蜜蝋作り

2017-04-05
蜂蜜を絞った後の巣が大分溜ったので、暖かい日を狙って蜜蝋作りを行った。
巣を煮て蜜蝋を溶かして巣屑を取り除いた後は、再度蜜蝋を溶かして濾す。
煮詰めて残った水分を飛ばした後、木綿の布を通して細かなゴミを取る。
蜜蝋作り2

その後ヤカンを用いて、浮かべた卵のケースやイチゴのケースに流し込んで固める。
蜜蝋作り3

溶けている時は濃い黄色だが、冷えて固まると鮮やかな黄色になる。
蜜蝋作り1
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。

にほんブログ村
tag :
コメント:
azさん  こんばんは

可愛いミツバチ、大事なミツバチから蜂蜜を頂きますが
巣も無駄にしてはいけないので、蜜蝋を取ります。
家でも蜜蝋クリームを使った事がありますし、木工品に
塗る事もあります。また、販売もしています。
日本ミツバチを飼っている人は、飼育するミツバチの
巣に使用します。あまり取れないので貴重です。
出来立ては鮮やかな黄色で、陽に当たると脱色されて
白くなってしまいますが、再度溶かすと黄色に戻ります。


[2017/04/05 21:23] | イートカーヤ #- | [edit]
イートカーヤさん

蜜蝋ってよく聞くんですが
一体何に使うのかはっきり分かったいなかったので
いまグルって見ました。
便利ですね。 何でも教えてくれるからねッ。
わかりました。
ほ~~と感心してもう一度イートーカーヤさんの蜜蝋眺めています。
[2017/04/05 19:05] | az #EBUSheBA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/2148-bbce8403

<< topページへこのページの先頭へ >>