日本ミツバチの巣の移動

2014-04-05
 分蜂群を確実に取込む為、取り込み易い場所に移動する事がある。
 今回も2個を移動したが、この巣は近くの知人の別邸の庭に置いた。
巣の移動1

 こちらは、昨年と同様に親戚の庭に置かせてもらった巣である。
 この時季は逃去する事もないだろうが、慎重に作業を行った。

巣の移動2
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :
コメント:
Verdyさん   こんにちは

本宅の庭の方も良く手入れされていて綺麗ですよ。
勿論錦鯉もいるし、アツモリソウもあります。

山に置く待ち箱は2段で、入った巣は3段にして
巣の大きさを見ながら段を増やします。
重箱式と言う飼育箱で、蜂蜜採取時は一番上の段を
切り取ります。上の方では子育てしないので蜂蜜だけ
が一杯詰まっている訳です。

日本ミツバチの飼育は難しく、その為色々な飼育方法が
あり、どれが正解とか言えない状況です。
また、何年も飼育していても分からない事ばかりですので
飼育していない人は分からなくて当然です。
トホホと嘆くことはないでしょう。

分峰した時は必ず近くの木に、一万匹くらいの蜂が
一旦集まり蜂球を作ります。それを用意した巣に
取込む為、監視し易く、止まる木がある場所です。
これさえも上手く誘導できない為、キンリョウヘンと言う
シンビジュームにた蘭を用意する人も居ます。

興味がある様でしたら、ネットで調べてみてください。


[2014/04/05 17:50] | イートカーヤ #- | [edit]
話がそれて恐縮ですが、1枚目のお宅の庭も立派そうですね。

4枚目をみると4枚重ねですね、2枚目も、それが標準なんですか??

どうゆう地形を選んで移動先にするんでしょうか?全く分かりません。(トホホホ)
[2014/04/05 09:19] | Verdy #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/1214-cd03e5fb

<< topページへこのページの先頭へ >>