久々の渓流釣り

2013-07-31
このところ何かと都合があり、渓流釣りもご無沙汰であった。
雨上がりの昨日は都合が良く、久々に渓流釣りに出掛けた。
珍しく7匹も釣れ、タイミング良く雨上がりに行けた事が良かった。
岩魚

良い景色があればと、最近はコンパクトデジカメを持って行くが、やはり釣りが忙しい。
雨に濡れたこのダケカンバらしい葉が綺麗だったので、それでもと最後に撮ってみた。
葉っぱ

 帰りに畑により野菜の収穫をしていたら、やけに蝉の声が大きく、探すとすぐ傍で鳴いていた。
 蝉や蜻蛉は小さい頃の遊び仲間(道具)だったが、こちらも久し振りに間近で観察ができた。

蝉
tag :

擬宝珠

2013-07-30
あちこちに植えてあるギボウシだが、斑の入った葉を楽しんでいるので花はあまり眺めたことはない。
ギボウシ2

この蕾の形が擬宝珠に似ているからその名が付いたが、こちらの方が擬宝珠より大分スマートだ。
ギボウシ2

花の形は綺麗だが、淡いこの色があまり目立たない。

ギボウシ3
tag :

屋久島吾亦紅

2013-07-29
ロックガーデンに植えてあるヤクシマワレモコウは、小型なので風情がある。
吾亦紅1

花がバラバラなので撮り辛く、私の手には負えない。
吾亦紅2

今日は朝から雨降りで梅雨に戻った様な陽気だ。
梅雨時に芝生の中に良く生える茸を一本見つけた。
今年の山の茸の出来は天候不順で良く分からない。
芝生と茸


tag :

向日葵

2013-07-28
今年は珍しくヒマワリを育てた。
向日葵1

種を見つけたのでプランターに蒔いておいただけだが、それでも良く咲いてくれた。
向日葵2

小型のヒマワリだが、全体像を見ない限り立派なヒマワリに見える

向日葵3
tag :

風知草と朝鮮嫁菜

2013-07-27
玄関先に植えてあるフウチソウが見頃となっている。
風知草1

この時期の葉が一番綺麗で、しかも風を知らせて欲しい時でもある。
風知草2

玄関先に植えたチョウセンヨメナもようやく咲いたが、色が薄い様な気もする。
朝鮮嫁菜1

本来は丈夫だが、我が家のは植えてある所が乾き気味の所で、2~3株がひっそり咲いている。

朝鮮嫁菜2
tag :

岩シャジン

2013-07-26
ロックガーデンに植えてある岩シャジンが、いつの間にか咲いていた。
岩に添えて植え、山にある岩シャジンの風情を演出しているつもりだ。
岩シャジン1

実際の色はもう少し青いが、何故か綺麗に撮れなかった。
青い色は、咲くのが大分後になる鳳凰シャジンに任せよう。
岩シャジン2

こちらは白花岩シャジンで、毎年綺麗な花を付ける。
白花岩シャジン1

この花は日の当たり方が良く、綺麗に撮る事が出来た。
白花岩シャジン2
tag :

露草

2013-07-25
ツユクサは雑草であるが、この斑の入り方が綺麗なので、我が家では山野草の仲間である。
ツユクサ2

小さな花なのでじっくり見た人はいないだろうが、黄色と水色の対比がなかなか可愛い。
ツユクサ3

透き通るくらいの清々しい水色で綺麗だが、名前の由来の通り午後には萎んでしまう。

ツユクサ3
tag :

蜜蜂と百舌鳥

2013-07-24
カスミソウに沢山の日本ミツバチが来ているが、私が飼育している蜂達ではない。
西洋ミツバチに比べ体が少し小さく、色も黒っぽいのが特徴で、細かな花を好む。
日本ミツバチ

庭には西洋ミツバチの方が良く来ているが、カスミソウよりラベンダーの花を好むようだ。
西洋ミツバチ

この春、庭の日光ヒバに営巣し雛が孵った、モズの親子である。
意外に警戒心が強く、画像が綺麗なツーショットは撮れなかった。
百舌鳥2

アカマツ等の植木を良く剪定しておくと、枝の間に入り込んで毛虫を捕ってくれる。

百舌鳥1
tag :

