FC2ブログ

桑の木の製材

2012-03-16
クラフト市へ木工品を出品している方と話す機会があり ”材料をどの様に調達するか”の話題になった。私はラッキーな事に偶然貴重な桑の木が手に入ったが、皆さん苦労している様子で参考になった。そこで、労せずして手に入った事に感謝しなければと、貰った木で作った菓子鉢と、前回と同じく日本ミツバチの蜂蜜を持ってお礼に行ったところ、菓子鉢の作り方に花が咲き、蜂蜜も美味しかったとの事で大層喜んで頂けた。
頃合いを見て、以前より長い物があればと持ちかけたところ、もうじき薪にしてしまうので欲しいなら持って行って良いと言ってくれた。もう良い木が残っていなかったが、山積みの桑の木の中から掘り返し、以前より長い物などを選んで数本を持ち帰った。早速製材したところ、割れている所も少しはあるがほぼ使える材料であった。
桑の木の製材1

長い物は曲がっているが、かえって杢目が綺麗で楽しみである。
この長い板は、電話を載せる飾り棚の天板と中段の板にする予定だ。
切ってから2~3年経っている木なので、来冬の作業に間に合いそうだ。
桑の木の製材2
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/421-9df417ad

<< topページへこのページの先頭へ >>