木工品の仕上げ

2017-03-30
仕掛かっていた木工品がここで完成し、この冬の制作は終わりとなった。
木工品1

二つはクルミで仕上げたが、少し落ち着いた色になり手触りもすべすべしている。
木工品2

残りの3個は水性のラッカーを塗って扱い易くした。
木工品3
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。

にほんブログ村
tag :
コメント:
よっちんさん   こんばんは

ご訪問そしてコメントありがとうございます。
文才が無いので恥ずかしい内容となっていますが
備忘録と決め込んで続けています。
拙いブログですが、また見に来てください。
さて、桑の木を使って木工を始められるとのこと
ですので、簡単に説明させて頂きます
まず、桑は調度品を作るのに最適な材料と言われて
いますが、作ってみて実感しました。
やや硬いので仕上げが綺麗、杢目も綺麗です。また
粘りがあるので薄く仕上げる事も出来ます。
問い合わせの件ですが、生の内の方が製材し易いので
早目に製材してください。その際、制作する物の厚さ
より少し厚めに製材してください。必ず反るので
その分を厚くする訳です。製材してからは井桁に
組むなどして風通しの良い日影で1年以上乾燥する
のが一般的です。


[2017/04/10 21:42] | イートカーヤ #- | [edit]
はじめまして。
自宅周辺に、放置の桑の木がたくさんあり、日々伐採に奮闘しています。
薪の材料にしていましたが、ちょっと木工に興味があり、ネット検索して
たどり着きました。
もともと、自作するのが好きな性分なのでイートカーヤさんの記事には
非常に興味が沸きました。
桑の加工は乾燥させてから行った方が良いのでしょうか?
これからも楽しみに拝見させて頂きます!!
[2017/04/10 07:48] | よっちん #- | [edit]
nokoさん    こんにちは

作っている物は簡単な物だけですので
お褒め頂くほどではないですが
仕上げは綺麗と褒められます。
段々形になって、それから徐々に綺麗になって
作っている時は楽しいですよ。
この辺りは雪が消えましたが
糸萱地区はまだ土手に残っていて
お目当てのふきのとうは採れませんでした。
[2017/03/30 17:56] | イートカーヤ #- | [edit]
おはようございます

「好きこそものの上手なれ」
それを超える腕前に感心するばかりです
楽しい時間だったことでしょう。。

↓それにしてもまだ雪が・・・
春の雪ってところですね~
今日の京都は最高19度だって・・・
今日だけらしいんですけど、びっくりです。。
[2017/03/30 09:50] | noko #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/2142-4e4a06fb

<< topページへこのページの先頭へ >>