白樺林

2013-05-31
この辺りも平年よりも早く梅雨入りし、一昨日は雨模様だったので写真撮影に出掛けた。
霧を撮る練習にと出掛けたが、初めてであり成果はいまいちだが、3日分を整理してみた。
白樺林2

まずは、八ヶ岳自然園近くの白樺林で、レンゲツツジが咲いているだろうと撮りに立ち寄った。
残念ながら咲いていたのはこの一株で、他の株はまだ蕾の状態で全体的に株は減っていた。
白樺林3

何時もとは違うアングルで撮ってみたが、この角度は青空の方が映えるだろう。
白樺林1

この場所を通る道はこんな感じになっていて、この辺りでは洒落ている方だ。

白樺林1
tag :

舞鶴草

2013-05-30
このマイズルソウは植えてから二年目だが、綺麗に出揃って想定した姿になった。
舞鶴草1


ここのマイズルソウは苔を植え込んだ時に、苔に地下茎があり育って来たものだ。
舞鶴草4


白い花を鶴に見立てたにしては、この花が鶴に似ているとは思っていなかった。
舞鶴草3

調べてみたところ、葉の模様を鶴の舞う姿に見立ててこの名がついたとの事だ。

舞鶴草4
tag :

菖蒲の仲間

2013-05-29
話題となった、アヤメ、ショウブ、ノハナショウブ、カキツバタの比較してみたいが全て咲き揃いそうにない。
ノハナショウブはまだ蕾が確認できず、今年は咲かないかもしれないし、ショウブも今年は咲きそうにない。
また、家にはアヤメは3種類あるが、ハナショウブはなく代わりに一番似ているジャーマンアイリスを載せた。

 この時期一番目にするアヤメで、乾いた場所に生える。   花弁の根元に名前の由来となった綾目がある。
文目2

 名前を忘れたが、薄いあずき色のアヤメで珍しい。     やはり花弁の根元に綾目がはっきりとある。
文目1
 
 白い三寸アヤメで背丈は15cm位である。    こちらの花弁の根元の綾目は少しシンプルである。
文目3

 斑入りのカキツバタで葉と花の色合いが好きである。    花弁の根元の綾目ははっきりせず水辺に育つ。
杜若
 
 ジャーマンアイリスは乾いた土地に育つ。       ハナショウブが家に無く似ているので代役である。
ジャーマンアイリス

 菖蒲湯に使うショウブの葉だが花はまだ咲かない。     これも斑入りがあり白と黄緑の縞模様がが綺麗だ。
 アヤメはアヤメ科だがショウブはサトイモ科である。     小さいガマの穂の様な花を付けるが綺麗ではない。ショウブ
アヤメは、菖蒲、文目、そして綾目と書き、ハナショウブをアヤメと呼ぶので兎角紛らわしい。
また、花を見てもなかなか区別がつかない点も紛らわしいので、結局どちらでも良いのだろう。
tag :

青い花と白い花

2013-05-28
 庭にはいろいろな花が咲いているが、ブログに登場していない花もあった。
 白と青の組み合わせが好きなので、今回は白と青の花を集めてみました。
青と白の花4
 ・アマドコロは小さい松の木の下に生えていて良い風情を出している
 ・ヒメシャガは丈が短く葉が細いので、山野草として丁度良い風情だ
 ・カザグルマの過去の記事を思い出したが、カザグルマの方が似合う
 ・このスイセンは最後に咲く品種で、花壇に花が少なくなった頃に咲く

青と白の花3
 ・今年のフジの花は少なく寒さのせいだと思っている
 ・スズランはその内増えすぎて困ることになるだろう
 ・カラマツソウは増えもしないが、清楚な感じが良い
 ・オダマキのこの花の形がいつも気になってしまう

ピンクの花の時と同じく、ただ列挙しただけではと思い少し珍しい二種を載せた。
一つ目はカラマツソウで、何時植えたのか覚えていないが、毎年咲いてくれる。
カラマツソウ

