糸萱の様子

2014-01-15
 越冬している日本ミツバチの様子を見に出掛けたところ、どんど焼きがまだ残っていた。
 これは広見地区の物で、定住している別荘族は何軒かあるが子供達は余り見掛けない。
広見のどんど焼き

帰りがけに見た金山地区のどんど焼きは、大きく立派である。
孫を連れたお婆ちゃんが説明しているが、孫は聞いていない。
金山のどんど焼き

 熊対策でドラム缶を被せたこの巣は、この寒いのに蜂達が出て来ていた。
 夏の日差しさえ気を付ければ、このドラム缶方式は意外に冬も良さそうだ。
畑の蜜蜂
 
 小屋の中に置いてあるこの巣も、かじり取った蜜栓を持ち出してあるので順調だろう。
 巣を叩くと様子を見に蜂が外に出てくるが、この寒さでは可愛そうなのでやめておこう。
小屋の蜜蜂

蜂は見るのも嫌な人が居るので、ブログの記事にあまりしない。
お口直しに、糸萱で見た空に面白い雲が出ていたので撮ってみた。
上層にある薄い雲と重なっているが、私にはこの形は翼の様に見える。

糸萱の空
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :
コメント:
azさん  こんばんは

私は毛の無い、色が鮮やかな幼虫系が苦手ですね。
蜂は刺すから怖いと、殆どの人が苦手の様ですね。
飼っている蜂でも刺さしますが、それでも可愛いですね。

一寸見上げた空に翼が見えて、なんか嬉しくなり撮ってみました。
短い時間でしたが、だんだん崩れてゆく様子をじっと観ていました。

[2014/01/15 20:00] | イートカーヤ #- | [edit]
Verdyさん  こんばんは

この辺りは連休に殆どが行われたようですが
上の方は14日に行った様ですね。

ドラム缶方式はオリジナルですが
夏は気を付けなければいけませんが
冬はこの辺りに合う方法かもしれません。

実際には短い時間でしたが
結構はっきりしていて綺麗でした。

[2014/01/15 19:50] | イートカーヤ #- | [edit]
イートカーヤさん
暫くご無沙汰していました。

私は虫を見るのは嫌なことがないんですが(ヘビ以外)
先日、テレビで192㎝でガタイの立派な人が
虫嫌いで、虫を虫嫌いを克服したいという内容で放送されていました。

アメフトか、プロレスラーのような人が
小さな虫を嫌っていることがとてもかわいく思えました。

雲の様子
私も羽のように見えました。不思議な写真ですね。
[2014/01/15 17:18] | az #EBUSheBA | [edit]
糸萱は小型ですが、カラフルでいいですね。
金山はかなりでかそうですね。場所もまわりになにもなく、思う存分できますね。

15日ころに点火するんでしょうね。守りたい伝統です。

ミツバチにドラム缶とは想像できない組み合わせで、なかなかのアイデァマンですねえ。

この青空と雲は、私には、現実的に羽毛布団の羽毛にみえますが・・・・
夢がないですね。。。
[2014/01/15 15:46] | Verdy #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/1140-7119abfb

<< topページへこのページの先頭へ >>