた。
日本に居る鳥では最小種の一つで、渓流釣りで行き遭うと鳴き声が煩い位だ。
ミソサザイ
tag :

雨水タンクの補修

2013-03-19
雨水タンク の座りが悪くなったので補修した。
今年の尋常ではない寒さで 凍み上がったせいだ。
丁度雨が降ったので掃除と貯水のタイミングが良かった。
雨水タンク2

今までより少し高くしたので、水の勢いが良くなると思われる。
庭木には水道水より良いし、何より水道代が浮くのでありがたい。
雨水タンク1

tag :

今シーズンの最終作品

2013-03-18
今シーズンの木工細工は、ひとまずこの製品で終了である。
とは言え、天気が悪い日はやりたくなるかもしれないが・・・

これは桑の厚い板で造った深鉢で、手前の物は形を少し工夫してみた。
深鉢1

スプーンも手際良く作れるようになった。
スプーン

フォークは失敗した物もあり、まだ作り方に工夫が必要だ。
フォーク

 今回の製品は今シーズン初めて作ったが、機会を見ながらもう少し幅を広げたり、形の工夫をしてみたい。
深鉢2
tag :

春の景色

2013-03-17
乱高下する気温で植物も戸惑っているかもしれない。
それでも ネコヤナギ は可愛い花芽を膨らませていた。
ネコヤナギと八ヶ岳2

なかなか良いアングルが見つからない。
もう少し膨らんで華やいだ頃に再挑戦だ。
ネコヤナギと八ヶ岳1

丁度良い枝が有ったので頂いてきた。
菜の花と一緒に飾ってみる事にする。

ネコヤナギ


tag :

深鉢とスプーンの製作

2013-03-16
飾り棚を作る予定だった6cm厚の桑の木から、深鉢を作る事にした。
6cm厚ではサラダボールの様な大きな物は出来ないので深鉢となった。
深鉢の荒削り1

大凡の形は前回のケヤキの深鉢と同じにするつもりだが、楕円の物は少し変わった形にする予定だ。
深鉢の荒削り2

また、サーバーよりもスプーンやフォーク位の大きさの方が作り易いのでこちらもサイズダウンである。
スプーンの荒削り

tag :

庭の様子

2013-03-15
庭の雪が大分解けたので見廻ってみたが、被害は少なそうだ。
ギガンジュームの芽は二つしか出ていないが、この後出てくるだろうか。
ギガンジューム

フクジュソウも芽を出しているが、咲くのはもう少し先になりそうだ。
福寿草

水仙もあちこちで芽も出ているが、まだまだ小さい。
その内咲く事は分かっているが待ち遠しいところだ。
水仙
tag :

三個のお盆が完成した

2013-03-14
変形の様子を見る為中断していた三個のお盆を完成させた。
反りは殆ど出なかったが、今後も少しは変形すると思われる。
お盆1

大きいサイズの製品は作るのも大変であるが、この辺りまではラインナップに入れて置きたい。
お盆3

丸型の方が作り易いが、材料は少し無駄が出る。
お盆2
後の仕掛りはスプーン4個、フォーク2個、深鉢が2個で今週中に仕上げてしまう予定だ。
tag :

君子蘭が咲き揃った

2013-03-13
クンシランの三鉢が咲き揃ったので、玄関に飾った。
花茎の長さは丁度良いので、後は花付きの改善である。
君子蘭1

花の数は少ないものの、揃って咲いたので少しばかり豪華だ。
君子蘭2

アップで撮ってみたが、花が大きく変わった撮れ方は出来なかった。
君子蘭3
昨日、温泉施設に預けたポインセチアを引き上げてきた。

tag :

ぐい呑みの完成

2013-03-12
荒仕上げまで進めていた、クワのぐい呑みがようやく完成した。
数多く作っても効率が良い訳でもないが、仕上げ前品が溜まった。
桑のぐい呑み

ヒノキとケヤキのぐい呑みもニスを塗ってすべて完成となった。
檜と欅のぐい呑み
庭いじりを始める前に仕掛品を仕上げて置きたいところだ。
残りは、三個同時に進めているお盆の製作を急ぐつもりだ。
tag :

小松菜と冬菜

2013-03-11
蒔くのが遅かった為秋口に大きくならなかった小松菜と冬菜が、元気になり出した。
今年の冬は例年より寒かったので、丈夫なニンニクでも少し心配したが元気になった。
野菜の冬越し

 ヒヨドリはこの緑の葉をついばみにやってくるが、まだ見つかっていない様である。
 モンシロチョウにも卵を産み付けられない様に、早めに防虫網をセットする予定だ。
小松菜と冬菜

ニンニクも元気になり出したので、今年も自家用に使えそうだ。

ニンニク
tag :

サーバーの完成

2013-03-10
サーバーの第二弾が完成したが、これだけ作っても失敗は一つもなかった。
木工細工に大分慣れて来て勘どころを掴めた事もあるが、作る品物にもよる。
スプーン第二弾

