冬芽の観察

2014-01-13
 この時季の庭は殺風景だが、それでも冬芽は着々と準備を始めている。

 ミツバツツジの花芽は多いので期待できる。  アズマシャクナゲの花芽は今年も少なく少し寂しい。
冬芽3

 アセビもこの一部は元気だが全体的には元気がない。    ミツマタの花芽も昨年に引き続き少ない。
冬芽2

 サンシュユの花芽は数多く多くの花が咲きそうである。    クロモジの花芽は小さく丸くて可愛い。

冬芽1
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :
コメント:
amocsさん   おはようございます。

木によって花芽(冬芽)の形や花に対しての大きさが違いますね。
ミツマタの花芽が一番好きですが、最近は少ししか付かないので
少し心配しています。

凍り餅は我々もあまり食べないですね。
美味しいお菓子が簡単に手に入る様になり時代の趨勢ですね。

[2014/01/14 07:48] | イートカーヤ #- | [edit]
こうして並べてみると、形や色が様々で面白いですね。
アズマシャクナゲは、仏様の乗った蓮台の彫り物のように見えますし
クロモジはスズメの頭のようでかわいいですね。

↓ 凍り餅って知りませんでした。
凍み豆腐や氷こんにゃくは知っていますが。
[2014/01/13 22:35] | amocs #99DFA69w | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/1138-fd4b6105

<< topページへこのページの先頭へ >>