FC2ブログ

清流

2014-04-11
渓流釣りに出掛ける時は、カメラは重いので持って行く事はほとんどなかった。
しかし、綺麗な風景を時々見ているので、今回初めて撮影も兼ねて出掛けた。
清流4

この大きな淵には多くのイワナが居るだろうが釣れたためしがない。
釣れない時は周りも良く見え、気が付けば右上に氷柱が出来ている。
清流3

もう少し早い時期に来ればもっと綺麗な氷柱が撮れる筈だ。
清流2

この場所でも数匹釣れたが、こんな綺麗な場所で釣れる信州の自然に感謝だ。

清流1
ブログランキングに参加しましたので、1日1回クリックして応援してください。
励みになる ”拍手ボタン” も復活させましたので、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
tag :
コメント:
月子さん  おはようございます

狙って撮った写真ではないのですが
気軽にこの様な写真が撮れる信州の
自然に感謝しなければいけないですね。

渓流釣りには滅多に行きませんが
(丁度良いこれからは蜜蜂で忙しいので)
風景を撮るため今年は何度か足を運びたいと
考えています。

風景写真としては一枚目の方が良いと思います。
今回は春の日が当たった綺麗な苔を強調したく
三枚目の構図を何枚も撮りました。

次回は、一枚目の写真の構図で、願わくば霧が
掛かっている写真を撮りたいですね。

こちらも大分暖かくなり、毎日庭仕事です。
その為、早寝早起き、心身ともに元気です。

[2014/04/12 06:27] | イートカーヤ #- | [edit]
こんばんは!

うーん、素敵な写真ですねぇ。
みなさんのコメントを見るに、やっぱりこういう風に
水の流れを撮るというのは難しいらしい…と分かり
さすが、と思いました。

清流が本当に清々しく冷たそうで綺麗です。
岩に付いた苔も綺麗ですね。
私は1枚目が一番好きです^^
[2014/04/11 21:59] | 月子 #- | [edit]
Verdyさん  こんばんは

三脚は持たず、レンズは望遠のみでの撮影でしたが
何とか撮れました。夏はもう少し工夫したいと
思っています。技術的にはそれ程ではありませんが
この場所を知っているのは、価値があると思います。

大きな堰堤や淵があり、全て釣られてしまう事は無い場所です。
年に2~3回、一回に数匹を釣るだけで
乱獲はしていませんので、ご心配なく。
[2014/04/11 18:47] | イートカーヤ #- | [edit]
はい、もう素晴らしい、プロの渓流写真ですね。

渓流の躍動感が迫力満点に伝わってきます!

眺めていると流れに引き込まれそうです。

これで魚があんなに捕れたとは、欲張りすぎですよ、ルール違反ですね。。。。
[2014/04/11 15:53] | Verdy #- | [edit]
azさん   こんにちは

私も、先輩からの手解きで、昨年から撮れる様になりました。
露光時間を0.5秒以上にすれば、水が流れたようになります。
暗い場所ではカメラの設定だけでもOKですが、明るい時は
PLフィルタを用います。この時、三脚を使うか、脇を締めて
撮らないとブレてしまいます。

最後の写真は清涼感たっぷりなので、夏にまた行って撮りたいと
今から考えています。その時は三脚を持って行きます。
[2014/04/11 15:52] | イートカーヤ #- | [edit]
nokoさん  こんばんは

渓流釣りは、釣れなくてもこの様な景色が観れますし
山野草も時々目に留まります。また、今回はキセキレイ
ミソサザイ、カワガラス、猛禽類の一種が観れました。

さらに、山菜もお土産になる事もあり、釣れなくても
行った価値はあります。そして釣れればもう最高です。
今回は少し釣り過ぎましたが、いつもは数匹で引き揚げます。

夏にまた行って綺麗な渓流の写真を撮ってくる予定です。

[2014/04/11 15:46] | イートカーヤ #- | [edit]
なんと~素晴らしい渓流写真

「岩魚」が何匹も連れそうなんていっちゃダメ
そんな写真です

水の流れのすごく迫力がすごく伝わってきます
さすがにイートカーヤさんですねぇ~
私もazさんと同じ感動を受けました
ねぇ~azさん
[2014/04/11 14:36] | noko #- | [edit]
イートカーヤさんは

私の憧れている写真を難なく撮っちゃいますね。
私は、渓流をこのように白く撮るのが(いいかたがわからずごめんなさい)夢なんですが
さすがです。

これから、このような写真が涼しげでいいですね。
観光写真でも時々見入ってしまうんですよ。
[2014/04/11 10:23] | az #EBUSheBA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/1229-55d46376

<< topページへこのページの先頭へ >>