奥蓼科の雪景色 その1

2014-01-22
昨日の夜も雪が降ったが、乾いた雪で雪掻きは楽だった。
満足できる雪景色が撮れていないので、またも出掛けた。

今回は奥蓼科に出掛けたが、一番奥にある渋御殿の湯までは初めてである。
川には湯が沸きだしているが流石に寒く、川の中の石にも雪が積もっている。
渋御殿の湯

渋御殿の湯の上にある堰堤から撮ったが、カラマツの木にが霧氷が付いていて綺麗だ。
渋御殿の湯

常に水が流れている河原があるので、毎日霧氷が出来ていると思う。
渋御殿の湯2

帰りがけに見た神社は、お参りする人が居るのか石段の雪が掻いてあった

渋御殿の湯
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :
コメント:
Verdyさん  こんばんは

渋御殿の湯までは路線バスが走っているので
除雪が出来ていて行き易いですが
山道ですので慣れていないと大変です。

[2014/01/22 18:14] | イートカーヤ #- | [edit]
これは又、霧ヶ峰とは大きく変わって、本格的な信州の雪景色ですね。
生活するには大変でしょうが、こうして眺めるのはいいですねえ。
寒さも大寒を過ぎて、日もながくなってくると、遅い春が待っていると思うと、雪かきも苦痛も減りますね。
日本は四季があって本当にありがたいことです。
[2014/01/22 09:26] | Verdy #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/1146-5cd9cf5d

<< topページへこのページの先頭へ >>