普通のシャガは何処にでもあるが、このヒメシャガは意外に少なく人に喜ばれる。
ヒメシャガ



tag :

孔雀シダ

2013-05-27
幼少の頃から庭に植えようと考えていた、クジャクシダが葉を広げた。
植物が好きだったとは言え、これを植えようと考えるのはマニアックか。
クジャクシダ1

クジャクシダにも色変りがあるが、山にあるのは緑である。
クジャクシダ2

この黒い枝のコントラストが気に入っている。
ますますマニアックな少年だったと言える。
クジャクシダ3
tag :

ピンクの山野草の花

2013-05-26
ピンクの花を練習がてら撮ってみた。

まずはオダマキだが、種類が色々あるなかで優しい感じの所が好きである。
このように立体的な花は、マクロレンズを使用せず撮った方が表現しやすい。
オダマキ

これは小さな花をつけるツルハナガタを、マクロレンズを使ってUPで撮ってみた。
もう少し良い構図もありそうだし、トリミングによる修正も有り得ると思うが・・・・・
ツルハナガタ

最後は珍しくないが日本サクラソウで、同じく撮影の練習である。
ツルハナガタと同じ感じになってしまい、もっと工夫が必要である。
サクラソウ

ツルハナガタはあまり知られていないので、全体像も載せた。
ツルハナガタ
tag :

変わった庭木

2013-05-25
それ程珍しくはないかもしれないが、咲き分けのツツジである。
移植して3年経ったので、今年は刈り込んで形を整える予定だ。
咲き分けのツツジ1

寒さのせいか今年は花の付きが悪いので、綺麗に咲いているところを狙って撮ってみた。
咲き分けのツツジ2

衝動買いしたモミジだが、調べたところ鴫立沢という種類である。
花の種類は殆ど忘れてしまうので、このような時に困ってしまう。
鴫立沢1


夏向きに良いかと思って鉢植えにしていたが、面倒なので地植えにした。
鴫立沢2

この姿を見て、ハナイカダと名付けたのは粋な計らいだ。
不思議な花だと思ったのは、多分小学校6年の春の筈だ。
花筏1

これは雌花だが、雄株・雌株があり、雌株が欲しいが未だ手に入らない。
雄花が綺麗な訳ではなく、同じ緑色だが一つだけだが実が付く筈である。

花筏2
tag :

斑入り その2

2013-05-24
第二弾の最初は、斑入りフウチソウである。
名前が表す通り、夏に風を知れせてくれる。
風知草

これは斑入りのヤブカンゾウで、斑が入っていなければただの雑草だ。
藪甘草

斑入りのアヤメとして購入したが、咲いた花を見る限りノハナショウブである。
野花菖蒲

最後は斑入りのフキで、普通のフキと同じく丈夫でどこからでも生えてくる。
蕗
花も咲くが、斑入りの葉は一年中その変化を楽しませてくれる。
また、下草として暗くなりがちなところを、少し明るくしてくれている。
羅列しただけでは能がないと、今朝撮ったフウチソウの写真を載せた。
風知草2
tag :

雪餅草の花

2013-05-23
昨年の春植えたユキモチソウが無事咲いた。
雪餅草1

マムシグサに似ているが、雪餅として表現される不思議な形が特徴である。
テンナンショウ属 にはいろいろ種類があるが、ウラシマソウとともに人気だ。
雪餅草2

それにしても、何とも不思議な形である。
自然は面白い造形を作り出すものである。

雪餅草3
tag :

牡丹のある風景

2013-05-22
牡丹は芍薬と、文目は杜若と比較されるが、今回は牡丹と文目の競演である。
文目と牡丹

こちらは西の庭との共演で、咲き分けの島錦である。
一つの株に赤、ピンク、そして咲き分けの花が付く。
島錦2

このボタンは一番のお気に入りで、妻の実家から株分けして貰った物だ。
岳父が三年がかりで子を取り、一昨年に移植し、今年初めて花を咲かせた。

牡丹
tag :

