FC2ブログ

アヤメとギンロウバイ

2011-06-13
日本ミツバチ分蜂群の取り込みも終盤になってきた。今日は今後期待が薄い上田方面の待ち受け箱を、2個とも引き上げた。巣を抱えて土手を下りる時に足元を見たら、自然薯らしきものがあり蔓の巻き方を見て確信し、掘って見たところイモが付いていた。自然薯の苗が手に入らず苗を採る計画はしていたが、思いがけず何本も採れたので早速畑に植えた。2~3年後には収穫できるようになると思う。
ハナショウブや今流行りのジャーマンアイリスは人気が高く種類も多いが、アヤメの種類はそれ程ではないと思う。白はチャボアヤメとか三寸アヤメと言われ珍しくはないが、紫のこのアヤメは珍しいと言われたがそれが私には分らない。
アヤメ2種

白はギンロウバイで黄色がキンロウバイであるが、キンロウバイは良く見かけるがギンロウバイは珍しい。
キンロウバイとギンロウバイ
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/131-626bc854

<< topページへこのページの先頭へ >>