FC2ブログ

グリーンアナベル

2019-08-31
アナベルがグリーンになった。
s-IMG_5592.jpg

そろそろ切ってドライフラワーにできるだろう。
s-IMG_5593_20190830121833c28.jpg

秋雨前線がいつ消えるのか、災害が起きている所は大変である。
s-IMG_5594.jpg
tag :

初秋の霧ヶ峰高原

2019-08-29
朝焼けを予測して八島湿原へ出掛けてみた。
s-IMG_5575.jpg

予想通り朝焼けにはなったが、草原に漂う霧は無く、徐々に雲が厚くなってきた。
s-IMG_5587.jpg

早々に八島湿原を引き揚げ踊場湿原へ来たものの、やはり湿原に漂う霧は無かった。
s-IMG_5589_20190827090847785.jpg
tag :

長円寺の夏水仙と青紅葉

2019-08-27
家のナツズイセンが咲いて、長円寺を思い出して撮りに来た。
s-IMG_5543.jpg

境内に車が停まっていて思う様に撮れなかったが、何とかお寺らしさが出せた。
s-IMG_5544.jpg
tag :

女郎花

2019-08-25
大分前から咲いていたオミナエシ。
s-IMG_5328.jpg

昨年植え替えたが、この場所が良さそうだ。
s-IMG_5326.jpg

ハナアブかハナバチか解らないが、ミツバチではない。
s-IMG_5483.jpg

雨が上がったので撮り直してボケを撮ってみた。
s-IMG_5478.jpg

上手くボケないのでバックに入れて。
s-IMG_5511.jpg

tag :

夏水仙

2019-08-23
3日前には蕾もなかったナツズイセンが咲いていた。
s-IMG_5316.jpg

いつももながら、この花の成長の速さには驚かされる。
s-IMG_5313.jpg

少し工夫して艶やかに。
IMG_5322.jpg
tag :

凌霄花と日本蜜蜂

2019-08-22
夏の花の代表格ノウゼンカズラが咲いたが、今年は青空がバックではない。
s-IMG_5362.jpg

アメリカノウゼンカズラと同居していたが、負けていたのでこの花だけにした。
s-IMG_5363.jpg

撮っていると、飼育している日本ミツバチが吸蜜に訪れた。
s-IMG_5379.jpg
tag :

ミヤマモジズリの開花

2019-08-21
ミヤマモジズリが無事に開花した。
s-IMG_5338.jpg

この場所の花は、昨年は蕾の内にナメクジに食べられてしまった。
s-IMG_5336.jpg

花は小さいが、ランの仲間だけあって可愛い形をしている。
s-IMG_5351.jpg
tag :

蓮華升麻と黄蓮華升麻

2019-08-20
レンゲショウマが咲き出した。
s-IMG_5284_201908171936451d5.jpg

夏の花の割に花の寿命は比較的長いが、やはり咲き始めが綺麗だ。
IMG_5280.jpg

キレンゲショウマも咲き始めたが、これ以上あまり開かない。
s-IMG_5285.jpg

今年の春に植え替えたので、株が大きくなることを期待している。
s-IMG_5288_20190817193648555.jpg
tag :

霧の踊場湿原

2019-08-18
霧が出そうな予想で、目も覚めたので、またまた出掛けてみた。
s-IMG_5305.jpg

八島湿原への道は運転も危険なほど、ここ踊場湿原も日の出は期待できない。
s-IMG_5302.jpg

シシウドもピークが過ぎ、こんな日もあると諦めて、畑経由でミツバチの様子も見て帰ることにした。
s-IMG_5295.jpg
tag :

天井の蒼

2019-08-16
プランターにこぼれた種から毎年咲いている、西洋アサガオの”天井の蒼”。
s-IMG_4754_20190803204346c39.jpg

ヘブンリーブルーの改良種らしいが、こぼれ種から咲くのでありがたい。
s-IMG_4758.jpg

今年は花の数が少なそうなので、来春は土を入れ替える予定である。
s-IMG_4751.jpg

この位咲けばこぼれ種で来年も楽しめるだろう。
s-IMG_4908_201908061205076f3.jpg
tag :

涼しさを演出  その2

2019-08-15
今年の夏も暑かったが、もう少しの辛抱か。
IMG_5169.jpg

大分前に東北へ行った時に購入した南部鉄の風鈴。
s-IMG_5171.jpg

ツリシノブも涼しげだ。
s-IMG_5170_20190809181247dc1.jpg
tag :