斑入り その1(擬宝珠)

2013-05-21
斑入り植物が何種類かあるので、葉が綺麗なこの時期に撮ってみた。

まずはギボウシ4種で、それぞれ色合いが違う。
この色の取り合わせが一番見かけるかもしれない。
擬宝珠1

こちらは白い部分が黄色になったものである。
擬宝珠2

少し小振りのギボウシで、色合いは一般名的なものである。
擬宝珠4

最後は、珍しいオウゴンヒメギボウシ(黄金姫擬宝珠)である。
本当の名前かどうか知らないが、他ではあまり見かけない。

擬宝珠3

tag :

山芍薬の開花

2013-05-20
ヤマシャクヤクの蕾が二つ付き、その内の一つが咲いた。
昨年は咲かず仕舞いだったので、感激もひとしおである。
山芍薬1

人気のある山野草であるが、花は三日程しか咲いていない。
芍薬の原種で、この辺りの山に自生しているが少なくなった。
山芍薬2

短い命であるので、何とか綺麗に撮ってあげたい。
私の腕ではこれが限界であり、撮り直しはできない。
山芍薬3
tag :

花桃と八ヶ岳

2013-05-19
標高が1100m程あるこの辺りの農家は、何故かハナモモを植えている。
春を待ち焦がれていて、春の訪れをこの花で感じたいのかもしれない。
農家1

二軒目の庭にも多くのハナモモが植えてあり、ツツジとともに良く手入れされている。
右下の青い木はイチイの木で、蝋燭型に剪定してあるものの下が鹿に食われている。
農家2

ジャガイモ畑の土手のハナモモ、若葉の緑と黄緑、そして雪が残る八ヶ岳、今年最後の春景色である。
花桃と八ヶ岳1

手前の土手にも植えられていて、枝を入れて撮ってみたがどうだろうか。
花桃と八ヶ岳2
この近くに置いた日本ミツバチの分蜂群取り込み用待ち箱に、昨日分蜂群が入居した。
我が家の蜂群の分蜂が遅れている中、分蜂群を無事入手しできたので一安心である。

tag :

礼文草

2013-05-18
このレブンソウはマメ科なので強いのか、毎年多くの花をつける。
礼文島にあるくらいなので寒さには強い筈で、この辺りでも平気だ。
礼文草1

次々に花茎を伸ばし、豆の花の形の綺麗な花を見せてくれる。
礼文草2

az さんの14日のケシの写真の様に撮りたいところだが、この位では追いつかない。

礼文草3
tag :

ライラック

2013-05-17
ライラックは五月の青空に良く映える。
ライラック1

北海道に似合う花の通り寒さに強く、丈夫な花木である。
ライラック2

日本名はムラサキハシドイと言うが、あまり知られていないので使わないでいる。

ライラック3
tag :

蛍蔓

2013-05-16
山でホタルカズラの花を見て、この青さに魅かれて庭に植えた。
草なので文字通り下草に良いとの考えであるが、上手く行くか。
蛍蔓2

 草むらに小さい花が咲いている様子は、蛍に見えないことはないが、似つかない。
 咲き始めはピンクで徐々に青くなるところは、蛍の光の様に変化しているとも言える。
蛍蔓3

カズラの名前の通り、蔓の様なランナーを伸ばして増えて行く。
人は都合で花にしたり、草扱いにしたりするが、基準は何だろう。
草として他にヤブカンゾウやドクダミがあるが、八重や斑入りである。
蛍蔓4
tag :

