FC2ブログ

秋の七草  その1

2013-08-01
春の七草は食用になるが、秋の七草には薬効があるとされる。
我が家の庭には、葛以外の六種類の秋の七草を植えてある。

一回目は、桔梗、女郎花、そして撫子である。
二回目の尾花、藤袴、萩は全て斑入りである。

キキョウは実生でも良く増え、通路脇に咲いて一寸した風情を醸し出している。
桔梗1

 鮮やかな青色の花も良いがこの蕾の形も可愛い。
桔梗2

次々に咲き、しかも花も長持ちするので夏の花として親しまれる。
桔梗

何故女郎花と書くかは諸説あるようだが、綺麗な花を表していても当て字が良くない。
女郎花

今年のオミナエシは良く咲いたが、アップの写真はなかなか綺麗に撮れず、これが精一杯である。
女郎花3

カワラナデシコは毎年咲くが、株が大きならずいつもひっそり咲いている。
撫子1

しかし、この鮮やかな色は、他の花の影になっていても存在感がある。
撫子2


tag :
コメント:
派手な花も良いですが、昔ながらの花が好きです。
見慣れているせいか、それとも控えめなところか。
これはカワラナデシコですが、色も形も好きです。
[2013/08/01 21:58] | イートカーヤ #- | [edit]
今日は庶民的なシリーズでしたね。
我が家のキキョウも今盛りです。
アップでみると実物よりいいですねえ。(写真の技ですね)
女郎花のアップもいいですよ。ちょっと幻想的で・・・
ナデシコはそうですね、地味ですね。
女子サッカーは有名で華やかになりましたが・・・
でも露に濡れた花のアップはいいですねえ。。。
[2013/08/01 14:57] | Verdy #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/950-9542d580

<< topページへこのページの先頭へ >>