初秋の八島湿原の花達  その2

2017-09-11
マツムシソウもまだ咲いて、八島湿原の木道を歩いていても結構見る事が出来る。
マツムシソウ

ユウガギクが咲き始め、秋へと移り変わっていた。
ユウガギク

ノアザミはもう終盤だが、小さな個体が木道沿いにひっそり咲いていた。
ノアザミ

葉や茎がザラザラしているのでこの名があるが、同じ種類のママコノシリヌグイも変な名を付けたものだ。
アキノウナギヅカミ

あまり見掛けなかったがベンケイソウが綺麗だった。
ベンケイソウ

ヤマトラノオもあまり見掛けなかったが、綺麗な青が目立っていた。
ヤマトラノオ

ウドの花は地味なので誰も撮らないだろうが、熟しかけているこの色合いが面白い。
ウド1
ブログランキングに参加していますので、1日1回クリックして応援してください。

にほんブログ村
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/2308-f278da95

<< topページへこのページの先頭へ >>