夏茸

2013-07-23
今年の天候も不順なので、山の様子がどうなのか良く分からない。
ダメモトで近くの山へ出掛けてみたところ、夏キノコが少し出ていた。
夏キノコ

アカヤマドリの幼菌で、売り物になる程の最高級品である。
バター炒めにして食べたが、香りも良く和性ポルチーニである。
アカヤマドリ

山の上の方の様子も知りたいと思っていたところにお誘いがあり登ってみた。
土用松茸は滅多にお目に掛かれないが、朝の気温が低くなると気になってくる。
しかし、山はまだ夏で茸の時期に見た事の無いハクサンシャクナゲが咲いていた。
ハクサンシャクナゲ

 秋も終わり頃に採れるキシメジがこの時期三本採れたのは、やはり天候がおかしいのかもしれない。

キシメジ

tag :

イエローカサブランカ

2013-07-22
今年もイエローカサブランカの花が豪華に咲いている。
イエローカサブランカ1

数年前に二つの球根を植えたが、今年はそれぞれから二本の茎が伸び一層豪華になった。
イエローカサブランカ2

窓を開けると良い香りが部屋中に流れ、この場所に植えた効果が出た。

イエローカサブランカ3
tag :

青田の輝き

2013-07-21
朝の散歩コースで見る光景で、この時期の稲は青々として清々しい。
青田の輝き2

夜明けから風が吹く前のひと時だが、光る露が暑さを忘れさせてくれる。

青田の輝き1
tag :

額紫陽花

2013-07-20
冬の寒さの影響でこのガクアジサイも花の付きが悪い。
本紫陽花(手毬型)は花が一つも付かないかもしれない。
ガクアジサイ1

このところ暑さも一休みだが、涼しげな紫陽花が暑さを忘れさせてくれる。
ガクアジサイ2

株は大きいものの、花は探す程しかついていないが、かえって風情がある。

ガクアジサイ3
tag :

ユウスゲの開花

2013-07-19
畑の土手から採ってきたユウスゲだが、大分大きな株になった。
ユウスゲ1

今日初めの一つが咲いたが、今年も多くの蕾があり長い間楽しめそうだ。
ユウスゲ2

ニッコウキスゲに似て綺麗な花だが、夕方咲いて朝の八時には萎んでしまう。

ユウスゲ3
tag :

月下美人の開花 (二鉢目)

2013-07-18
知人から頂いた鉢だったのでクジャクサボテンだと思っていたが、夕方咲き始めてしまった。
昼間に咲くクジャクサボテンも見たいが、家にあるクジャクサボテンは昨年も咲かなかった。
月下美人1

小さい木でありながら花芽が二つ付き、同時に咲いてくれればと思っていたが一つだけ先に咲いた。
月下美人2

先日咲いた花と比べても、その差が良く分からない程、花も葉も似ている。
しかし、小さい鉢ながら二つ咲いたので、この鉢の方が花付きが良さそうだ。
月下美人3

流石ゲッカビジン、品種が少し違うかもしれないが、こちらの花も豪華で香りも良い。
月下美人4


tag :

凌霄花

2013-07-17
咲いているのはアメリカノウゼンカズラで、ノウゼンカズラは蕾が沢山あるがまだ咲いていない。
アメリカノウゼンカズラ1

ノウゼンカズラはPCで簡単に漢字に変換できるが、書く機会もない為か何時までも覚えられない。
アメリカノウゼンカズラ2

日本の物に比べ、ユリの様に花の形が長いのが特徴である。
また、アメリカノウゼンカズラの方が先に咲くので二度楽しめる。

アメリカノウゼンカズラ3
tag :

弟切草

2013-07-16
今年もオトギリソウの花を撮ってみた。
弟切草3

雑草ではあるが、花が可愛いので何本かを抜かずに大きくしている。
弟切草2

薬草で、名前の由来である弟を切るこの話しは、なんとも可哀想である。

弟切草1
tag :

桜蘭の開花

2013-07-15
今年もサクラランが咲いたが、まだ蕾の数は昨年よりも少ない。
桜蘭3

形も色も、何度見ても可愛い花で、数日間咲いている。
以前咲いた花茎に次の年も花が付く、珍しい花である。
桜蘭2

 幾つか蕾があるので暫く楽しめそうである。        葉の色も多彩なので観葉植物としても人気がある。

桜蘭1
tag :