 ただ、フォークの形は当初考えていた形より少し小さく悪くなってしまい課題が残った。
 木目が上手く出ると綺麗だが、素材の形状に合わせて作るので全て上手くはいかない。
スプーンとフォーク

板目を使うと木目が綺麗に出るので、今後は木取り時に検討してみる。
この後は、少し大きめのサーバーとフォークも作ってみるつもりである。

スプーン

tag :

エナガの来訪

2013-03-09
エナガがまたやってきたので慌てて撮ったが、遠かったので綺麗に撮れなかった。
そこでネットで調べた写真は綺麗なので、こちらでエナガの姿を見て貰いたいと思う。
エナガ2

可愛い目が枝で隠れていて、これでは画にならない。
エナガ3

この様に枝にぶら下がり虫を探すので、見ていると面白いが長居はしてくれない。

エナガ1
tag :

ぐい呑みの比較

2013-03-08
中断していたぐい呑みの製作を再開したが、数が多く仕上げるのも大変である。
途中で追加したケヤキとヒノキの様子を見る為、先に完成させ比較してみた。

ケヤキは硬いので綺麗に仕上がるし、木目はやはり綺麗だ。
左はまだニスを塗っていないので艶が無いが右は光っている。
欅のぐい呑み

ヒノキは柔らかく加工しやすいが、淵を薄くすると割れてしまう。
左の小さな物は、割れたので修正し丈が短くなってしまった。
また、左の一つだけニスを塗ってあるが、艶があまり出ない。
檜のぐい呑み1

ヒノキの仕上げは大変で、塗装も上手くいかないが木目はすっきりしていて綺麗だ。

檜のぐい呑み2
tag :

ふきのとうと白い雲

2013-03-07
畑に行く途中に、ふきのとうが早く採れる場所に寄ってみた。
まだ多くの雪があったが、日当たりの良い場所は溶けている。
ふきのとうの土手

期待しながら探してみたところ、数個のふきのとうが見つかった。
今年初めての収穫であり、夕飯の味噌汁に入れ春の香りを感じた。
ふきのとう

帰り道、ふと空を見上げると青い空に白い雲がふんわり浮かんでいた。
午前中にはなかったが、午後になって白い雲があちこちに点在している。
蓼科山と白い雲

雲を撮った事があまりなかったが、形を変える雲にしばし見入ってしまった。
これは八ヶ岳の上に大蛇が現れた様に見えて撮ってみたが、果たしてどうか。
八ヶ岳と白い雲
tag :

畑の様子

2013-03-06
久し振りに畑まで来てみたが、土手には雪が無いものの緑もない。
畑の様子1

昨年同様、今年もマサキは綺麗に刈り取られている。
ニホンジカかカモシカだろうが、目撃はできていない。
マサキの被害

すぐ横にあるソヨゴの葉は食べられていない。
見た目はそれ程違わないが美味しくないのだろう。
ソヨゴの葉

下の畑にはシカらしい足跡が行く筋もある。

足跡
tag :

サラダボール 第二弾

2013-03-05
第一弾のサラダボールの形状を少し変えて第二弾を作った。
サラダボールの製作 第二弾1

少し小さ目だが形としては気に入っている。
形のバランスとしては前回よりも良さそうだ。
サラダボールの製作 第二弾2

ケヤキらしい木目もはっきりしている。

サラダボールの製作 第二弾3
tag :

春を探しに その2

2013-03-04
春の陽射しに誘われて春を探しに出掛けたが、何処にも春は来ていなかった。
この桜はコヒガンザクラで色が濃い、五月連休頃に撮りに来たいと思っている。
桜の枝と赤岳

ここからは乗鞍岳も望めるが、まだ真冬の景色だ。
春の山は春霞が掛かり、晴れていても綺麗に映らない。
乗鞍岳

御嶽山も真っ白で、一日二日暖かいと言っても、まだまだ春は遠そうだ。
御嶽山

tag :

サーバー製作 第二弾

2013-03-03
サーバー作りが面白かったので、第二弾を作り始めた。
割れがある板があり、こんな材料でも使い道が有った。
サーバー製作 第二弾1

初めの工程は木取りで、鋸を使って大凡の形に切り分ける。
サーバー製作 第二弾2

更に鋸で不要な部分を切り取り、その後丸ノミでくぼみを作る。
手前にある先が四角になっている物は、フォークを作る予定だ。
サーバー製作 第二弾3

奥の二つは荒削りの状態で、手前は荒仕上げを行いほぼ形になっている。

サーバー製作 第二弾4
tag :

日本ミツバチの様子

2013-03-02
預けてある巣を久し振りに見に来たが、雪が多くこのまま暖かくはならないだろう。
蜜蜂の様子4

一昨日は大分暖かだったので忙しなく掃除をしていたが、流石にまだ花粉を運んでは来なかった。
蜜蜂の様子3

こちらの巣も雪に囲まれていて、まだ春は遠い。
蜜蜂の様子2

それでも一昨日は大分外に出て来ていて、手前の蜂の様に盛んに巣くずをくわえて運び出していた。
蜜蜂の様子1
二個の巣が健在だったので安心したが、蜂達も待ちわびる春はまだ遠い。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>