蔓梅もどき

2012-10-24
知人に欲しいと言われ、はたと気が付いたが、ツルウメモドキの季節になった。
それではと、何時も採る場所へ見に行ったところ、丁度良いタイミングであった。

蔓は柔らかく曲げやすいので、この様に丸くしビニール袋に入れて置く。
ビニール袋に入れてある間は暫くは実が弾けず、持ち運びが容易である。
ビニール袋から出し飾り付ければ、翌朝には殻が弾けて赤い実が見える。
蔓梅もどき1

玄関には、真っ直ぐなトクサと彩りにコンギクも一緒に飾ってみた。
蔓梅もどき3

まだ赤い実が見えず彩りが悪かったが、弾けたので撮り直してみた。
雪が降ればヒヨドリが食べに来て、春になる頃には丸裸になってしまう。
蔓梅もどき4

生け花にする場合は、水を入れない状態で一昼夜置けば写真の様に実が弾ける。
蔓梅もどき1

その後、生花を生ければ弾けた実の黄色と赤のコントラストを楽しむ事が出来る。
知人から頂いたリンドウの紫が、黄色と赤のツルウメモドキと良く合っている。
生け方は自己流なのでどうなのか分からないが、素材の姿と色を活かした。

蔓梅もどき2
tag :
コメント:
先日まで暑いと言っていましたが急に寒くなりましたね。
急な変化で畑仕事が間に合うか心配になります。
早速食用ホウズキはもう諦め全て収穫し冬菜を蒔く準備をしました。

このツルウメモドキはこの時期の生け花に良く使われます。
蔓の曲線と色合いが良いのでしょうが触ると殻が落ちるので
少し気を遣わなければいけません。

籠に蔓を巻き付けた物はもう数年使っています。
生け花に使っているのは少し変わった形の陶器の花器です。
[2012/10/24 12:50] | イートカーヤ #- | [edit]
今日は登場選手が多いですねえ。
まさに技能五輪並みですね。
正直リンドウ以外は知りません。
各種植物は勿論ですが、竹とツルの籠、木製?の皿もいいですねえ。

今日は、我が家は、シャラの剪定をしました。
結構伸びていたので、少し大目にカットしました。
今朝は冷えましたねえ、八ヶ岳もかなり雪が降りましたね。
日中は暖かくなってきて、ありがたいです。
[2012/10/24 11:48] | Verdy #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/669-6360f393

<< topページへこのページの先頭へ >>