ロックガーデンの様子

2013-07-14
ロックガーデンでは夏に咲く花は少なく、これから秋に向けて幾つか咲き出す。
ロックガーデン

秋の花の第一番目は園芸種のマツムシソウで、野生の物に比べ草丈が短い。
マツムシソウ

アサギリソウの花は綺麗ではなく、この朝霧の様な姿を楽しむ。
アサギリソウ

 花がねじれて咲くので ネジバナ と呼ばれる。         小さいが可愛いピンクの花で芝生に良く生えている。
モジズリ

心配したコマクサも良く花をつけて、株も大分元気になってきた。
実生で生えてきた芽も大分増えたので、冬場の管理にも力が入る。

駒草
tag :

睡蓮の開花

2013-07-13
今年もスイレンが綺麗なピンクの花を咲かせた。
次の蕾も有るが、一つでは少し寂しい感じである。
睡蓮1

三年前になるか近くの長円寺から貰ってきた物だが、植え替えもしていない。
長円寺では何年毎かに植え替えをしていて、その時に株を分けて貰った物だ。
花を観る他に、今年は池に放した小さい金魚の様子を見るのを楽しみにしている。
睡蓮2

咲いている時間帯は朝から午前中位で ”三日程繰り返す(寝て起きるを)ので睡蓮と呼ばれる” とある。
睡蓮3

tag :

霞草

2013-07-12
いつの間にかカスミソウが満開となっていた。
カスミソウ4

丈夫な宿根草なので毎年綺麗に咲いてくれる。
霞草1

朝陽が当たる場所なので、写真に撮るのも楽である。
霞草2

近くの花が何も咲いていないので、カスミソウだけの晴れ姿である。

霞草3
tag :

日本蜜蜂の様子

2013-07-11
6月24日に西洋ミツバチに襲われた巣が一つあり、急遽知り合いの家に避難させた。
しかし、その後も他の巣に移り始めたので、その場所にある4群全て避難させる事にした。
都合で出掛ける前であり、急な作業ではあったが、短時間に上手く移動させる事が出来た。

 この二つは田中さんの畑に避難させた巣で元気が良い。       この巣は分蜂群を取り込んだ巣である。
日本ミツバチの様子

 田中さんの庭先に避難させた巣で、一番元気が良い。    この巣は越冬したが分蜂しなかった巣である。
 田中さんも飼育したいとの事で、観察を楽しんでいる。    一度盛り返したが、最近は元気がなく心配である。
日本ミツバチの様子

 山で入った最後の巣は、熊対策の為ドラム缶に入れて、山の傍の畑に置いてある。
 蓋が取れるタイプのドラム缶を被せてあり、天板には20mmφの穴を幾つも開けた。
 三本の単管を50cm程土に打ち込んで、その上端を番線で固定して動かなくしてある。
 蜂の出入り口の淵をサンダーで削り、熊が手を掛けて怪我をする様に刃型を付けてある。
 この畑の土手は蜜蜂にとって環境が良く今後も置きたいので、効果に期待したいところだ。 

日本ミツバチの様子
tag :

吾亦紅

2013-07-10
今年の梅雨時には、靄の風景と露の写真を撮りたいと思っていた。
靄の写真は雨降りの中出掛けた御射鹿池等の写真の一回である。

梅雨が明けたと聞いて、慌ててワレモコウの葉に付いた露を撮ってみた。
吾亦紅5

初めての挑戦だが、庭に植わっているワレモコウを撮るので簡単である。
吾亦紅1

朝陽が当たるのを待って撮り始めたが、上手い具合に日が当たるところは意外に少ない。
吾亦紅2

芸術的に撮る様に工夫したが、果たしてどうか。
吾亦紅3

少し遊んでみたが、少し度が過ぎたか。

吾亦紅4

tag :

