FC2ブログ

今年初めての御射鹿池

2020-05-31
新緑にグラデ―ションがあるうち撮りたいので、そろそろかと思い出掛けて見た。
s-IMG_4814.jpg

まだ少し早く、カメラマンも少なかった。
s-IMG_4821_20200530172323805.jpg

風も少なく狙いは良かったが、やはり霧など少し変化が欲しいところだ。
s-IMG_4828_2020053017232541d.jpg

tag :

夕景

2020-05-30
日本ミツバチの分蜂群の取り込みで遅くなった日の夕景。
s-IMG_4564_20200525145141b87.jpg

遅くなる事が分かっていたので、カメラを持って出て正解であった。
s-IMG_4556_202005251451392e7.jpg

大分陽が傾いたが、まだ帰って来る蜂が居て待たされた。
s-IMG_4579.jpg
tag :

桜草

2020-05-29
庭のあちこちで咲き始めたサクラソウ。
s-IMG_4679.jpg

白もあったが今年は咲きそうになく、この薄いピンクも少なくなった。
s-IMG_4680.jpg

ジエビネも一つ咲いただけである。
s-IMG_4678.jpg
tag :

花筏

2020-05-28
ハナイカダの雄花。
s-IMG_1936.jpg

こちらは葉の中央に一個だけ付ける雌花。
s-IMG_1940_20200525145138191.jpg

花を好きになったのは母親譲りだろうが、このハナイカダの存在も大きい。
s-IMG_1934.jpg
tag :

風車

2020-05-27
我が家では山野草扱いのカザグルマ。
s-IMG_4675.jpg

実家ではたくさんの花を付けていたが、我が家では毎年10個程である。
s-IMG_4672_20200525145145310.jpg

嬉しい事に子が2個の花を付けた。
s-IMG_4670.jpg
tag :

バラが咲いた

2020-05-26
お隣りの壁があるお蔭で暖かく、バラが咲き始めた。
s-IMG_4683.jpg

他の場所はまだ蕾も硬いので、効果はてきめんである。
s-IMG_4685_2020052514515743c.jpg

このバラは四季咲きなので、今から秋まで頑張ってもらう。
s-IMG_4684.jpg
tag :

青もみじ

2020-05-25
散歩コースにある長円寺に立ち寄ると、芽吹いたばかりの一行寺楓が綺麗だった。
s-IMG_4415_20200520182607951.jpg

前日の雨が上がり、この時季としては珍しく霧が立ち込め、和尚さんの朝のお務めを引き立てていた。
s-IMG_4418_20200520182608be6.jpg

真っ赤に染まる一行寺楓は人気だが、この時季に訪れる方は居ないのでゆっくり撮影できた。
s-IMG_4483.jpg
tag :

アヤメとアイリス

2020-05-24
ジャーマンアイリスでもハナショウブでもない、少し色が変わったアヤメ。
s-IMG_4668.jpg

ハナショウブの様にも見える。
s-IMG_4667.jpg

生育場所もアヤメと同じかわいた場所。
s-IMG_4666.jpg

知人から貰ったジャーマンアイリス。
s-IMG_4664.jpg

7種14本、豪華だ。
s-IMG_4663_20200522213114243.jpg
tag :

大手毬・小手毬・八重の小手毬

2020-05-23
オオデマリ、英名はジャパニーズ・スノーボール。
s-IMG_4613.jpg

コデマリ、バラ科シモツケ属、なる程シモツケに似ている。
s-IMG_4614.jpg

八重のコデマリ、一昨年知人から細い枝を貰ったが、多くの花を付ける様になった。
s-IMG_4608.jpg

三種類を同じ場所に植えてある。
s-IMG_4605.jpg

昨年は害虫が付いてあまり綺麗ではなかったオオデマリだが、今年は見事に咲き揃った。
s-IMG_4606.jpg
tag :

藤の花

2020-05-22
フジの花が綺麗だ。
s-IMG_4624.jpg

今年は例年より多くの花が付いた。
s-IMG_4620.jpg

風が吹いていて撮り辛い、だったら揺らして撮ろうと条件を変えて。
s-IMG_4648.jpg
tag :

ホウチャクソウとうずのしゅげ

2020-05-21
昨年植えたホウチャクソウが咲いて、子も増えている。
s-IMG_4587_20200518224006c43.jpg

衝動買いをしたが、環境が合って増えてくれそうなので一安心だ。
s-IMG_4586.jpg

オキナグサが”うずのしゅげ”として宮沢賢治の童話に書かれている。
s-IMG_4601.jpg

この綿毛を翁の髭として表現したのだろう。
s-IMG_4598_202005182240125e1.jpg
tag :

牡丹の出揃い

2020-05-20
一番遅く咲いた牡丹、薄いピンクと八重の牡丹色。
s-IMG_4583_202005182240039a5.jpg

島錦と赤色はもう散り始めている。
s-IMG_4582.jpg

いずれ菖蒲か杜若、立てば芍薬座れば牡丹、日本人に親しまれる花である。
s-IMG_4581_20200518224001523.jpg
tag :

