FC2ブログ

エンジュとナツハゼ

2012-05-20
エンジュはこの新芽の銀色を楽しむので、この時季に登場して貰った。
我が家では鬼門の位置に三本植えてあり、その下で茸の栽培を行っている。
リンクを張ったエンジュの資料によると
 ”周の時代(2000年位前)の宮廷の庭には3本のエンジュが植えられていて
 朝廷の最高位にある三公はそれに向かって座ったという。
 また、学問と権威のシンボルとされ、最高の官位は「位(かいい)」と称された”
と書かれている。
北京で枝垂れエンジュを見た事があるが、やはり珍重されている様子だった。
日本では床柱に使われるが、家の木が床柱になるには後何十年も掛かる。
エンジュ

庭木にする人は少ないナツハゼである。
新芽の時季にハゼの紅葉の様な色なので、この名前が付いた。
紅葉も結構綺麗だが、やはりこのナツハゼはこの時季に登場して貰うしかない。
夏ハゼ

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/499-7c0d29cf

<< topページへこのページの先頭へ >>