FC2ブログ

ポインセチアの様子

2013-08-25
ポインセチアも何とか暑い夏を乗り切ってくれそうだ。
ポインセチア1

メキシコ原産で暑さには強い筈だが、雨が降らないのでほぼ毎日の水やりである。
十年以上となるこの木は、近くの温泉施設に飾って貰うので無事赤くなって欲しい。
ポインセチア2

三種類あるが、これは普通の赤の新芽である。
ポインセチア5

こちらは白い葉になる種類で、やはりそれらしく白っぽい。
ポインセチア4

こちらはピンクになる種類で、既に葉の色が変わっている。
ポインセチア3

tag :
コメント:
az さん  こんばんは

最初は上手くいきませんでしたが、色々工夫しながら
何とか育つようになりました。
より正確に人に教える為にネットで調べたところ
掴んだ要点がそのまま記載されていて
がっかりだったり一安心だったりでした。

鉢植えの植物を冬に枯らしてしまうのは
水を与え過ぎる事が多い様に思います。
まずは冬の水やりを控えるのがコツかもしれませんね。

[2013/08/25 22:09] | イートカーヤ #- | [edit]
イートカーヤさん

何度も「ぽ・い・ん・せ・ち・あ」って確認しました。
何度も買ったことありますが
クリスマス、正月を迎えると枯れていくのが普通だと思っていたのが
こんなになるんですね。

植物はやはり愛情ですね。
ビックリしています。
[2013/08/25 20:57] | az #EBUSheBA | [edit]
こすずめさん   こんにちは

> これ、10年ものなんですか?
   …最初は試行錯誤の連続でしたが、何とか形になりましたし赤くもなります

> 植物とのお付き合いがお上手ですね。
   …興味半分で長持ちさせているだけですが、蘭に花芽が付くと嬉しいですね
 
> 私も、何とか大きくしたいとお守したつもりですが結局3年位で駄目にしました。
> 鉢ごと埋める・・・今度はそれで試してみます。
   …根を傷めると白い汁が出るので移植に弱いかもしれません
[2013/08/25 16:04] | イートカーヤ #- | [edit]
Verdy さん  こんにちは

> 1枚目の長い部分と下の部分で1本の木なんですよね??
   …奥の木の様に見えるのが10年以上育てている物です
    その手前に小さな二鉢が植わっています


> 更に、赤・白・ピンクの3種の新芽がそのままの色になるんですか??
   …赤は一番ポピュラーな物で、白やピンクも良く有るタイプです

> これはそれぞれ1本づつor1本でパーツで構成されている???
   …それぞれの色の株です
    一本の木に色々な色のポインセチアを作ろうと挑戦中です
[2013/08/25 15:56] | イートカーヤ #- | [edit]
これ、10年ものなんですか?
植物とのお付き合いがお上手ですね。

私も、何とか大きくしたいとお守したつもりですが結局3年位で駄目にしました。
鉢ごと埋める・・・今度はそれで試してみます。
[2013/08/25 13:16] | こすずめ #CqptDIYc | [edit]
すいません質問です、この木が理解できませんが、1枚目の長い部分と下の部分で1本の木なんですよね??
更に、赤・白・ピンクの3種の新芽がそのままの色になるんですか??
これはそれぞれ1本づつor1本でパーツで構成されている???
[2013/08/25 11:38] | Verdy #- | [edit]
こんにちは  コメント頂きありがとうございます。

鉢植えにしてそのまま土中に伏せてあります。理由は
・水やりが楽な手を抜いた管理方法です
・植え替える時に根を傷めると白い汁が出て木を弱らせる様に思うからです
・寒さに弱く絶対に霜に当てられないのですぐ取り込めるようにしています

この夏は少雨でしたが、雨水タンクの水でほぼ間に合いました。
ポインセチアを育て始めて十年以上になりますが、最初は失敗続きでした。
この辺りはポインセチアにとって寒すぎ、冬場の管理が大変ですが
温泉施設に飾って貰う事で、むしろ少し楽になっています。

[2013/08/25 10:34] | イートカーヤ #- | [edit]
昨日に続く雨ですから水やりは休めますね。でも先日の諏訪湖花火大会のようなゲリラ豪雨は勘弁です。
ところでポインセチアが温泉施設で飾られていた写真を以前拝見しましたが、その都度、庭から鉢に移し替えられるのでしょうか?
[2013/08/25 09:24] | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://itokaya.blog.fc2.com/tb.php/987-32d9f7f9

<< topページへこのページの先頭へ >>