山の畑の様子

2013-07-09
今年のジネンジョの成長は、昨年に比べ少し良い感じである。
また、蔓を絡ませる手をしっかり作ったので収穫が楽しみである。
自然薯の木

トウモロコシは ”ミライ” を種から育てているが、少し遅れている。
二回に分けて蒔いたが、暖かくなって蒔いた為か発芽率は良かった。
トウモロコシ

カボチャの木の成長は過去一番良く、春先気温が上がらない日がありマルチを使った効果が出たと思われる。
南瓜の木

 今年のジャガイモ栽培はキタアカリの一種類だけである。   ジャガイモの花に実が付く事が良くある。
 成長が良すぎたので心配したが、この分では大丈夫だ。    しかしこれ程多く付いたのを見たのは初めてだ。

キタアカリ
tag :

松葉牡丹

2013-07-08
駐車場の端を花壇にした所に植えたマツバボタンが、今年は多くの花をつけた。
松葉牡丹1

昔からの花だが、この様な乾き気味の所には良い花である。
松葉牡丹2

夏の暑さにも負けず長い間楽しませてくれるだろう。

松葉牡丹3

tag :

羽蝶蘭と苔盆栽

2013-07-07
ウチョウランは人気の山野草で、熱心なファンが多い。
ウチョウラン1

ウチョウランの画像で種類を調べてみたが、この花は特別珍しい品種ではない。
ウチョウラン2

石に植え付けたこの苔盆栽は何年も経つが、形も変えず毎年楽しませてくれる。
苔盆栽2

小さなピンクの花の名前は忘れてしまったが、葉も小さく苔盆栽に向いている。

苔盆栽3
tag :

横の畑の様子

2013-07-06
家の横の畑に毎年作るのは、ナス、トマト、キュウリ、ニンニクである。
今年はタマネギも少し作ってみたが、やはり大きなものはできなかった。
あまり上手に育てられなかったタマネギだが、新タマネギを味わえそうだ。
スティックセニョール1

スティックセニョールの苗を田中さんから貰い、初めて作ってみた。
青虫が付かない様に防虫網を使ったが、それでもどこからか入った。
ニンニクとタマネギ

取り立てという事もあるかもしれないが、柔らかくて青臭くなくとても美味しい。
スティックセニョール1

今年のトマトも順調に成長していて、昨年同様に期待できそうである。

トマト
tag :

アナベル

2013-07-05
昨年植えたアナベルが丈夫に育ち、幾つもの花をつけた。
アナベル2

こちらは玄関の窓から見える様に植えた。
今朝は雨降りなので家の中から撮ってみた。
アナベル4



昨年伸びた枝に付くのは小さい花塊なので、少し切って徒長枝を増やした方が大きな花塊になりそうだ。

アナベル3
tag :

月下美人の開花

2013-07-04
今年もゲッカビジンが咲いたが、また一つである。
昨日の夕方咲き初めたので、19:30に撮リ始めた。
月下美人1

20:00にはほぼ開き、良い香りがし始めた。
月下美人2

約一時間掛けて満開となり、その妖艶な姿になった。
月下美人3

一夜限りの姿だが毎年楽しませてくれ、まだ小さいが次に咲きそうな花芽もある。
昨年も一つずつではあるが三度咲いたので、今年もそのペースで咲いてくれるか。
月下美人4
tag :

山紫陽花

2013-07-03
ガクアジサイはまだ咲かないが、ヤマアジサイは何種類か咲き出した。
山紫陽花3

昨年の冬が寒かったが、ヤマアジサイは流石に丈夫で殆ど影響がない。
山紫陽花4

この紅(クレナイ)は人気で、最近は至る所で目にする様になった。
山紫陽花2

この八重も綺麗な筈だが、今年も少なく二輪しか咲かない。

山紫陽花2
tag :

百合の花が咲き始めた

2013-07-02
3年程前から植え始めたスカシユリが、あちこちで咲き初めている。
透かしユリ2

ここが一番多い場所で、この後イエローカサブランカとクルマユリが咲く。
透かしユリ4

良く知らないので正確ではないが、ハイブリッド系のスカシユリが主である。
透かしユリ3

このスカシユリは一番古株だが、一番早く咲き色も鮮やかで綺麗である。
透かしユリ1

 蕊フェチではないが、いつもは早めに摘んでしまう雄蕊を撮ってみた。
透かしユリ6
 時間が経つと花粉が散らかり綺麗ではないが、花としてのバランスはある方が良いのは当たり前か。

透かしユリ5
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>