槐の新芽

2013-05-15
遅霜の影響もなくエンジュの新芽が綺麗に伸びた。
植えて三年経ち一回り大きくなって良い木陰を作る。
エンジュ1

この新芽の銀色を楽しむが ”延寿”とも書き、魔除けや安産・長寿の縁起物として扱われる。
木目も美しく、特に外周部の白色と芯部分の茶色とのコントラストが綺麗で床柱に使われる。

エンジュ2
tag :

八重咲き一華

2013-05-14
ヤエザキイチゲ が今年も咲き出したが、毎年増えている。
丈夫なので園芸種だと思うが、種類が多く良く分からない。
八重咲き一華2

キクザキイチゲとアズマイチゲもあるが、まだ咲かない。
一斉に咲くし、花も長持ちするので長く楽しませてくれる。
八重咲き一華3

昨夕撮ったが、朝日が当たっている時より綺麗に撮れた。
慌てて撮った割にはなかなか良い感じで、自画自賛である。

八重咲き一華1
tag :

十二単

2013-05-13
正式にはアジュガだろうが、垣根に合うのは十二単だろうから、ジュウニヒトエとした。
十二単2

珍しくもなく丈夫なのでぞんざいに扱ってきたが、やっと終の棲家となった様だ。
長く咲いてくれるしこの青も綺麗だが、珍しくもなくなると大切にしない。(反省)

十二単1
tag :

日陰ツツジ

2013-05-12
遅霜の影響もなく、花は綺麗に咲いたものの、数は相変わらず少ない。
この色が好きでやっと手に入れたが、何時になったら花が多く付くのか。
日陰ツツジ1

日陰に植えてあるが、ツツジなので日向の方が良いかもしれない。
咲いた花の数を数えながら、風情を感じて楽しませてもらうとしよう。

日陰ツツジ2
tag :

山の風景

2013-05-11
二階の窓から見た甲斐駒ケ岳だが、雪を纏った姿はこれが見納めとなる。
甲斐駒ケ岳

天気が良かった日に、夕焼けを撮りに蓼科方面へ向かった。
考えていた風景は撮れなかったが、この山脈が綺麗だった。
御嶽山1

この方向では想定していた程の夕焼けにならなかったが、グラデーションが面白い。
絵になる山脈だがアクセントが無く、このままでは面白味がないがどうしたものか。
御嶽山2

この場所は視界が開けているので、北アルプスから南アルプスまで見渡せる。
写真をクリックするとパノラマになるが、迫力はないものの雰囲気は出ている。
御嶽山パノラマ

この様な光景を撮りたかったが、太陽が沈む位置が違っていた。
時期を見ながら再度挑戦したいが、思った構図で撮れるかどうか。

夕焼けと落葉松
tag :

一人静と九輪草

2013-05-10
昨年植え替えたヒトリシズカが咲いたが、遅霜の影響であまり綺麗ではない。
木の下から見える所へ出してあげたが、それが良かったかどうか暫く様子を見る。
一人静1

遅く出てきた花茎は綺麗だったので撮ってみたが、力が入らない。
一人静2


出掛けた時に植木市で、衝動買いをしてしまったクリンソウである。
九輪草1

この場所は合いそうなので良いアクセントになって貰えそうだ。

九輪草2
tag :

日本ミツバチの様子

2013-05-09
 今年の春は天候不順だったので、日本ミツバチの様子も少し変である。
 一つの群は、ようやく3日前に雄蜂が誕生したところで少し遅れている。
 
 順調に育っている巣からは、今月末に分蜂が始まると予想される。
 昨年は8郡全てを捕獲出来たので、今年も上手く捕獲できると思う。
元気な巣
 もう一つの群は蜂の数が増えず何か異常事態が起こっている様である。
 内見した結果、遅れていると判断し、更新されていない巣を切り取った。
不安な巣
 日本ミツバチの分蜂群を捕獲するため、待ち箱を数か所に置いてある。
 過去に実績のある所に3ヵ所、新たな場所に3ヵ所、予備は2ヵ所である。
山に置いた待ち箱
 写真の四か所はすべて実績のある所なのだが、毎年入居する訳でもない。
待ち箱1
まだ探索蜂に出会っていないので予想も立てられないが、期待はうすい。
何故なら、一昨年は3群捕獲が出来たが、昨年は一群のみの捕獲である。
日本ミツバチが減っていて、他の皆さんも苦戦しているようなので仕方ない。
tag :