ツルハナガタとカナダオダマキ

2020-05-19
ロックガーデンにツルハナガタが咲いている。
s-IMG_4589.jpg

もう何年も咲いてるが、少しずつ花が少なくなっている。
s-IMG_4588.jpg

カナダオダマキも増えないが、ロックガーデンでは仕方ないのかもしれない。
s-IMG_4590.jpg
tag :

イベリスと口紅水仙

2020-05-18
山野草を中心に和風の花が多い庭だが、このイベリスは昨年植えた。
s-IMG_4364.jpg

純白で花の期間も長く、庭が少し華やかになった。
s-IMG_4363.jpg

遅く咲くクチベニスイセン。
s-IMG_4376.jpg

クチベニスイセンの白も綺麗で、赤い口紅を引き立てている。
s-IMG_4375.jpg
tag :

牡丹が咲きだした

2020-05-17
家には7種類のボタンがあるが、このボタンが一番豪華である。
s-IMG_4351.jpg

これもピンクの八重だが、一般的な八重である。
s-IMG_4354.jpg

昔からの牡丹色、株が小さく、まだ一輪しか咲かない。
s-IMG_4325_2020051507423795c.jpg

真っ赤だったが、移植したら少しピンクになった様に思える。
s-IMG_4369.jpg

新しい芽が出ないので移植して養生中の島錦、願っている咲き分けの花が咲いた。
s-IMG_4357.jpg

tag :

熊谷草と雪餅草

2020-05-16
アズマシャクナゲの下で、クマガイソウが一輪だけ咲いた。
s-IMG_4337.jpg

この三株は、昨年移植したので今年は咲きそうにない。
s-IMG_4377_202005150742527e3.jpg

マムシグサに良く似たユキモチソウも、クマガイソウの傍で咲いている。
s-IMG_4381.jpg

何年も一輪だけだったが、今年は2本の花茎が伸び、少し小振りな花が咲いた。
s-IMG_4380_20200515074254ff2.jpg
tag :

アヤメ属3種

2020-05-14
丈夫なシャガは復活してたくさん咲く様になった。
s-IMG_4362.jpg

昨年知人から頂いた草丈が15cm位のアヤメの仲間、ヒメシャガではないが名前が分からない。
s-IMG_4360_20200513174349771.jpg

アヤメも大分咲く様になったが、花の丈が揃わず豪華な感じにはならない。
s-IMG_4355.jpg

少し揃った所を逆光で撮って見た。
s-IMG_4365.jpg
tag :

青もみじ

2020-05-12
雨が降り急に暖かくなって、モミジの葉も大分綺麗になった。
s-IMG_4331.jpg

モミジは威張らせろと、庭師に言われているが、どうしても切らざるを得ない。
s-IMG_4334_20200510142620c33.jpg

太い枝を切り、細い枝を残すようにしながら自然な樹形を目指している。
s-IMG_4327.jpg

これは赤い芽吹きを楽しむチシオモミジ、グラデーションになる紅葉も好きである。
s-IMG_4335.jpg
tag :

踊り子草

2020-05-10
踊り子に見えますか?
s-IMG_1908_20200508135122aa9.jpg

借りている畑の土手に咲くオドリコソウ、一度撮ってみたかった。
s-IMG_4229.jpg

昼間は明るすぎて姿が良く分からない。
s-IMG_4224.jpg
tag :

碇草3種

2020-05-08
色合いと形が良く、この花が一番好きである。
s-IMG_4212.jpg

こちらも園芸種だろうか、少し大きく色も鮮やかである。
s-IMG_4219.jpg

新潟地方に自生する白花のイカリソウ、清楚な感じが良い。
s-IMG_4220_2020050318554208e.jpg
tag :

黄花片栗

2020-05-06
キバナカタクリの花が多く付いた。
s-IMG_4203.jpg

3年程前に知人から頂いたが、この場所は良さそうである。
s-IMG_4201.jpg

朝陽を受けて咲く姿は清々しい。
s-IMG_4208_20200503185538ad4.jpg
tag :

山芍薬の開花

2020-05-04
山野草の女王、ヤマシャクヤクが二輪咲いた。
s-IMG_4176.jpg

移植して2年目、この場所で増えて欲しいものである。
s-IMG_4181.jpg

花は3日ほどで散ってしまうので、逃さない様に撮った。
s-IMG_4191.jpg
tag :

芝桜

2020-05-03
シバザクラは花の持ちも良く、グランドカバーには最適である。
s-IMG_4157.jpg

昨年植えた青系も無事花を咲かせた。
s-IMG_4155.jpg

一番綺麗なピンク系。
s-IMG_4154_20200428185839d3d.jpg
tag :

吾妻石楠花

2020-05-02
今年のアズマシャクナゲの花付きは悪い。
s-IMG_4171_20200428185855932.jpg

数える程の花の数で、他の木も少ない。
s-IMG_4170_202004281858534aa.jpg

肥料が少ないためか、隔年で花の付きが違う。
s-IMG_4169.jpg
tag :

丹頂草

2020-05-01
緊急事態宣言下、写真撮影も控えて専ら庭の花を撮っている。
s-IMG_4168_20200428185850c33.jpg

桜の時季が過ぎたが、緑が濃くなるまで待っても収束するかどうか心配である。
s-IMG_4167.jpg

タンチョウソウは日影でも元気に育っている。
s-IMG_4166.jpg
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>