踊場湿原の夜明け

2019-08-14
丁度良い時間に目が覚め、霧ヶ峰高原へ向かった。
s-IMG_5210.jpg

踊場湿原に霧が立ち込んでいたので、ここで撮影することにした。
s-IMG_5237.jpg

草原を下りくる霧、変化しながら消えてゆく。
s-IMG_5246.jpg

霧に立つ木立が幻想的であった。
s-IMG_5254.jpg

陽が出たものの雲があり、期待していた光芒は現れなかった。
s-IMG_5267_20190811231207069.jpg
tag :

盆花

2019-08-13
盆花として飾られるミソハギ。
s-IMG_4556.jpg

味噌萩とばかり思っていたが、禊萩と書くので納得である。
s-IMG_4560.jpg

この花を観ると、幼少の頃の夏を思い出す。
s-IMG_4555.jpg
tag :

霧ヶ峰高原へ

2019-08-12
前日に夕立があったこの日、霧を期待してまた八島湿原へ来てみた。
到着した頃は霧が立ち込めていたが、日の出前には消えてしまった。
s-IMG_5092.jpg

そこで早目に踊場湿原に来てみた。
s-IMG_5108.jpg

予想通りこちらには丁度良い霧が出ていた。
s-IMG_5120_201908091812413e4.jpg

他に一人いたが、暫くすると同じく八島湿原から移動して来た方も撮影し始めた。
s-IMG_5137.jpg

霧が漂ってくれたものの、光芒が出るほどにはならなかった。
s-IMG_5165.jpg
tag :

涼しさを演出  その1

2019-08-11
連日の猛暑、玄関先を涼しげにしてみた。
s-IMG_4808_201908061204539dc.jpg

水石にツリシノブを植えてあるが、何故かネジバナが咲いた。
s-IMG_4809.jpg

ガラスの瓦に載せて涼しさを演出。
s-IMG_4810.jpg
tag :

八島湿原へ  その2

2019-08-10
霧が多かったので池の木道へ下ってみると、なんと霧が晴れてきた。
s-IMG_4831.jpg

既に数人のカメラマンが構えていたので、ベストポジションでは撮れなかったが、日の出には間に合った。
s-IMG_4851.jpg

シシウドを入れて撮れたので目的は達成できた。
s-IMG_4865.jpg
tag :

八島湿原へ  その1

2019-08-09
この日も天気が良さそうだったので、八島湿原へ出掛けた。
s-IMG_4816.jpg

霧が多いので、右手の方から撮影することにした。
s-IMG_4821_20190806120459082.jpg

霧が多くなってきて、このままではあまり期待できないと思い、下へ移動。
s-IMG_4828_20190806120501266.jpg
tag :

松本大学の向日葵

2019-08-08
昨日は松本へ行く用事があり、ここを撮る予定でいた。
s-IMG_4922.jpg

前日に大雨と風、ヒマワリが転んでいる所もあったが何とか撮れた。
s-IMG_4926_20190807154402472.jpg

雲はいい感じだが、もう少しアクセントが欲しい。
s-IMG_4965.jpg

親子連れが撮っていたので、お願いして撮らせてもらった。
s-IMG_4976.jpg

世話をしている方は、汗をかきながら迷路を作ったが、昨日の雨と風で使えなくなったと嘆いていた。
s-IMG_5032.jpg
tag :

湿原の夜明け

2019-08-07
霧を期待して霧ヶ峰高原へ出掛けたが、八島湿原は多すぎ、ここ踊場湿原は少ない。
s-IMG_4782.jpg

それでも折角来たのだからと、奥の方を撮ってみた。
s-IMG_4781.jpg

シシウドも咲いていて季節は夏本番となっていた。
s-IMG_4785.jpg
tag :

白い蓮

2019-08-05
以前も通ったことがある池の蓮が丁度咲いていた。
s-IMG_4762.jpg

この蓮池は全て白い花である。
s-IMG_4761.jpg

食用に植えたのかもしれないが、収穫した事がある様子はない。
s-IMG_4768.jpg
tag :

霧ヶ峰高原の花

2019-08-03
霧ヶ峰高原の花と言えば、この時季はニッコウキスゲである。
s-IMG_4715.jpg

今年は少し遅れていた様で、ピークは過ぎたもののまだ綺麗だった。
s-IMG_4742.jpg

富士見台はあまり咲いていなかったが、ここ車山肩では沢山咲いていた。
s-IMG_4720.jpg

他にはヒヨドリ草。
s-IMG_4737.jpg

フウロソウ草等多くの種類の花が咲いていた。
s-IMG_4739.jpg
tag :

土手に咲く河原撫子

2019-08-01
畑の土手にカワラナデシコが刈られずに咲いていた。
s-IMG_4676.jpg

ワレモコウ、ユウスゲそれからアヤメも咲く土手である。
s-IMG_4663.jpg

殆ど刈り取られてしまうが、この株だけ残っていた。
s-IMG_4639.jpg
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>