血染紅葉

2013-05-08
チシオモミジの芽が大分伸びてきたので見頃となってきた。
モモジを小さく仕立てるのは難しく、これは上手くいったか。
チシオモミジの 昨年の紅葉 は見事だったが今年はどうか。血染紅葉1

このモミジは芽吹きを楽しむので、 チシオモミジの画像 も芽吹きが多い。
血染紅葉2

奥にあるノムラモミジと比較してみても、赤い色の鮮やかさが分かる。
野村紅葉との比較

ヤマモミジと比較すると、青葉と紅葉の同居で面白い。
山紅葉との比較



tag :

花海棠

2013-05-07
ハナカイドウが咲き出したが、今年も花の数は少ない。
丈夫な木なのだが、移植後3年経っても木に勢いがない。
花海棠1

庭師が、豪華に咲くのも良いが、花を探すのも風情があると言っていた。
風情と言えば、中国では下向きに咲くこの花に風情を感じるようである。

花海棠2

tag :

黒百合の開花

2013-05-06
クロユリが三本咲いたが、いつもより背が低い様な気がする。
それでも三つ揃って咲いてくれたので、少し華やかさはある。
黒百合1

下向きに咲いていて撮り辛いし、色の表現も難しい花だ。
子も増えているが、それらが咲くまではだいぶ先になる。

黒百合1
tag :

斑入り杜若

2013-05-05
斑入りカキツバタの葉が大分伸びてきて綺麗になった。
山野草展で観て気に入り、それ以来大事に育てている。
斑入り杜若1

今日は端午の節句なので、ショウブを載せたいところだがまだ小さく、似てるところでの代役だ。
家にはノハナショウブ、ショウブ、そしてカキツバタの斑入りがあるが、すべて縦縞になっている。

斑入り杜若2
tag :

屋久島金梅

2013-05-04
ヤクシマキンバイが咲き出し、他に花のないロックガーデンを彩っている。
背が低く、縁取りや礫の流れ出るのを防止するには格好の山野草である。
屋久島金梅1

花も次々に良く咲くし、実生で増える程丈夫なのでありがたい。
他の植物たちも越冬して芽を出し始めているが花はまだである。
屋久島金梅2

例によってアップで撮ってみたが、あまり綺麗に撮れなかった。
梅の字が入っている通り、花弁は五枚である事が良く分かる。
屋久島金梅3
tag :

丹頂草と碇草

2013-05-03
花に赤い点があるからタンチョウソウと呼ばれるが、赤いのは少しだ。
また、イワヤツデとも呼ばれるが、ヤツデに似た葉はまだ出てこない。
丹頂草1

花はそれほど綺麗ではないが、葉が一年中綺麗なので下草としてよい。
丹頂草2

イカリソウは何種類かあるが、これは昨年田中さんから頂いたものである。
碇草1

他の種類と違うのは、葉が冬まで綺麗でいて一番早く咲く事である。
少し拡大し過ぎてしまった様だが、花の形は碇の形を良く表している。

碇草2
tag :

プルーンの花

2013-05-02
大きい方のプルーンの木の花は沢山咲いたが、もう一本の木の方は遅れている。
良く実が付くように近似の種類2本を植えてあるが、これでは効果が発揮できない。プルーン1

この木には多くの花が付いているので、沢山収穫できると期待しているが果たしてどうか。
プルーン2

こちらの木には花が少ししか付いていないし、しかも咲く時期も遅れている。
また、花も少し貧弱に見えてきてしまうのは気のせいか。
プルーン3
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>