FC2ブログ

木工細工のまとめー1

2012-03-01
今シーズンに行った木工細工のまとめを、今日と明日のブログに整理をしてみた。今シーズンと言っているのは、木工細工は冬場の仕事と考えてるからである。そもそも何故木工細工を行う様になったかと言うと、偶然桑の大木に巡り合ったことから始まる。家の近くのMさんが土手の桑の木を切り薪にしようとしていたが、太い所は切れずに手を焼いていたので、切れ端を欲しいと交渉した結果、踏み台になる所をMさんが使い、残りを頂ける事になった。製材費をこちらで持ったのでMさんからは感謝され、こちらも貴重な桑の材料が手に入った。
木工細工1

一番下の厚い板がMさんが使う物である。          記念すべきノミによる木工細工の一刀目の加工である。
木工細工2

また、桑には思い出があった。母親の嫁入り道具に桑で作った茶箪笥があり、その色とデザインが子供ながらに気に入っていた。その為、桑の木が調度品に使われる事を知っていたので、桑の木が目に止まった訳である。まず作りたかったのは、大きい桑の木を最大限生かす事が出来て好きな花を飾れる飾り台である。
飾り台

木工細工の楽しみは物がだんだん形になっていく事と、自分の技量がそのまま反映されるところと思っているが、何と言っても貴重な桑の木が手に入った事が大きかった。また、試作で作ったお盆が意外に上手く出来、出鼻を挫けられる事もなかった。桑の木は木目も綺麗で変化があり、どんな製品になるか想像しながら取り組む事が出来たので、十分物作りの楽しみを味わえた。
お盆・リモコントレー・鉛筆立て・花台


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/399-91e76126

<< topページへこのページの先頭へ >>